« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009.08.31

明日の火曜日は、10月分の予約受け付け開始日です♪

R001249302

明日、9月1日火曜日の正午12時より、10月分の手相カウンセリングのご予約申し込みを受け付け開始いたします。

今回の枠数は、平常通りです。たくさんご用意してお待ちしています。

ご予約はカウンセリング窓口のページから、予約フォームを開き、必要事項をお書きの上、送信なさってくださいね。

予約フォームは、時間になったら私が手動で開きます。手動なので多少時間が前後するかもしれませんが、お許しくださいませ。

パソコンからお申し込みの方は「パソコン用フォーム」へ。携帯電話からお申し込みの方は「モバイル用フォーム」へお進みください。

予約受付開始時間が来るまでは、パソコン用フォームしか見えなくなっていますが、時間になると「パソコン用フォーム」「モバイル用フォーム」の二つのリンクが現れます。

フォームに入る前に「予約しますか? Yes/No」という表示だけのページがあります。ご予約なさる方は、「Yes」を押してください。

「Yes」を押してフォームが「受付中」の状態のページに進むことができましたら、定員にお入りいただけたことになります。その後はゆっくり時間をかけて記入しても、定員の枠内から漏れることはありませんのでご安心ください。

フォームからお申し込みになった内容に訂正事項がある場合は、フォームから再度送り直さずに、メールで訂正事項をお送りください。

お申し込みが混み合いました際、エラーが出ることがあります。その場合も、フォームから繰り返し送り直さずメールでお送りください。

ワジョルームでは、お客様名簿の管理をご氏名で行っております。結婚等で姓が変更になりましたら、旧姓もお書き添えくださいますと助かります。

こちらに届く一覧表のまとめの都合上、「Yes」を押してから20分以内にお書きくださいますようお願い申し上げます。

「Yes」を押しても次のページに「定員に達しました」と書かれていた場合は、定員オーバーで受付を終了しています。

携帯アドレスでお申し込みの方は、パソコンからのメールや、ヤフーメールからのメールが着信拒否になっていないかどうか再度お確かめくださいませ。メールのやりとりができない場合は、残念ながらご予約を承ることができなくなってしまいます。ご注意くださいますようお願い申し上げます。

勝手ながらキャンセル待ちリストは現在お作りしておりません。ご予約は毎月、月初めの予約フォームのみで承っております。今の私の時間的余裕と事務処理能力では、キャンセル待ちリストを作って回転させる余力がないものと判断した上で、そのようにさせていただいています。何卒ご理解いただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

そして毎度のお知らせですが、ワジョルームでは、私の手作りのパワーストーンブレスレットを引き続き販売しております。今は在庫が豊富です♪

それでは、皆さまのご予約を心よりお待ちしております! どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

| | コメント (0)

2009.08.30

営業再開! 自由が丘 鮨 波づき。

仕事の帰りに一人で、鮨 波づきさんに寄ってお寿司をいただいてきました。

波づきさんは、お2階の店舗からの水漏れが原因で、8月の頭から休業を余儀なくされておりました。8月27日から、いよいよ営業再開!! この日を待ってました〜!

営業再開記念として、8月31日までは電話予約をしてから行くとサービスがあるというので、店の真ん前から電話をして「今から行きます」と言って入店(笑) それでもちゃんとサービスしてくれましたよ♪ ディナー10%オフ、ランチはソフトドリンク一杯サービスだったと思います。

久しぶりにお会いした店長・佐藤さん。お変わりなくて一安心。いつも通り、素晴らしい笑顔です。カメラを向けたら、にぎりを置くポーズをしてくれました(笑)

R001269715

今日はつまみはいただかずに、いきなりにぎりから。おなかが空いちゃってて!!

R001264801

最初にお願いしたのは、しんこ。夏の一時期しか食べられないネタですねー。塩・酢を効かせすぎず、しんこの繊細な味を堪能させてくれました。美味しい〜〜。上品な良いお味。

R001265102

たまめ鯛。珍しいお魚だそうです。真鯛の味が成熟した大人の味とすれば、たまめ鯛は脂身がブンブン乗って若さいっぱい!という印象。歯ごたえもズズンとしており、勢いの良さを感じます。

R001265203

明石のマコカレイ。塩とスダチでいただいた。うっま〜〜〜い。歯ごたえシュコシュコ。さっきまで泳いでいましたというぐらい抜群の鮮度。

R001265614

秋刀魚。サッと炙って醤油をひとたらし、唐辛子をパラっと乗せてます。尋常ではない脂の乗り。ムッチムチ。

R001265908

塩竈のマグロ。わあ、美味しいいいい。味に深みがあって、熟成された旨みを感じる。醤油しかつけてないのに、計算されつくした一品の料理ぐらいの味わいの豊かさを感じた。

R001266505

カツオ。芽ネギが下に隠れてる。食べはじめはシャッキリとした清冽な味。だんだん脂が舌に溶けてきて、カツオならではのトルクのある味わいをきっちり楽しませてくれる。

R001266711

本日のスペシャル。カツオの血合い軍艦。入荷したてのカツオを卸した瞬間にしかできないお寿司なんだそうです。血合いの部分をスプーンでかきだして、ネギのみじん切りと鶉の卵を添えて食べる。参りました〜〜〜〜〜!! うますぎ。血合い特有の生臭さは全くなく、赤身の部分の味が濃くなったような感じ。

R001267316

ネギトロ巻。はわわわわ。うまいー。あまりにも美味しくて、親に食べさせたいと思いました。脂身の加減がちょうど良くて、ベストオブベストなバランス。最高!

R001267609

イクラ軍艦。生のイクラからお店で仕込んでいるそうです。生バージョンはいつもあるわけではなくて、今の時期ならではのものだとか。調味料を極限まで控え、気品のある爽やかな味に。よくあるいくらとは別次元。

R001267804

ヤリイカ。こちらは塩とスダチで。私は寿司ネタの中でイカは特に好きなほうではないのだけど、波づきさんのイカはいつもとても美味しいと思う。今日のヤリイカも、歯ざわり、味わいともに申し分なかったです。

R001268212

九州から産直で届いたアワビ。めっちゃ大きい〜〜〜!!! 「おーっと、さばく前に写真撮らせてください!!」とお願いしたら、隣の席のステキな紳士が「大きさがわかるように携帯を置いたほうがいいよ♪」とアドバイスしてくださった。どうですか〜。わかりますか、この大きさ!

R001268506

「へそ(付け根)のところと身のところとどちらがいいですか?」と佐藤さんに聞かれた。へそは柔らかめで、身のほうがコリコリ。へそのほうを切ってもらいました。ひとつのアワビから3枚ぐらいしか取れない貴重な部分なんですって。食感が良くて、噛む快楽に歓喜しました!

R001268907

もうそろそろおなかいっぱい。最初から厨房にあって気になっていた、卵焼きを頼む。ごはんなしでお願いしたら、ワジョリーナスペシャルで大きめに切ってくれた。わ〜い♪ 瑞々しさあふれる卵焼き。箸で持った感じはきちっとしてるのだけど、噛むとジュワーッと出汁がしみてくる。すごく美味しい。

R001269013

「最後にもう一個だけ何か」と言って、お薦めいただいたのが、シマアジ。鼻腔に抜ける香りが素晴らしい。なんともいえない、良い香りがしますねー。樹のような、炭のような、潮のような・・・? 脂の乗ってる大トロの部分をにぎってくれました。サイコー!!

もう食べられないぐらいおなかいっぱい。そういえばデザートも頼むの忘れた。それぐらい満足度マックス。

一人で行っても気が楽で、ゆったりと時間を過ごせました。店長の佐藤さんも気さくに話してくれるし、客層もいいんですよね。だからいつも安心して行けます。

今日はアワビやらネギトロ巻やら中トロやら、贅沢なものをいっぱい頼んでしまったので、確実に諭吉は行くなーと思ってたんですが、全然もっと安かったです。波づきさんのランチに2回行けるぐらいおつりが来ました♪

営業再開記念特価なんでしょうか!? ハイクオリティなのにいつもリーズナブルですよね。かなり仕入れ段階で努力なさっているようです。ちょっぴり裏話をお聞きしました。ひたすら感謝。たいへんごちそうさまでした。

| | コメント (7)

2009.08.29

THE TOWER RESTAURANT YOKOHAMAのローストビーフ。

R001257101

横浜マリンタワーの見学ツアー、ラストはTHE TOWER RESTAURANT YOKOHAMAへ。

エレベーターを4階で降りると、いきなり照明が控えめ。大人のムード満点。「あれ? お店やってない?」と一瞬思ってしまった。ちゃんとやってましたー!

