« ブレスの写真を撮っていただきました。 | トップページ | 三番町小川美術館、有元利夫展。 »

2009.02.26

浅草橋、更里のかきあげ天もり。

Dsc0225504
Dsc0225702
Dsc0225801
Dsc0226003
今日はこはるさんと浅草橋に買い出しツアーへ。ラッピング用品や制作用のツールをあれこれ買ってきた。安くて色々あって楽しいですね−、浅草橋! ぜひまた行きたい。

再訪を望む大きな理由の一つに、おそば屋さんの存在がある。浅草橋駅から47メートル。裏道に佇む名店、更里(さらり)。ここのお蕎麦が美味しかったこと! いいお店見つけちゃったな♪

こちらは大森の布恒更科で修行をなさったというご主人が営むお店。大森に住んでいるのに布恒更科にはまだ行ったことのない私。更里のお蕎麦を食べて、ぜひ布恒更科にも行かなくてはと思った。

店構えからしてシャッキリして良い。きちんと手入れのされた清潔感。こういうお店にはずれはないでしょう。

ご主人とおかみさんのにこやかな笑顔に迎えられて席に着く。とても感じのいいお二人。よそ者の私たちも一瞬でホッとした。

季節メニューの「ふきのとうとタラの芽の天もり」を頼みたかったのだけど、今日は市場がお休みで品切れ。その次に気になっていた「かきあげ天もり」(1600円)を頼む。こはるさんは「かしわなんばん蕎麦」になさった。

さほど待つことなく二品が同時に届いた。おおっ、かきあげのいい匂い! たまらなく食欲が増す。絞りたての胡麻油という感じ。油の鮮度がいいですね。

箸を入れたら、きめ細かくキチっとエッジの立った衣が心地よく切り分かれていく。油がよく切れていて全くビシャっとしてない。粋ですな。大根おろしとかぼすが添えられているのも嬉しい。

下のほうに小エビがズラズラっとつながって揚がっていた。上のほうは三つ葉がサクサク。てっぺんに衣が1センチ厚ぐらいで乗っかっている。この衣が最終的にはパン粉ぐらいに細かい天かすになり少量残る。その天かすを出汁つゆにザバッと入れてお蕎麦に絡めると最高〜!

お蕎麦は町場の普通の蕎麦屋さんよりもコシが強めで、なおかつ弾力がある。これぐらいの食感なら毎日食べてもいやみがないな。毎日食べられる人は幸せだ。

出汁つゆは濃いめ。天もりの出汁つゆというと一般的にもう少し薄めの天つゆ風が多いと思うのだけど、ここの出汁つゆはざる蕎麦の出汁つゆにほぼ近い。天つゆ風よりこっちが好き。

見た感じの色よりもしょっぱくなくて、ほどよい甘みもある。最後にそば湯を入れて飲んだらその甘みが味わい深かった。

こはるさんの頼んだ かしわなんばん蕎麦は、鶏肉に軽く焼き目をつけてからお蕎麦に入れてあった。お肉の量がたっぷり多め! カットも大きめ。心優しいこはるさんがお肉を一つくれた。ウマー! おつゆにゆずが一片入っていていい香り。

帰り際にお手洗いを借りたら、本当にすみずみまできれいに掃除されていた。それも、トイレ掃除洗剤の匂いさえ残っていないほどクリーン。尊敬の念が湧く。

お店を出てこはるさんと二人して、「はぁ〜っ、本当に美味しかったね」とため息をついた。雨上がりの道を歩きながら、自分の体に残るお蕎麦屋さんの匂いに幸せを感じた。

|

« ブレスの写真を撮っていただきました。 | トップページ | 三番町小川美術館、有元利夫展。 »

コメント

“浅草橋”という言葉に思わずコメントを…。
実は、職場が浅草橋なのですbuilding
浅草橋に、こんなお蕎麦やさんがあったなんて知りませんでした。
メモメモですmemo近いうちに足を運んでみようと思います。


そしてこの記事には全く関係ないのですが…
オーラの泉スペシャルで、今戸神社さんが紹介されるようです。
辺見えみりちゃんが好きでブログを拝見しているのですが
そちらで紹介されていました。
市野智絵さんのブログにも江原さんがいらっしゃいました。
今戸神社さんにも行きたいなconfident

投稿: ひさえ | 2009.02.26 21:37

ひさえさん
わわわわわ、ホントですね!!!!!
智絵さんとお母様のブログに江原先生とのスリーショットがhappy01happy01happy01
うわ〜、今戸神社にいらしたんですねー、江原先生。
放送が楽しみです!tvcat

投稿: ワジョリーナ | 2009.02.26 23:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブレスの写真を撮っていただきました。 | トップページ | 三番町小川美術館、有元利夫展。 »