« 9月分の日時打診メールを、すべて送信しました。 | トップページ | パステルシャインアート講座で、「夏」を描く。 »

2009.08.10

新しい商業ビル、Luz自由が丘がオープン。

R001201402_3

先月7月17日、自由が丘に新しい商業ビルがオープンしました。Luz自由が丘。ラズって読むそうです。

「光り輝く(Luminous)」「都会的なたたずまい(Urban)」「最もポテンシャルの高い(Zenith)」の頭文字を組み合わせたのだとか。

ぬおおおっ! すごい。ここは本当に自由が丘なのか!! 自由が丘って都会なのかなあ・・・。私の勝手なイメージでは、都会からちょっと離れたおしゃれな住宅地って感じ。

まあ実際のLuzは、そんなにギラギラしてはいなくて、今までの自由が丘に融合するような良い雰囲気を持つ場所でした。ホッ。

駅正面口を出て、和菓子の蜂の家の角を右に進んで、次の四つ角の先の左側。前にアンナミラーズがあったところの手前ですね。

R001200901

昔ながらのおもかげを残す商店街を歩いていくと、ババーンと8階建てのモザイクビルが現れる。8階建ては自由が丘では目立つほうですねー。エントランスは反対側の道まで吹き抜けてる。どちら側からも出入り自由。

2階までが服飾・雑貨類のショップで、その上はレストランやサロンになっている。


R001200104


2階の通路はちょっとしたバルコニーのようになっていて、いい雰囲気。風が吹き抜ける。

R001200206

エレベーターホールもモザイクタイルを使用していて、とてもおしゃれですぅ〜。

R001199901

Afternoon Tea LIVINGやmarimekkoなどのファッション、雑貨屋さんは、それぞれにディスプレイに工夫を施していて、見ているだけでも楽しい。Afternoon Tea LIVINGはけっこう広くて見応えがあった。

R001200405

雑貨だけじゃなくて、お姉さんぽいファッションのお店もいくつかありました。

R001200601

1階のエントランス横、一番目立つ場所にあるショップ。イスラエル発のコスメブランド「SABON」 死海の塩を使ったボディケア用品を売っています。

店内中央に、井戸のような手洗い場があり、ここで商品を試すことができる。フルーツの香りのボディスクラブを試してみました。すご〜く高級感があっていい香り。お肌もツルツルになった。

R001203009

「SABON」でフットクリームを買いました。顔に塗りたいぐらい良いにほひ。色はミント系ですが、香りは花と海と樹のまざったような雄大な香り。今までにないような、ナチュラルで清潔感のあるトーンです。セレブ系のエステサロンで使用されそうな感じ。私のツボにハマった!

R001202208

ラッピングも美しい。こんなギフトをいただいたら嬉しいですよね。

この日はこれぐらいで見学終了。今度はレストランにも行ってみたいです。

スペアリブの「シャッターズ」の支店もここにできたんですね! 駅のほうのお店よりワジョルームに近くて便利かも〜。お肉食べたい!

|

« 9月分の日時打診メールを、すべて送信しました。 | トップページ | パステルシャインアート講座で、「夏」を描く。 »

コメント

うわぁ~~自由が丘もどんどん 近代ビルふえますね。でもお店の雰囲気は自由が丘らしさが残ってて なんかしっくり感じるような
フットクリームのパケ愛らしいですねぇ~

あぁ しばらく自由が丘散策してない
行きたいなぁ~~

投稿: 年齢不詳 | 2009.08.12 18:02

オープンしてすぐ行ってきました〜☆
シャッターズは本店も行ったことがないので是非リブを食べに行ってみたいです♪
SABONは激混みでゆっくり見れなかったのでリベンジします!!
地元にショッピングビルが出来るというのは楽しいですねヾ(^▽^)ノ

投稿: nanako | 2009.08.13 03:40

年齢不詳さん
自由が丘は昔ながらの景色も自然に残しながら
新しいものも寛大に受け入れる器があって
面白い町ですよね〜。
ぜひまた遊びにいらしてください!

nanakoさん
そうだったんですか!
オープン時はSABONが激込みだったんですねー。
今はもうどの店舗も落ち着いている感じでしたよ。
シャッターズは先日、ダウンタウンDXで渡辺徹さんが
大好物といって紹介なさってましたね。
ますます人気が出ちゃうかも。

投稿: ワジョリーナ | 2009.08.15 04:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 9月分の日時打診メールを、すべて送信しました。 | トップページ | パステルシャインアート講座で、「夏」を描く。 »