ディナーにはだいぶ早めの時間(6時過ぎ)だったため、最初は私とまーたんだけの貸し切り。7時半を過ぎる頃にはほぼ満席に。カップルが多いですね〜。次に多いのは、熟年のご夫婦を含めた家族連れ。私たちみたいな女性同士は多少いるものの、比較的少なかった。

R001258626

タワーならではの設計を、あえて意識的に出すような内装。柱が斜めになっていたり、客席が曲線的だったり。普通のレストランとは違っていて印象的。心に残りやすいのではないでしょうか。

R001257618

テラス席もあり。広々していて良い雰囲気。海風に当たりながらのお食事なんて素敵。でも角度的に海は見えないのかも。(未確認)

R001258219

まーたんと乾杯♪ ノンアルコールカクテルのミモザです。きれいな色。まーたんは素晴らしいデザイナーさんで、私の15年来?ぐらいの長い友だち。トークが面白くて、お部屋や持ち物や料理のセンスが抜群で尊敬しています!

R001259028

ローストビーフの食べられる、4800円のコースをオーダーしました。アミューズに続いて「産直野菜とフレッシュハーブサラダ スペイン産オリーブオイルの香り」が届いた。けっこうビネガーが利いてる。お皿が深くて意外に大量。食べきれなかった。左右にちょこんと置かれている黒大根が、たくあんっぽい味で美味しい。

R001259620

スープは「こだわり南瓜のポタージュ オレンジとシナモンの香り」。オレンジとシナモンの香りはごく薄く、南瓜のふっくら感が存分に味わえた。

R001259429

あたたかいパンに冷たいバターをスッと乗せて食べる。たったそれだけで幸せ。

R001259721

じゃじゃーん!! 来ました。ローストビーフ。

R001260004

シェフが目の前で切り分けてくれる。私が写真を撮っていたら、はにかんだ笑顔を見せてくれた。ナイスガイですね。うふ。

R001260322

「ローストビーフ 特製グレービーソース ブリティッシュカット(100g)」でございます。

ニューヨークカット(200g)にするか、マリンタワーハウスカット(100g×2peace)にするか迷ったのだけど、ブリティッシュカットを食べ終わったあとの追加もOKとのことなので、とりあえず100gいただいた。

思ったよりボリュームがあって「肉食べた!」という満足感が得られ、結果的におかわりはしないで済んだ♪ 赤身と脂身の差がしっかりあり、赤身は赤身なりに、脂身は脂身なりに味を主張している。柔らかくて溶けちゃう系とは別ジャンルですね。これはこれで美味しい。

R001260905

まーたんが頼んだ「ショコラムース グランマニエ風味」。本当は4800円のコースだとアイスクリームなんだけど、追加料金を支払って替えてもらった。まーたんが味見させてくれた。上質感あふれる大人の味。リキュールとチョコの味がバチッと決まってる。

R001260823

私の頼んだ「プリン・ア・ラ・モード」。これはクラシカルな味。器も昭和っぽいですね。私が子どもの頃に食べたような、卵の味が濃くてガチッと硬めに固められたプリン。最近こういうプリン、なかなかないですね。たまに食べると妙に美味しく感じる。まわりに添えられたメロンや生クリームも妥協なく美味だった。

R001261324

食後の紅茶を飲みながら、おしゃべりタイム!! まーたんといると話が尽きない。まわりの客席は7時半過ぎにほぼ満席になり、8時半過ぎに多くの人が帰り始めて、9時半過ぎには私とまーたんのほぼ貸し切り状態に再び戻った(笑) 

いや〜、長居しちゃった。適度に放っておいてくれる接客が居心地よくて、客席内の空気の流れもいいし、ずっといても全く苦痛じゃない。えーと結局3時間以上いたのでしょうか。はははは。

お店は23時までやってるみたいです。コース料理を予約して、ぐるなびクーポンを持っていくと、展望台チケットをプレゼントしてもらえるみたい。私は家に帰ってからこのクーポンに気がついた! 惜しい!

R001261430

外へ出たらもう真っ暗。マリンタワーが紫色に輝いていました。ずっと見ているとだんだん色がボワーンと変わっていく。昔の赤×青のマリンタワーとは別人のようだ。おしゃれさんだわ。素敵。また会いに行きます。まーたんとマリンタワーに。

| | コメント (4)

2009.08.28

It's New!! 横浜マリンタワー。

R001249509

リニューアルオープンした、横浜マリンタワーに行ってきました。

ずうっと工事してましたよねー。マリンタワーがよく見える、まーたんの家からいつも見ていました。昔ここは、世界の鳥と戯れることができるバードランドや、古今東西の有名人に会える蝋人形館、延々とロープの結び方を学べる船舶記念館などがあったかと記憶しています。コテコテの昭和の世界。

それが今や、ラグジュアリーな雰囲気漂うデートスポットに大変身! バードランドや蝋人形館は消え去り、モダンな結婚式場やカフェ、バー、レストランなどの連なるオシャレ空間にリニューアルしておりました。

1階から4階までがレストランとショップで、29階と30階が展望台。5階から28階はいずこへ? タワーの胴体の部分がその部分になってるみたいです。以前は階段でも上れたけど、今は階段に入ってはいけないらしい。まあ入れたって私は階段で上がる自信はないですが(笑)

R001250003

外壁はモザイクになっている。白からグレーのモノトーン。外回りは芝生が敷き詰められていて、公園ぽい雰囲気。敷地の内外にはっきりした境界線がなくて、開放的。

R001250410

山下公園側に、カフェ&レストラン「THE BUND」がある。芝生に面したテラスが気持ち良さそう。車道からも比較的離れているし、ここなら快適かな。

R001252412_2

「THE BUND」を内側から見たところ。1~2階の吹き抜けになっていて良い雰囲気。ゆとりのある設計ですね。

R001252613

「THE BUND」の正面に、燈台のライトがありました。近くで見るとすごく大きいですね!

R001253114

展望台に上ってみることにしました。シースルーのエレベーターに乗り、30階へ。

R001254615_2

おーっ、天気が良くてきれいですうう!! 氷川丸、かっこいいす。山下公園、人あんまりいないですね。平日だから?

R001255431

展望台も、人影まばらでした。リニューアルオープンから少し経って落ち着いてきたんでしょうか。360度ぐるりと周囲を見渡せて素晴らしい。

R001255007

こちらはベイブリッジ方面。高速道路の車の流れが、ジオラマを見ているみたいで楽しい。

R001255908

29階の床に、真下を覗けるガラスがあった。

R001256017

おそるおそる覗いてみると、いつも通っている交差点が見えた。ヒィィーーーッ!! ゾゾゾゾゾゾ。ゾクッとした~~~。これ以上近づけない(笑)

R001255716_2

ゆっくり景色を眺めていたら、日が沈んできた。夕陽をこんなにバッチリ見るのは久しぶり。きれいだなあ。

このあと、4階のレストランでローストビーフを食べました。その話はまた次回♪

| | コメント (4)

2009.08.27

友だちの手料理。

R001251611

友だちのまーたんが、鉄鍋餃子を作ってくれました。

すごーーーい。こんなに上手にできるなんて! きれいに羽がついてて、皮がパリパリで、中はニンニクたっぷりジューシー肉肉ムッチムチでした。

ありがとう〜、まーたん。ごちそうさま。80個作って冷凍してあるって言ってたから、また続きを食べに行くね(笑)

愛情のこもった手料理って、何よりも心を癒してくれますよね。私も以前は、元気のない友だちがいたら料理の材料を持って行き、勝手に台所を借りて作ったりしてました。今は時間があまりなくて、そういう暴挙に出ることもなくなりましたが・・・。

思えば私が人生最大の落ち込み期を送っていた頃、何よりも心の支えになってくれたのが友だちの手料理でした。

私の気配を感じ取って、「よかったらごはんを食べにおいで」と、ほとんど毎週末お家に誘ってくれた北村貴ちゃん。彼女の手料理がなかったら、私は今ここにいなかったかもしれません。心から感謝しています。

私は外食も大好きだけど、家庭の手料理の良さも大切にしていきたいと思っています。日曜日だけは、家族のために料理を作っています。どんなに失敗しても、きれいに食べてくれる家族から、私もパワーをもらっていると感じます。

うちの母は以前、私の料理は「まずい」と言ってほとんど箸をつけなかったのですが、入院を境に何か心境に推移があったのでしょうか。最近は「家で作ってもらうとどうしてこんなに美味しいんだろう。また同じの作ってね」とまで言ってくれるようになりました。劇的な変化!

同じものを同じレシピで作っても、料理は一期一会ですね。心の通い合う手料理を囲む機会を、意識して増やしたいように思います。

| | コメント (5)

2009.08.25

焼肉 虎の穴 中目黒店。ハラミ、シビレ、上ロース。

R001232309

納涼焼肉大会!! 焼肉好きの女性7名が集まり、焼肉 虎の穴 中目黒店にて開催されました〜っ。

幹事は私。仕事の忙しい仲間が7人も集まってくれて良かったぁ。

なぜか声をかけた男性たちが全員欠席で、今回は女性だけになった。15年ぐらい前から肉をよく食べに行く仲間たちなのだ。実はしばらく連絡先不明になっていた人が約1名いて(笑)、その人との再会を祝す宴となった。

参加者は、みみさま、COOちゃん、パトちん、すみちゃん、えみちゃん、ダヨリン、そして私。って書いても身内にしかわからない話を一応メモメモ。

虎の穴なら恵比寿店によく行く私。恵比寿店が社員研修でお休みだったので、中目黒店に行ってみた。2階の個室に案内してもらえてラッキー♪ お店の外観がカフェみたいにオシャレで、まさか焼肉屋さんと思わずに通り過ぎてしまった人もいましたっ!!(Dヨリン)

R001231404

まずはレバ刺し(1050円)。生臭さ全くなく、けれども味わいは濃く、レバ刺しとして満点なレバ刺し。

R001230708

焼き物のトップはやっぱりタン塩!(上タン塩1890円) あーっ、このタン塩うまいですーー。ほどよい厚みがあって、片面焼きぐらいでグワッと食べると肉汁ジョワジョワで素敵ですううう。

R001232115

虎の穴の名物はハラミ。(上塩ハラミ1785円) 一切れ1050円の特上ハラミも美味しいですが、みんなでワイワイ食べるなら上ハラミぐらいがいいかなーと。上ハラミで十分に、とても美味しいです! うまみがたっぷりで、ごはんが食べたくなる!!

R001233911


ナムル盛り合わせ。(630円) 定番のもやし、小松菜、にんじんの他に、じゃがいもとキャベツのナムルが入ってるところが面白い。味つけ濃いめで美味しい。胡麻油自体の味がいい。韓国に旅行に行ったとき食べたナムルの味に似てた。

R001232410

上ロース。(1890円) これ美味っっしい~~。今日のナンバーワンはこれだな。ロースって脂身のないイメージだけど、けっこう脂が乗ってた。サッと焼くとすぐいい色になって、すんごく柔らかい。きっと生でも美味しかっただろうなー。

R001234216

続いてはホルモンのコーナー。塩ホルモン。(1050円) こちらは大腸の部分ですね。脂の部分がポワポワで厚みがあって美味。

R001234312

こちらはコプチャン。(840円) 小腸の部分。独特の甘みと風味があっていいですね。味つけも濃すぎず、バランスが良かった。

R001236614

お酒の飲める方は、マッコリを飲んでいた。私は一滴も飲まないんで、味はわかりませ~ん。飲みやすくて美味しいって、みんな言ってました。

R001234613

シビレ。(945円) 本日のナンバーツーはこれ! 仔牛の胸腺。非常に稀少な部位です。仔牛からしか取れなくて、仔牛にも必ずしもあるわけではないんだそうです。こまめにひっくり返しながら焼くと、外はカリッと香ばしく、中はムチムチにジューシーになる。高級食材の貫禄を感じた。感動の味。

R001237418

締めは石焼きビビンバ(1365円)を2個オーダーして、みんなでシェア。私、ここの石焼きビビンバがとても好きなの。他の店では頼まないんだけど、ここのだったら頼みたい。味加減が濃すぎなくて好きなんですよね~。とてもバランスがいいと思います。

R001237819

石焼きビビンバ、まぜまぜしてお皿に乗っけたところ。ぐひーっ。自分で写真見てヨダレ出ちゃいそう。美味しかったなぁ・・・。

R001237501

なぜかコムタンクッパ(1260円)を一人で注文してる人がいます!!⇒私だよっ!! いや~、石焼きビビンバも好きだけど、やっぱりコムタンが好きなんだよなああ。虎の穴のコムタンは、牛の背骨を3日間煮込んだスープなんだそうです。すっごいコクがあるぅ~。美味しい~~!! 牛テールのお肉も柔らかくて最高。ここのコムタンかなりハイレベルだと思います。

写真の容量の都合で、以上でご紹介を終了とさせていただきますが、が、まだまだ他にもいっぱい頼んじゃってたのよ~ん。豆苗サラダ、ユッケ、虎の穴サラダ、カルビ、白菜キムチ、テール、スジ煮込み、チヂミ、デザートのゆずシャーベット。それぐらいかな?

お会計は、一人7千円弱。コースを頼むより安かったかも~。

やー、よく食べました。個室で思う存分おしゃべりできたし、肉は美味しかったし、本当に楽しいディナーでした。みんなどうもありがとう♪

| | コメント (7)

2009.08.24

自由が丘、古桑庵の氷抹茶白玉。

R001243201

まだ暑い夏の日。自由が丘でショッピングをして汗だくのへとへとになった。仕事場に戻るまであと少し・・・でももう暑くて歩けないよーーーっ!

R001246009

ふと目に入ったのが、「氷」の文字の小さなのぼり。ぬおお、ここは自由が丘名物の古桑庵ではないか。前の道は何百回も通っているけれど、まだ一度も入ったことがない。

R001246508

じゃ、とりあえず氷でも。

中に入ると、手入れの行き届いた和風庭園の奥に、どう見ても普通の日本の民家という玄関がある。左手を見ると、縁側の奥の座敷で小さな座卓を囲んでたくさんの人がお茶してる。

R001245605

不思議な光景だわ~。一般人のお家によその人が大勢押しかけて勝手に座ってるように見える。だって、お店らしい要素がほとんどなくて、民家がそっくりそのまま使われているんだもの。ここまで手を入れてないと、貴重な文化遺産ですわね。

R001244907

古銭のようなデザインの敷石を踏んで奥まで進み、玄関をガラガラッと開くと、現代ではちょっとないぐらい段差の大きい上がり框。昔はここに腰掛けたりするから高い位置にあったらしい。

無駄なんじゃないかと思うぐらい広い玄関の間。そうそう、昔のお家ってこんな感じだった。なんだか懐かしいなあ。子どものとき遊びに行った、近所の親戚の家に似ている。うちの祖父母の実家がこういう雰囲気だった。

廊下が目立たない場所にあって、座敷がいくつも連なっている造り。縁側があって、雨戸があって、畳がいつもひんやりしていた。

R001244202

玄関を入って右手にある、6畳ほどの座敷に案内された。フォォォー、エアコンが効いていて涼しいよーー。

R001244506

飾り箪笥の上に「ねずみの嫁入り」の布人形が飾られていた。古桑庵のオーナーで人形作家の渡辺芙久子さんの作品なのかなあ。

R001244810

木を敷き詰めた天井、梁に飾られた幅広の絵画、額縁を支える紫色の小さな座布団。こういうのを目にするのも久しぶりだ。

氷抹茶白玉(700円)をオーダー。玄関左横の厨房から、ガリンガリンという氷を削る音が聞こえた。私のかき氷だわ♪ 

温かいほうじ茶が添えられ、お盆に乗って届いた。スプーンは赤い漆塗りだ。かわいい。

R001244304

氷の山の一番底に、粒あんが薄く敷かれていた。シロップやや少なめで、さっぱりタイプの味。全部がシロップの甘さじゃなくて、白い氷だけのところも食べられる。こういう食べ方もいいですね。

半分ぐらい食べても白玉が出てこなかった。もしや白玉と言うのを忘れたか・・・。お店の人にお願いして「すみません、白玉入りが食べたかったんですけど言い間違えたかも。白玉を追加することはできないでしょうか?」と、かなり無理な注文をした。

黙って氷宇治金時を食べればいいのに私ったら。どうしても白玉が食べたかったのよねーーー。

そしたら器を一度厨房に持っていって、白玉と氷を追加して返してくれた。ひゃ-、ご親切にすみません。すべすべの白玉がいっぱい入っていて、とても美味しかった。

クーラーと氷のおかげで、汗もだいぶ引いた。会計を済ませてお庭に出て、外界へ一歩出たら、昭和の世界から21世紀に戻った。ふおおお、まさにタイムトリップ感覚を体感的に味わえる瞬間です。

R001245303

正真正銘、本物の和カフェですねー。私ぐらいの年齢の人なら、座っているだけで子どもの頃の気持ちに自然と戻れるかもしれません。一種のインナーチャイルドヒーリング!? なんつって。なぜか心の奥まで温かくなるような、そんなお店です。

| | コメント (4)

2009.08.23

Luz自由が丘で、SHUTTERSのスペアリブ。

R001242703

新しい商業ビル、Luz自由が丘の中にできた、SHUTTERS(シャッターズ)に行って、一人で食事をしてきました。

その日、午後3時過ぎぐらいの変な時間におなかを空かせていて、どこで食事をするか迷っていた。Luzならやってるかな〜?と思って行ったら正解。シャッターズが11:30〜23:00の通し営業でやっていて助かった。

ちなみにイデーカフェに行ってみようと思ったら、いつの間にか閉店していた。

シャッターズはこの前、「ダウンタウンDX」で渡辺徹さんが紹介してたんで、ますます人気が出ちゃったかも?

徹さんが「口づけするように食べられるスペアリブ」って言ってた。優しくキスをするように唇をくっつければ、お肉が骨から離れてスルスルスルッと食べられるからだって。うまいこと言いますねー。

徹さんがフォークを使わずに手づかみでシャッターズのスペアリブを食べる姿を見て、「わー、やってみたい!!」と思ってしまった。いつもはフォークでお上品にいただくんですけどね。オホホホ。

R001242002

時間的に中途半端だったせいか、席にはいくつか余裕があった。いつも自由が丘駅のほうの無印良品がある通りのシャッターズに行くと、ディナータイムは並んでいることが多い。

こちらのお店はどうかと思い、店員さんに「夜は並んでいますか?」と聞いたら、「並ぶことはあまりありませんが、常に満席です」と言っていた。テラス席もあって、本店より少し席数が多いのかも。

タテに細長く、天井が高く、開放感のある店内。席の間隔は広くはないが、タテに整列してる感じなので横並びにギチギチなよりも座りやすい。レストランというよりカフェのような雰囲気。

早い時間に行けば、ランチもあるらしい。私が行った時間はレギュラーメニューのみで、スペアリブが1500円ぐらい、トーストが6枚で600円ぐらい、コーラが450円ぐらい。正確に覚えてなくてごめんなさい!

R001241504_2

窓際の席に座り、空を眺めながらスペアリブを待つ。最初にコーラとトーストが届いた。トーストは、ガーリックバター、明太子バター、明太子マヨネーズ、ほたてマヨネーズなどの種類がある。私は半分を味なしにのトーストに、半分をほたてマヨネーズにしてもらった。

R001241805

ほたてマヨ。けっこう濃い味。アツアツでマヨネーズの焦げ加減が絶妙。スペアリブが来る前にほたてマヨだけ先に食べてしまった。

ほたてマヨを食べ終わる頃、スペアリブが運ばれてきた。今日は定番のしょうゆ味にしたんだ〜♪ 前に他の味も試してみたけど、やっぱりこれが一番かな。お醤油ソースがしみていてとてもジューシー。

R001242506

お待ちかね。徹さんの真似をして手づかみでスペアリブを持った。うぉ!! 熱いっっっ!!!! ・・・とりあえず一度置いた。ふぅーー。一度深呼吸をしてもう一度。今度は根性で持った。

おーーーっ、熱ーーーい、おーーーっ、柔らかーーーーい、ピロピロピローーーン、ジューーーシーーー!!!! 

いや〜〜、うまいっす。お肉丸かじり。最高。しかもこれかなりの量よ。

お肉の柔らかさ、味つけ、量、ともに本店と遜色ない。本店よりもこちらに来ることが増えそう。Luzのほうが仕事場から近いし、席の居心地もいい。

手づかみで食べたから、手がベタベタになってしまった。お手洗いを借りたら広々していてモダンなデザインで素敵だった。これなら安心してまた手づかみで食べられるってもんよ。

また行ってみよーっと。夜遅くまでやってるのも嬉しいですね。(ラストオーダー22:00、閉店23:00)

| | コメント (3)

2009.08.22

自由が丘CASPAで、翡翠ストーンボディ120分♪

R001238407

夏バテ気味の自分をリセットするために、自由が丘の漢方ヘッドスパ&ボディケアの専門サロン、CASPA(キャスパ)に行ってきました。

こちらはもともと恵比寿に2店舗ある美容室(NuudsとBeige)がルーツ。ヘッドスパ部門が大好評で、独立したヘッドスパ専門店を新たに作る目的で、自由が丘に誕生したのだそうだ。

ワジョルームにおいでになったことのある方は、きっとここの前を通ったことがあるはず。

駅のほうから学園通りを進み、ABCマートを過ぎて、次の信号の先の割れチョコ「チュベ・ド・ショコラ」の隣。コンクリート打ちっ放しでシンメトリーの真新しいビル。そこがCASPAのあるColesso自由が丘。

デザイン性が高くて目を引く建築ですよねー。ワジョルームのベランダからよく見えるので、ビルが建てられ始めた頃から「何ができるのかなあ?」とワクワクして見守っていました。

完成後、スパができたと知り、こんなに近くにスパができてラッキー!と思ったものの、仕事が終わるのがいつも夜の9時過ぎなのでなかなか行けなかった(笑)

今日はたまたま仕事の前に時間が空き、やっと予約♪ ついに憧れのColesso自由が丘に足を踏み入れることができた。

R001238302

建物の中に一歩入ると、真っ白で立体的な空間の真上に澄んだ青空がスコーンと広がっていた。ウハ! かっこいい! まるでこの建物自体がアートみたい。オシャレな作りの階段を上がるだけで心が躍る。

2階の右側のドアに向かうと、とびきりの笑顔の女性が出迎えてくれた。この人がCASPAのマネージャーで、私の予約したコースを担当してくれるオバラさんだった。

「お部屋は3階になりますのでどうぞ♪」と案内され、上へ上がると青い空がグンと近づいてきた。まるでリゾート地に旅行に来たような気分。ここは本当に自由が丘なんだろうか?

構造的に周辺の住宅地が見えすぎず、ここだけのために特別に切り取った空間が存在するように感じられる。やっぱりこれは体験型のアートだな。

R001239901

3階の扉を開けると、真っ白なメゾネットタイプの部屋が広がっていた。本当は住居用に設計された空間を、セラピー用の個室として使用しているのだそうだ。

下世話な話だけど、家賃めちゃくちゃ高そう・・・。3人家族で住めそうなぐらい広いし、生活感を感じさせない美しいデザイン。完成度がハイレベル。なおかつ、隅から隅まで全く隙がないほどきれいに掃除されている。

私自身が掃除マニア&空間に気持ちを込めるタイプなので、どんな場所に行っても、その空間に対してオーナーがどれだけ大切にする思いを込めてメンテナンスしているかを察する感覚が多少あるかと思う。

ここは確実に、特別な気持ちを込めてメンテナンスを欠かさず、丁寧に守られてきた場所だ。この場所に身を置くだけで、守ってきた人たちの「愛」が私のたましいに届いた。そういった空間は、きっと誰にとっても居心地がいいことだろう。

ここにたどり着くことができて、なんて幸せなんだろうかと思った。まだ施術もしてもらってない段階で、確信的にそう思った。

お部屋全体に、さりげなく清潔感のある香りが漂い、BOSEのきちんとしたサウンドシステムでスパサウンドのCDが流れていた。ちょうどかかっていたのが、私の持っている大好きなCDでびっくり。かなりピンポイントで私好みなサロンだな〜。

R001239706

最初のカウンセリングは、メゾネットの上の階(4階)で行われた。真っ白な階段を上がると、手前にベッドタイプの施術台、中央にカウンセリング用のテーブルセット、奥にヘッドスパ用と思われる椅子タイプの施術台が置かれていた。

R001240201

左奥に大きなガラスのドアがあり、コンクリート打ちっ放しのバルコニーが広がっている。ここから入る光がとても大きくて、部屋全体が明るい気に満ちていた。

R001239005

バルコニーはバーベキュー大会ができるぐらい広い。小さなシンクもついていて、バーベキューやる気まんまんな仕様になっている。「まだやったことないですけど」と、オバラさんが笑っていた。

オリジナルブレンドの苦くないセンブリ茶をいただきながらカウンセリング。ナツメが入っているせいか、ほんのり甘くて飲みやすい。

現在の体調や、施術の希望などを細かくお話する。キャスパで使用しているオイルは漢方の生薬が調合されており、その日の体調により「木、火、土、金、水」の五行のオイルの中から適切なものを選んでもらう。

最近特に眠りの浅い私。オバラさんが選んでくれたのは「火」のブレンド。ラベンダーの香りのオイルに、アンズ種子エキス、ドクダミエキス等の生薬を配合したオイルだ。

R001239409

エステのカウンセリングっていつも、どうしても体調の悪さや日頃の悩みをお話しすることになるから、なんとなくドヨーンとしたり、情けない気分になったりしがち。でもなぜか、オバラさんと話していると全然そんな気持ちにはならなかった。

彼女の明るさや、人としての大らかさ、強さのおかげかしら? あそこが悪いここが悪いと話していても、ポンポーンと明るい気持ちで全部受け止めてくれる底抜けの包容力を感じた。とても魅力的な女性だ。

私が予約したコースは、「翡翠ストーンボディ120分」。温めた翡翠石と冷やした黒石を交互に体に当てて、そのあとハンドで揉みほぐしてもらうオイルマッサージ。

以前、一度だけ旅先のホテルでホットストーンセラピーをしてもらったことがある。そのときに、石の力強さと、人の手のぬくもりを交互に感じられる、リズミカルな施術が心地よかったことを思い出して予約した。

「本当はフットバスのあと施術に入るのですが、今日はお暑いのでシャワーを浴びてからになさいますか?」と言ってくれた。おお、シャワーがあるんだ。ぜひぜひとお願いした。

シャワーのある施術室は3階にある。階段を下りて突き当たりのドアを開くと、またまた驚くべき美しい空間があった。

R001240301

広〜〜〜〜い! ここに住めるじゃん。こんな広い施術室、なかなかないわ。白とベージュを基調とした落ち着いたコーディネイト。上の階の明るさとはまた違った、間接照明を用いた柔らかい波長が心地よい。

奥のシャワールームでゆっくりとシャワーを浴びて、ほわっほわのバスタオルで体を拭き、ベッドにうつぶせになる。

R001240702

普通のエステのベッドより少し大きめで寝そべりやすい。しかも、かつてないほど弾力があって柔らかい。硬いベッドだと腰が痛くなることがあるのだけど、ここではそういうことがなかった。敷かれているタオルもほわっわほわで最高の感触。普通のタオルではない。

その上このベッドは電動式になっており、高さを調整したり、施術が終わったら座る姿勢まで背中を持ち上げてくれたりするのだ。すごいー。ハイテク。

うつぶせになって一息ついた頃、測ったかのように良いタイミングでオバラさんが来てくれた。

まずは脚から。ホットストーンと冷たい石が、ツルンツルンの感触で肌に当たる。痛すぎず、ちょうど良い加減でリズミカルに施術が進む。脚から腰、腰から背中、背中から肩へ。

部位によって力の加減を私好みに変えてくれている感じ。最初からずっと思ってたけど、この人はものすごく察しのいい人だ。そして察しのいいことを偉ぶらない。こういう人、大好き。

ある程度の手順は決まっているのだろうけど、お決まりの施術とは全く別次元の、「今こうしてほしい」という思いに応えてくれる人だと思った。ほとんど会話することもなく、全くのおまかせなのに。

うつぶせの次は仰向け。再び脚から上へ進む。最後のデコルテとヘッドのマッサージは、スペシャリストならではのワザを特に感じた。そうなのよ〜、キャスパはヘッドスパが看板のサロンなの。今度ぜひともヘッドスパのコースをお願いしたい!

夢のような時間を過ごし、物足りなさも全くなく終了。ああ〜〜〜、気持ちよかった!! なんだか時間の流れがゆるやかになったな〜。心まで溶けたわ。まさにリラ〜〜〜〜ックス。

漢方のオイルは体にぐんぐん吸収されてべたつかない。ほとんど拭かなくても気にならないぐらいサラッとしている。香りも自分でクンクンしたらわかるけど、いかにもエステに行きましたという匂いがプンプンするわけでもなくさりげない。

着替えを済ませて上に戻り、もう一度センブリ茶ブレンドをいただく。体に良さそうで美味しいわ。おみやげに買えるとのことなので1袋(約千円)お願いした。

R001239301

オズモールのリラクサロン予約を利用すれば、私が受けた「翡翠ストーンボディ120分」が、通常18900円のところ13650円で予約できます。

60分のプランなら、通常9450円のところ5800円なんだそうです。信じられないぐらいお値打ち。しかも初回だけでなく二回目からもこのお値段で受けられるのだそうです。通いたくなりますね〜。

良心的なお値段であること以上に、内容的な価値でこそお薦めしたいサロンです。ここはもう本当に非常にお薦め。

オズモールのリラクサロン クチコミ総合ランキングで、2009/8/22現在3位にランクイン中!(昨日は2位でした) かなり評判になっているようですね〜。予約が取れたらラッキーかも! 

ワジョルームにおいでになる前後にいかがでしょうか? ワジョルームから徒歩1分です。ただ、CASPAに先に行ってからワジョルームに来ると、ワジョルームのボロっちさが目立つのだけが心配・・・。こちとら築20年なもんで・・・(笑)

「ブログに書いていいですか?」とお聞きしたら、「ぜひぜひ! ワジョリーナさんのご紹介でしたらサービスしますよ♪」と言ってくれた。

オズモールでネット予約もできるから便利ですよねー。皆さん、行ってみてください。私もリラクゼーションのため、月に一度ぐらいは必ず行きたいと思っています。

| | コメント (0)

2009.08.17

西麻布トルナヴェント、真夏のランチ。

R001222505

お盆は私もお休みをいただいて、ランチと美術館に行きました。

ランチを食べたのは、西麻布のトルナヴェント前回の感動をもう一度!との思いで予約。

今回も、デザイナーのYさんにおつきあいいただいた。前回同様、写真撮影はNGなので外観のみです。オーダーは、3800円の定番ランチコース。

前菜は、夏らしい透明な大皿に、清涼感のある彩りの食材が並んでいた。

豚の甘酢マリネ(カルピオーネ)、ポテトサラダ、紫豆のマリネ(酸っぱくないオリーブオイル風味)、鯖のカルパッチョ(バジリコソース)、生ハムチーズトマト、ムール貝のグリル、豚肉の煮こごり。

前回と重なっている料理もあるのだけど、味つけや調理法が微妙に変えてあった。よく見たら隣のテーブルの人たちとは内容が少し違っていた。人によってバランスを見て変えているのかなあ。だとしたらすごい。

生ハムチーズトマトが重なったものは、よくある組み合わせとも言えるのだけど、ハムの薄さや塩加減、チーズの温度やトマトの量、すべてが絶妙な加減で美味を満喫できた。こういう料理で心を掴むなんて、しゃれていますよねー。

豚肉の煮こごりって、初めて食べた。全然いやなにおいがしなくて、濁りのない豚のスープを固めたような上品な味。コリコリとしていたのは軟骨でしょうか。香りと食感を楽しめて好印象。

このあと2種類の手作りフォカッチャが届いた。今日はタマネギが少し香ばしいほどに焼けている。この前より少し塩が効いていているかも。夏だからでしょうか。

R001223203

パスタは3種類の中から、からすみと青唐辛子のパスタを選んだ。麺の名前を忘れてしまったけど、3ミリぐらいの細いパスタだった。タリオリーニかな?

これがめちゃくちゃ美味しい。からすみは薄くスライスしたものを香ばしく炙ったものをパスタに絡めている。からすみの深いコクが、素朴な味のパスタにビターッと絡んで離れない。ここのパスタは、毎日シェフが気候を考えて分量を加減した手作りなのだ。その日のソースに最高に合うパスタを作っているのだから、マッチングは最高。

青唐辛子の辛さはほどほどで、からすみの風味を邪魔していない。こんなに美味しいパスタはなかなかないな〜。味つけは濃いめだけど、最後の一口まで味のバランスが整っている。食べるうちにくどくなるようなことがない。この味つけと量のバランスが超的確! あと一口少なかったら物足りないし、あと一口多かったらくどくなる。このへんが天才なんじゃないかと思う。

メインは、仔羊のフリットを選んだ。骨が1本だけついた仔羊の肉に、ゴルゴンゾーラをはさみ、衣はヘーゼルナッツを砕いたものをつけて揚げている。

フリットの衣をヘーゼルナッツにするのがイタリアのピエモンテ風であるらしい。けっこう粗めに砕いてあり、丸のまんまくっついてるのまである。そこにバルサミコのソースがひとたらしかかっている。

もうこれがもうもうもう美味しい。仔羊、柔らか〜〜〜。ゴルゴンゾーラ、溶けちゃってるし!! 臭みの全くない仔羊の肉に、ゴルゴンゾーラが合わさって、肉らしい肉の旨みを強調するようなマッチング。ヘーゼルナッツの衣は食感が楽しく、フリットというより甘みのないハードな焼き菓子のような香ばしさ。

量的にもかなり大満足なメイン。お昼からこんなに豪華で良いのでしょうか!?

R001221901

デザートは、白ワイン風味のカスタードムース。私はお酒が苦手でワインもだめなのだけど、このデザートは美味しくいただけた。きっといいワインを使ってるんだろうなあ。アルコール臭さがなくて、深みのある葡萄の香りがして、この上なく上品。甘さ控えめで、食事の余韻を消さないようなさりげなさ。

食後の紅茶をいただきながら、Yさんと「今度はあれが食べたい」などと語り合う。こういう時間て幸せですよね。

まだ二回目なのに、マダムが私たちのことを覚えていてくれた。嬉しいなぁ〜。

「本当に美味しかったです。また来月にでも来たいです!」と言ったら、「お待ちしております! お二人が会われるきっかけにもなれば嬉しいです」と答えてくれた。気の利いた言葉が自然と出てくる人だわ、マダム。ちなみにYさんは女性。深い意味はないです(笑)

最後にはシェフも厨房から出てきて見送ってくれた。私たちが「美味しい!美味しい!」と盛り上がっていたからでしょうか。もっときちんとお礼を言えば良かったわ。

このあと、竹橋の国立近代美術館に、ゴーギャン展を見に行った。いい展覧会でした! その話は書けたら書きますね〜。

| | コメント (3)

2009.08.14

ホテルオークラ レストラン横浜 サファイアで、リブステーキ食べ放題。

横浜そごうの10階にある、ホテルオークラ レストラン横浜 サファイアに行ってきました。

ホテルオークラの料理を、平日ディナーなら3500円で食べ放題という夢のよう〜なレストラン。8月限定で月曜・火曜のディナーはレディースデーで3000円です。お値打ち♪

いつもここは行列のできる人気だそうなので、予約が吉。私が行った平日も、17時30分に入店したときは多少空席があったけれど、19時30分頃にお店を出たときは行列ができていた。

そそそ、2時間食べっぱなし。よく食べたーーー。達成感(笑) 8月の肉料理は、平日ディナーが「リブステーキ食べ放題」。これに狙いを定めてガッツリいただいた。

R001219601

肉料理は月替わりで入れ替わるらしい。たしか先月ホームページを見たときは、平日ディナーがローストビーフだった。今は平日ランチがローストビーフ。

ステーキコーナーでは、常に焼きたてのアツアツを出してもらえる。厚みもあり、柔らかく、3種類から選べるソースの味も良いです。持って帰ってごはんにかけて食べたいぐらい。さすがはホテルオークラ。お肉が美味しくて3枚もいただいてしまった。うはうは。

R001219902_2

前菜のコーナーには、しっかりした味のサラダやマリネがきれいに並んでいる。軽くカレースパイスの効いたツナポテトサラダが美味しかった。

R001220204

今日のパスタはサーモンとほうれん草のクリームパスタ。スモークサーモン、お肉ときのこのソテーも添えて贅沢に。

R001220807

自分で作る、手作りサンドイッチのコーナーがあった。自分できれいに作る自信がないので躊躇していたら、一緒に行った稲村さんがチャッチャと作ってくれた。嬉しい〜。ツナとたまごのミックスサンド。

R001220606

チーズフォンデュもあった。好きな具材をお皿に置いて、上からフォンデュソースをドバーッとかけて食べる。けっこうおなかが張ってしまうので欲張りすぎないほうがいい。私は欲張りすぎた! まあ全般的にね(笑)

R001220505

カレーラーーーーイス! なんと5種類ものカレーがある。ライスだけじゃなくてナンも置いてあった。キーマカレー、グリーンカレー、ココナツトマトカレー、普通のカレー、辛口カレーの5種類。けっこう辛口なのと、甘口のと、バラエティに富んでいた。

R001221403

オークラ名物、チョコレートフォンデュ! チョコレートがざんざん流れているタワーに、串で刺したマシュマロやフルーツをくぐらせる。トロトロのチョコレートがたっぷり絡んで超ステキなことに・・・♪

R001221308

デザートのコーナーは、タルト、プリン、シフォンケーキ、ムース、チョコレートケーキ、ソルベなどが置いてあった。

横浜駅直結のデパートの中という立地も便利でいいし、雰囲気も明るくて良かったです。とにかくお肉がいっぱい食べたいときにはいいかも? ローストビーフ食べ放題のときにも行ってみたいです! クーポンを印刷して行くとドリンクが一杯無料になりますよ〜。

| | コメント (6)

2009.08.13

パステルシャインアート講座で、「夏」を描く。

こはるさんのお部屋で、パステルシャインアート講座に参加してきました。

今回のお題は「夏」。黙って座ってるだけで汗の吹き出すような暑いこの時期にぴったりのテーマ! 汗をかきかきパステルにまみれました。

R001216702

1枚目は、水平線に浮かぶ一艘のヨット。無心に描いてみると、波ひとつない穏やかな海でした。心の平安を求めているのでしょうか(笑)

R001216803

2枚目は、入道雲と太陽です。太陽がなかなか円く描けなくて苦心しました。がんばってグリングリン描いて、なんとか赤い色を元気に出せました。

R001217505

3枚目は新緑。朝露がピカッと光っている感じを描こうと思いました。コットンで黄色、黄緑、緑をトントンと重ねて、葉っぱの色にニュアンスを出してみたかったのです〜。

R001217607

4枚目は光。真っ白に輝く強い光の芯と、温かい光の輪を描きました。まぶしいけれど優しく穏やかな雰囲気をイメージしています。

R001217804

5枚目はスイカ。6枚目は水滴です。いつもの私のパステルシャインアートよりも、ちょっと説明的な絵が多かったですね今回は。頭で描いてしまった感じがします。もっとバクハツしたかったのに(笑) でもこういうのもたまにはいいかな? 暑中見舞いっぽいですね。

R001218106

こはるさんの作品。さっすが。光のイメージをくっきり鮮やかに描いていらっしゃいます。意外にすぐ真似できそうなテクニックを教えてくださいました。今度やってみます!


R001218401


こちらもこはるさんの作品。おおお、これは花火のイメージですね。うまいですねー。色の組み合わせ方が素敵です。

今回はこんな感じ。いつもよりは少し時間がかかりましたが、それでも2時間ぐらいで6枚描けました。上手に描くとかではなく、心のおもむくままに、コットンや指でトントンと色を重ねていると、無心になることができて、心がふと軽くなる瞬間があります。

セルフヒーリングの方法として、パステルシャインアートは手軽で誰にでもできて、何よりとても楽しいですね。

2009年8月22日(土)と、8月29日(土)に、二子玉川のこはるさんのお部屋で、初心者の方のための体験レッスンがあるそうです。皆さんもいかがでしょうか?

| | コメント (2)

2009.08.10

新しい商業ビル、Luz自由が丘がオープン。

R001201402_3

先月7月17日、自由が丘に新しい商業ビルがオープンしました。Luz自由が丘。ラズって読むそうです。

「光り輝く(Luminous)」「都会的なたたずまい(Urban)」「最もポテンシャルの高い(Zenith)」の頭文字を組み合わせたのだとか。

ぬおおおっ! すごい。ここは本当に自由が丘なのか!! 自由が丘って都会なのかなあ・・・。私の勝手なイメージでは、都会からちょっと離れたおしゃれな住宅地って感じ。

まあ実際のLuzは、そんなにギラギラしてはいなくて、今までの自由が丘に融合するような良い雰囲気を持つ場所でした。ホッ。

駅正面口を出て、和菓子の蜂の家の角を右に進んで、次の四つ角の先の左側。前にアンナミラーズがあったところの手前ですね。

R001200901

昔ながらのおもかげを残す商店街を歩いていくと、ババーンと8階建てのモザイクビルが現れる。8階建ては自由が丘では目立つほうですねー。エントランスは反対側の道まで吹き抜けてる。どちら側からも出入り自由。

2階までが服飾・雑貨類のショップで、その上はレストランやサロンになっている。


R001200104


2階の通路はちょっとしたバルコニーのようになっていて、いい雰囲気。風が吹き抜ける。

R001200206

エレベーターホールもモザイクタイルを使用していて、とてもおしゃれですぅ〜。

R001199901

Afternoon Tea LIVINGやmarimekkoなどのファッション、雑貨屋さんは、それぞれにディスプレイに工夫を施していて、見ているだけでも楽しい。Afternoon Tea LIVINGはけっこう広くて見応えがあった。

R001200405

雑貨だけじゃなくて、お姉さんぽいファッションのお店もいくつかありました。

R001200601

1階のエントランス横、一番目立つ場所にあるショップ。イスラエル発のコスメブランド「SABON」 死海の塩を使ったボディケア用品を売っています。

店内中央に、井戸のような手洗い場があり、ここで商品を試すことができる。フルーツの香りのボディスクラブを試してみました。すご〜く高級感があっていい香り。お肌もツルツルになった。

R001203009

「SABON」でフットクリームを買いました。顔に塗りたいぐらい良いにほひ。色はミント系ですが、香りは花と海と樹のまざったような雄大な香り。今までにないような、ナチュラルで清潔感のあるトーンです。セレブ系のエステサロンで使用されそうな感じ。私のツボにハマった!

R001202208

ラッピングも美しい。こんなギフトをいただいたら嬉しいですよね。

この日はこれぐらいで見学終了。今度はレストランにも行ってみたいです。

スペアリブの「シャッターズ」の支店もここにできたんですね! 駅のほうのお店よりワジョルームに近くて便利かも〜。お肉食べたい!

| | コメント (3)

2009.08.07

9月分の日時打診メールを、すべて送信しました。

Dsc_230401

ただいま9月分の定員にお入りいただいた方の全員に、「手相カウンセリングのご案内」という表題の日時打診メールを送信し終わりました。

8月3日に「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールを受け取っている方の中で、まだ日時打診メールの届いていない方は、お手数ですがご氏名を添えてメールにてご連絡ください。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (2)

2009.08.06

ワジョリーナブレス、8月の新作です。

皆さまいつもワジョリーナブレスをお買い求めくださいまして、まことにありがとうございます!

先日、家族がワジョルームのお掃除要員に来てくれたとき、ブレスの整理も手伝ってもらいました。全部のブレスを出して、例の手作りのブレスレットゲージでサイズを測り、小袋にそのサイズを記入してからブレスを収め、サイズ別に箱に入れ直す作業です。

これによりサイズがはっきりわかるようになり、ぴったり合うブレスをお探ししやすくなったかと思います。

作業はなんだかんだで2時間ぐらいかかりました。小袋からブレスを出す係を担当した母が、「まだあるの!?」と5回ぐらい言いました(笑) まだあるんですよ〜〜〜ん!

現在の在庫は300本ぐらいでしょうか。生産量はなおも衰えを知りません。ほっとくとどんどん作ってしまうので、収納用の箱が増えるばかりです。

半年ぐらい動きのなかったブレスは、いったん家に戻して再デザインするか、バラしてビーズにしています。そうしないと新しいデザインが置けないので・・・。

なんだかお店っぽくなってきたかも。オモテには相変わらずサンプルの1本しか出していませんが、箱からどんどん出てきて、お客様も驚くほどです。このワジョリーナの愛とアイデアの結晶☆を、皆さまどうか見てやってくださいませ。

ブレスをご希望くださる方は、カウンセリング中に声をおかけください。カウンセリング時間の終了後、ブレスをお見せいたします。私が波長をリーディングして、ベストのものをお選びしますね。お薦め順に、3本ほどご紹介しますので、実際にお着けになって印象を見てください。

皆さまにお似合いのブレスが見つかりますように♪ 

それでは新作をご覧ください。

Dsc_253403

1)明るく元気な色のブレスです! カジュアルな服装にも、お姉さんぽい服装にもお似合いになるような、ちょっとしたアクセントになるブレスはどうかな〜とイメージして作りました。ローズクォーツ、クラッククォーツ、カーネリアン、シトリンを使用しています。チャンスを引き寄せて元気いっぱいに大活躍! でも周囲の反感を買わず、愛されキャラで見守られるような波長を引き寄せやすいと思います。恋愛面では、明るく優しい女性のイメージが伝わりやすく、同じように波長の明るい人が近づいて来やすくなるはず。お値段は7000円です。

Dsc_254204

2)ハートの石がたくさん入ったラブリーなブレスです。大きいピンクのハートカットはローズクォーツ。小さいオレンジのふっくらハートはカーネリアンです。間に小粒のピンクコモンオパールを入れました。今までが足踏み状態だとしたら、現状を打破して、恋愛の扉をバーンと開いてくれるお手伝いをしてくれる波長があるブレス。自分の女性性を積極的に認めて、女として人生を楽しむ意欲が湧きそう。その流れで、恋のチャンスに気づきやすくなるはず。今までと違う毎日に心がウキウキしそうですね。お値段は7000円です。

Dsc_251802

3)ラピスラズリとスターカットの白水晶を組み合わせた力強いブレス。ラピスは、スピリチュアルなセンスに恵まれた方や、クリエイティブなお仕事をなさっている方には特に好まれる石。真実を見極める力を引き寄せ、邪気を回避し、創造力を高め、前進する力をサポートしてくれます。恋愛面では、本当の意味で必要なパートナーを探し当て、自分らしいスタイルで心を近づけて行けるかもしれません。真のたましいの成長を見守ってくれる石だと思います。お値段は7000円です。

Dsc_251106

4)オレンジアベンチュリン、ピンクコモンオパール、アクアオーラ水晶の組み合わせ。天然石なので、微妙なグラデーションがあり、それがかわいらしい印象です。オレンジアベンチュリンは、癒しのエネルギーが強く、心を落ち着かせてくれる石。ありのままの自分を素直に愛するための気づきを与えてくれそうです。何か自分自身の思い込みに縛られているような状況の方には、状況を緩和するお手伝いができるかもしれません。そして今までにない自分の魅力や能力が浮上してくることも。お値段は6000円です。

Dsc_252907

5)先月の2番のブレスに合う、重ねづけ用の細身のブレスを作ってみました。ワジョブレス初の、重ねづけのご提案です!  大玉の入っているメインのブレスは7000円で、重ねづけ用のほうはサービス価格で3000円です。(セットでお買い上げの場合のみ、このお値段でお分けできます。)もちろん、重ねづけなしでメインのブレスのみお買い上げいただいても大丈夫です。特に重ねづけを強くお薦めすることはありません。お好みでお選びくださいませ。

*********


こちらでご紹介しているのは、ごく一部のデザインです。色んなデザインのブレスが、まだまだたっくさんありますので、ワジョルームでぜひ実物をご覧ください。テーブルには出していませんが、チェストからいっぱい出てきます!

女性用のサイズはSS(13cm)からLL(23cm)まで数多くあります。試着なさってサイズが合わなかったら、ご希望のサイズにお直しして後日すぐに郵送いたしますね。お子さん用、男性用も豊富にございます。

ギフトの場合、相手の方の写真があると助かります。エネルギーの合うものを選びやすくなります。写真がなくてもプロフィールをお聞きできれば大丈夫です。もし可能でしたら、手首のサイズを測ってメモしてきていただけると助かります。後からでもお直しできますので、不明でも構いません。簡単なギフトボックスにお包みしますので、お気軽にお申し付けください。


皆さまからお声がかかるのを心待ちにしております! どうぞよろしくお願い申し上げます♪

| | コメント (2)

2009.08.04

シェラトン都ホテル東京、四川の朝食バイキング。

ではこの前の続きを。シェラトン都ホテル東京の朝食バイキングです!

今回のプランでは、朝食を四川でのバイキングか、ルームサービスか、別のレストランでの洋食か、その三つから選べるようになっていた。

食べ盛りの私たちは当然、四川でのバイキングでしょう。満場一致。って二人しかいないけど。

四川は評判のいい中国料理店なんだけど、朝食バイキングは洋食メニューが中心になっている。中華メニューはお粥とトッピングと、蒸し餃子と野菜炒めぐらい。あとは、

前菜(サラダ、ハム、チーズ、スモークサーモン、フルーツ等)

ブレッド類(パン、デニッシュ、カップケーキ、パンケーキ等)

あたたかい主菜(ベーコン、ソーセージ、ハッシュドビーフ、パイ、スープ、蒸し餃子、ゆでたまご等)

ライブ卵料理コーナー(目玉焼き、スクランブルエッグ、オムレツ)

ドリンクコーナー(牛乳、ジュース等)

といったジャンルに分かれてビュッフェ台に出ていた。コーヒー紅茶はテーブルにサービスしてもらえる。

それほど種類は多くないけど、どれもが高品質な素材で、心から贅沢な気持ちにさせてくれる。

お席の雰囲気も、まわりが緑に囲まれていて、朝陽がシュワーッと降り注いでいたりして最高に素敵。通路側だと日本庭園、奥側のお部屋だと森の中のチャペルが見える。

客層が良いのもいいですね。ホテルに来慣れている感じの方々が多い。外国からのゲストも目立つ。ミュージシャン風のグループや、セレブ家族っぽい人たち、親孝行旅行の家族なんかが来てた。

R001209903

前菜のお皿。左側にある鴨肉や、その奥の蒸し鶏、素材も良く、味つけも適度でサッパリしていて美味。スモークサーモンは厚みがあって、とろけるような柔らかさ。塩加減が抜群。右上のチーズ乗せクラッカーにスモークサーモンを乗せて食べると、朝から天国行き。スモークサーモンは深夜メニューのルームサービスだと一皿2200円なんだけど、「明日の朝になったらいくらでも食べられるから!!」と自分に言い聞かせてガマンしました!

R001210305

ライブ卵料理コーナーで、スクランブルエッグにわけぎとチーズを入れてもらった。チーズがとろとろでめちゃくちゃ美味しい。このバランスが素晴らしい。お主やるな、シェフ。

R001210104

あたたかい主菜のお皿。カリカリベーコン多め。ゆで卵がかたゆでで完全に私好み。半熟卵は苦手なんだ〜。かたゆで最高! 2個も食べてしまった。蒸し餃子は海老入り。安っぽくなくて本物の味。中国野菜の炒め物も、あっさり味で非常に美味しかった。左側にあるのはハッシュドポテト。カリカリ焼き。ボイルドソーセージは3種類のお味があった。

R001210407

さくさくパイの器に、自分でホワイトシチューをトロッと入れるようになっている。パラパラのサクサクで薄皮が舞い踊る。

R001210508

プレーントースト。自分で焼いてテーブルに持ってくる。バターとジャムを限界量まで塗りたくって頬ばる。だってバイキングだもの!!

R001210806

アンコールのおかず(笑) 最後にどうしてももう一口ずつ食べたくなった。蒸し餃子の種類がいつの間にか海鮮からお肉になっていた。どちらも美味しい。ほんと、きちんと作ってある。この何気ない蒸し鶏の柔らかさと味つけの良さにはハマった。ほんのりレモン風味。そしてスモークサーモンにはチーズカナッペが欠かせません。

このほかにもジュースと牛乳、ミルクティー、コーンクリームスープなどいただいた。もう朝からおなかいっぱい。歩きにくくなるほど食べたっっ。これだけ食べるともうこの私でもランチは入らない。ディナータイムまでおなかが空かなかった。

高品質で雰囲気の良い四川の朝食バイキング。ぜひ機会を見つけて召し上がってください。

| | コメント (3)

2009.08.03

9月分のご予約、ありがとうございました!

R00110370501

皆さま、今回も手相カウンセリングの予約お申し込みをまことにありがとうございました。

ただいま定員に達しましたので9月分の予約を締め切らせていただきました。

フォームからのお申し込みが正式に受信完了となった方には、24時間以内に「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールをお送りします。

予約を申し込んだのに上記のメールが届かないという方は、お手数ですがメールでご氏名を添えてご連絡くださいませ。

次回の予約申し込み開始日は、2009年9月1日(火) 正午12時です。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

それでは、皆さまにお会いできる日を楽しみにしております♪

| | コメント (0)

2009.08.02

明日の月曜日は、9月分の予約受け付け開始日です♪

R001201802

明日、8月3日月曜日の夜23時より、9月分の手相カウンセリングのご予約申し込みを受け付け開始いたします。

今回の枠数は、だいぶ少なめです。勝手ながら9月に2週間の休暇をいただくため、ご用意できる枠数が、いつもの半分ぐらいになります。

ご予約はカウンセリング窓口のページから、予約フォームを開き、必要事項をお書きの上、送信なさってくださいね。

予約フォームは、時間になったら私が手動で開きます。手動なので多少時間が前後するかもしれませんが、お許しくださいませ。

パソコンからお申し込みの方は「パソコン用フォーム」へ。携帯電話からお申し込みの方は「モバイル用フォーム」へお進みください。

予約受付開始時間が来るまでは、パソコン用フォームしか見えなくなっていますが、時間になると「パソコン用フォーム」「モバイル用フォーム」の二つのリンクが現れます。

フォームに入る前に「予約しますか? Yes/No」という表示だけのページがあります。ご予約なさる方は、「Yes」を押してください。

「Yes」を押してフォームが「受付中」の状態のページに進むことができましたら、定員にお入りいただけたことになります。その後はゆっくり時間をかけて記入しても、定員の枠内から漏れることはありませんのでご安心ください。

フォームからお申し込みになった内容に訂正事項がある場合は、フォームから再度送り直さずに、メールで訂正事項をお送りください。

お申し込みが混み合いました際、エラーが出ることがあります。その場合も、フォームから繰り返し送り直さずメールでお送りください。

ワジョルームでは、お客様名簿の管理をご氏名で行っております。結婚等で姓が変更になりましたら、旧姓もお書き添えくださいますと助かります。

こちらに届く一覧表のまとめの都合上、「Yes」を押してから20分以内にお書きくださいますようお願い申し上げます。

「Yes」を押しても次のページに「定員に達しました」と書かれていた場合は、定員オーバーで受付を終了しています。

携帯アドレスでお申し込みの方は、パソコンからのメールや、ヤフーメールからのメールが着信拒否になっていないかどうか再度お確かめくださいませ。メールのやりとりができない場合は、残念ながらご予約を承ることができなくなってしまいます。ご注意くださいますようお願い申し上げます。

勝手ながらキャンセル待ちリストは現在お作りしておりません。ご予約は毎月、月初めの予約フォームのみで承っております。今の私の時間的余裕と事務処理能力では、キャンセル待ちリストを作って回転させる余力がないものと判断した上で、そのようにさせていただいています。何卒ご理解いただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

そして毎度のお知らせですが、ワジョルームでは、私の手作りのパワーストーンブレスレットを引き続き販売しております。今は在庫が豊富です♪

それでは、皆さまのご予約を心よりお待ちしております! どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

| | コメント (0)

2009.08.01

ロビーラウンジ バンブーのアイスラテいちご味。

R001212511

シェラトン都ホテル東京に宿泊中、ロビーラウンジバンブーに何度も何度も行っちゃいました。

というのも今回の宿泊プランだと、ロビーラウンジでの一部ドリンクメニューが無料!だったから。うお〜〜、燃える。行けば行くほどオトク☆ 

でもここに行くといつも必ず同じものを頼んでしまう。それは、アイスラテいちご味♪ どうしてもこれが好き。いちご味のシャリシャリ氷が半分ぐらいまで入ったグラスが運ばれてきて、目の前でお姉さんが牛乳瓶から牛乳をザーッと注いでくれる。

R001205806

この牛乳自体がけっこう美味しい。コクがあってクリーミー。そこへきていちごの味がしっかり甘くていい感じ。乙女のハートを鷲掴みよっ。

一杯飲み終わる頃に、お姉さんが来て「牛乳のおかわりはいかがですか?」と聞いてくれる。もちろんください!!っと。牛乳2杯でちょうどいちご味の氷がなくなるぐらい。2杯はマスト。

別の時間に行って、初めてココアを頼んでみた。これはけっこう甘かったな。量もかなりたっぷりあって、生クリームがダーン!と乗っていた。調子のいいときならグイグイいけるかなー。

R001212102

どれを頼んでもロータスオリジナルカラメルビスケットが2枚くっついてくる。これをもらって部屋に持って帰ってきてたから、滞在中にすごい枚数がたまってしまった(笑) しかも稲村さんの分も私がもらってる気が・・・。稲村さん、私のバッグにビスケットを入れましたね?入れましたね?

R001211709

ここのロビーラウンジ、ホテルの規模から考えてかなり広いほうだと思う。窓から目の前にババーンと見える日本庭園の緑も美しい。ホテルのエントランスからラウンジ、庭までの気の流れの良さがすごい。

ホテル自体、シェラトンになってからはまだ新しいほうだけど、都ホテルとしては古いですよね。稲村さんが、だからラウンジもプールも通路も広めに取ってあるんじゃないかって言ってた。なるほど。

ちょっとお茶しに行くだけでも素敵ですよね。目黒駅からシャトルバスで行ってください♪

では次回は朝食バイキングについて書きます。

| | コメント (2)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »