« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008.10.29

ノリタケの森。アウトレットでお買い物&ランチ。

Dsc0132026
Dsc0134327
Dsc0134102
Dsc0134528
Dsc0134929
Dsc0135130
伊勢・名古屋ツアー、ラストはここ。ノリタケの森

去年ここのアウトレット、パレットで買ったお皿やスプーンや花瓶がとても良かったの。ノリタケならではの良質感のある食器は、普段使いに+αの喜びをもたらしてくれる。

本当に何てことのないシンプルな白いお皿でも、持ったときの適度な重量感やお料理をよそったときの柔らかな色合いがちょうどいい感じ。そういうお皿が数百円で買えるのです。

スプーンやフォークもさまざまなデザインのものが用意されていて、200円や300円で買えるのよ。

基本姿勢として私はカトラリーならデンマーク王室御用達カイ・ボイスン派なのだけど、ノリタケのカトラリーはカイ・ボイスンの3分の1ぐらいのお値段で十分な質感と実用性を備えていると思う。

うちはお父さんがデザートと一緒にデザートスプーンをどんどん(一応間違って)捨ててしまうのでカイ・ボイスンだと追いつかないのよ・・・。ということで7本買い足し。1700円。これで1年持てばいいなあ。

ワジョルームのドアに飾るクリスマスリースもここで買った。どんなデザインか、実物を見てのお楽しみ♪

お買い物のあとは、敷地内のレストラン・キルンでお食事。ここのお料理、なかなか侮れない美味しさだと思う。

ランチタイムは大人気で、この日はお席が空くまで30分待ちだった。携帯電話に連絡をもらえるので敷地内を見ながら苦痛なく待てる。

ノリタケの食器を使ってコーディネイトした食卓の雰囲気も女性好みで素敵。小さな生花がテーブルごとに飾ってある。窓の外にはノリタケの森の緑やお花が見え、空の光が射し込むのです。

私がオーダーしたのは、スペシャルランチ(3000円)。「せっかく旅に来てるんだから」と思って気が大きくなっています!! 普段3000円のランチなんて絶対食べないのに(笑)

しっかしさすがに3000円のランチは美味しい。

前菜は、プチトマトとモッツァレラの蜂蜜ソースがけ、生ハムとフルーツ、スモークサーモン、舞茸が一口ずつ。見た目もきれいですね。

スープはクラムチャウダー風の野菜スープ。クラムチャウダーというほどドロドロしていなくて、貝は少なく野菜が多め、生クリームの風味が非常にフレッシュで濃い。ものすごく私好みの味。会心の美味しさ。パーフェクト。

メインディッシュは、白身魚のグリルと和牛のソテー(栗のソース)。これも美味しい〜。良い素材の味がする。美味しいのでパンおかわり。あったかいパンを何個でも持ってきてくれる。

デザートは栗のモンブランとパンナコッタとフルーツ。盛りつけがかわいいですね。お味も手作りで美味しかった。女性には嬉しい演出です。このあと紅茶もつきました。

楽しい旅でした。このあと名古屋から新幹線で品川へ。明るいうちに家にたどり着いた。

ちょっと大盤振る舞いしすぎたわ・・・反省。来月、自分のお誕生日祝いをする資金がなくなりました(笑) 家で掃除でもしま〜す。

また来年も伊勢に行けますように。

長々とおつきあいありがとうございました。

(旅行記おわり)

| | コメント (2)

名古屋市美術館「ピカソとクレーの生きた時代展」

Dsc0131323_2
Dsc0131824
Dsc0131925_23日目は8時過ぎぐらいにコンシェルジュラウンジで朝食を食べ(内容は昨日とほぼ同じワジョリーナ特製ウィンナーごはん)、一風呂浴びて11時前にチェックアウト。

地下鉄東山線に一駅だけ乗り、伏見で降りて白川公園まで歩く。徒歩5分ぐらい。近いんだけど方向が全くわからないため、美術館の人に電話で道順を聞いた。「南にまっすぐ進んでください」と言うけど南がワカラン。なんとか勘でたどり着く(笑)

白川公園の中にある名古屋市美術館。ここで開催中の「ピカソとクレーの生きた時代展」が見たかったの。鳩が水浴びしてたり、遠足の小学生がお弁当食べてたり、のんびりとした公園。

東京では来年の1月からBunkamuraザ・ミュージアムで開催されるようですね。

わ〜い! 思惑通り、空いてる。東京ではあり得ないな。誰もいないということはないけど、1枚の絵の前に一人ずつぐらいにパラパラ人がいる程度。芸術はこれぐらいの間隔で見たいものです。近づいて見たり、ちょっと遠くから見てみたり自由にできるのが嬉しい。

美術館自体はあまり大きくはなく、空いてるせいもあり1時間もかからず見て回れる。ラクチン。全部で64作品。

さすがにピカソの絵は素晴らしい。今までにピカソ展やピカソを中心とする展覧会に何十回となく行っているが、ピカソの作品は見るたびごとに全く新鮮な気持ちで心をドカーンと打たれる。

「鏡の前の女」は、当時ピカソがつきあっていた彼女がモデルなんだそうだ。かわいいなあ・・・。どうして目がこんな形なんだろう。すてき。

この展覧会のポスターにもなっている「ひじかけ椅子に座る女」も、また別のピカソの彼女がモデルなんだそうだ。ここまで来るともう誰だかわからない。だがそこがいいっつーことで。

「二人の座る裸婦」の迫力が、これまたすごい。肉体のボリューム感、パーツの存在感が、実物以上に目に飛び込んでくる感じ。ズシズシしてる。

私の大好きな、パウル・クレーの作品は一つの部屋に集まっていた。やっぱりいいな、この色遣いと発想。フレームの中で、絵がおしゃべりしていたり、いたずらしていたり、がんばってたりする。クレーの絵は生きているのだ。

その他、ミロやカンディンスキーの作品など楽しく見た。時間がないので地下の常設展が見られなかった。またいずれゆっくり見に行きたい。

(つづく)

| | コメント (0)

2008.10.28

パーゴラのニューヨーク料理フェア。

Dsc0129919
Dsc0130220
Dsc0130444
Dsc0130721
Dsc0131022
2日目のディナーはマリオットアソシア15階のパーゴラを予約した。

ここのディナーバイキングはいつも楽しい。3週間おきぐらいにテーマが変わって、料理の内容もほぼ全部変わる。バイキング料理特有のやっつけ感や増量感のようなものではなく、よく考えて作られているのを感じる。

この前、名古屋からいらしてくれたお客様がいて、「名古屋で美味しいもの何かありますか?」とお聞きしたら、「マリオットアソシアのパーゴラ! あっ、ワジョさんいつもいらしてますよね?」という答えが返ってきた。おおお、私の選択は間違ってなかったということですね(笑) 嬉しい。

ちょうど今はニューヨークフェア。世界の食材を組み合わせた無国籍風の西洋料理という感じだった。

「ローストビーフ」と、「蟹とパンケーキのトマトクリームソース」が、シェフによる実演調理でメインを張っていた。

2枚目の写真の左側の料理が「蟹とパンケーキのトマトクリームソース」。右側は「ポークのジャンバラヤ」。

「蟹とパンケーキのトマトクリームソース」なんて初めて食べたわ。こういうのがニューヨークで流行ってんのかなあ? 不思議な組み合わせ。すごいってほどではないけど意外と美味しかった。しかしなぜ蟹とパンケーキ? しかもトマトクリーム??

小さいハンバーガーは自分で具材を好きなようにアレンジして作れるようになっていた。お肉二枚入れればよかった。これ直径が6センチぐらいの小さいハンバーガーなんですよ。

3枚目の写真はジャンバラヤの上に「香草風味のポークの串焼き」や「メアリーランドクラブケーキ」「白身魚と小エビのニューバーグソース」「ブロッコリーの生ハム風味」など添えたもの。

ここでまた知らない食べ物が出た。メアリーランドクラブケーキって何だろう。蟹の味がした。クラブケーキだから蟹のケーキなのか。なぜ蟹をケーキにするんだ。わからない。でも美味しかった。

最後はケーキ。あ、もちろんこの写真に撮った以外にもケーキの前に3皿ぐらい食べています(笑) 

ケーキはさつまいものケーキが美味しかったですねー。ニューヨークチーズケーキも、しっかり甘くてガツンと来ました。

よく食べた〜。美味しかったです。ニューヨークの人ってこういうの本当に食べてるのかなあ。不思議なお料理ばっかりだよ。

さすがにおなかいっぱいで、コンシェルジュラウンジでの生ハム祭り、今夜は開催中止。明日に備える。

(つづく)

| | コメント (0)

2008.10.27

カリフォルニアグリル「ラ ホーヤ」のプリフィクスランチ。

Dsc0127442
Dsc0127915
Dsc0128116
Dsc0127614
Dsc0128517
Dsc0128943
Dsc0129218
う〜ん、あまりに自堕落な宿泊記でどう思われるか心配になってきました。皆さん呆れていると思いますが、よければもう少々おつきあいください(笑)

ランチは15階のカリフォルニアグリル「ラ ホーヤ」を予約しておいた。

カリフォルニアグリルって何だ? よくわからないけど写真で見たら吹き抜けの天井が気持ちよさそうだったからここにした。

ランチメニューはプリフィクスで3500円。前菜、魚料理、肉料理、デザートを選べる。

私が選んだのは、

前菜が「フォワ・グラのソテー 大根のコンフィとマンゴーピューレソース添え(追加料金1200円)」、

魚料理が「戻りカツオのグリル 焼き葱と針生姜のコンフィ飾り」、

肉料理が「赤鶏もも肉のロースト マスタードとハーブ香味焼き」、

デザートは「かぼちゃのプディング フルーツ飾り」。

追加料金400円で南瓜のスープもオーダー。

おなか空いた。さっき朝食バイキングでおなかいっぱい食べたのになぁ。

メニューのほかに、自家製パンも出てきた。ガーリック味のフォカッチャとシンプルなシャンピニョン。できたての味で美味しかった。

ドリンクは、ペリエに「本日のシロップ」を好みの量だけ入れて作るオリジナルドリンクをオーダー。ミントのシロップを入れたら、ソーダ水みたいにきれいな色になった。

このレストランの方角からは、JRの線路が見える。電車や車の流れを眺めながら、ゆっくりとお食事する場所です。まわりは全員マダム!!(笑) 眺めが良くて長居ができて、お値段も3千円台ぐらいで、贅沢な時を過ごしたいランチマダムにはぴったりかも。

しっかし隣の席のマダムがずうっと病気の話をしていてマイッタ。席を変えてもらえばよかったなあ。食事中にあんまり生々しい病気や体調の話はちょっと遠慮したほうがいいかもね。私もこれから気をつけようっと。

そうは言っても食事の内容はとても美味しかった。

フォワ・グラのソテーは小さいけど質のいいファワグラだった。最近なぜかハズレ気味のフォワグラにしか縁がなかった私には久々のヒット。プルンプルンに柔らかくて、でもアブラギッシュじゃなくてしっかりレバーの味が濃くて良い。

南瓜のスープはふんわりとした立体感のある口当たり。南瓜のポッテリ感がちょうどいい具合に加減されている。かなり美味しい。400円でこんなに本格的なスープがいただけるなんて良心的。

そしてこのスープカップ、ひと目見てわかりましたよ!! ビレロイ&ボッホですね! ワジョルームのすぐ近くに直営店があるから知ってるのよん。かわいい器ですよね。

戻りカツオのグリルは、ボリュームもあって良かった。外側だけしっかり焼き目がつけられていて、中はレアレアで赤い。すごく新鮮なカツオで、全く生臭さは感じなかった。実に味わい深い。

上に乗ってる針生姜と合わせて、または焼きネギと合わせて、あるいは焼きネギの下のトマトソースにからめて、色んな味わい方ができるようになっていた。

続いての赤鶏もも肉のロースト。肉が程よく締まっていて、育ちのいい肉。硬いというのとは少し違って、ナイフで切るとミシッと手応えを感じるのに、歯で噛みしめるとパラッときれいにほぐれる。

マスタードとハーブとパン粉がまぶしてある部分、味付けが良かった。全然油っぽくなくて、肉の脂を引き出しながら上手にローストしてある。

デザートは、かぼちゃのプディング。ここで紅茶も出してもらえた。

ああ美味しかった。満足です♪ 普通の女の人だったら多いぐらいの量かも。ワジョ的には適量。最後まで美味しくいただけた。

さあこのあとプールで腹ごなしをして、7時間後には本日のメインイベント(笑) 15階パーゴラでのディナーバイキングです!! 

(まだまだつづく)

| | コメント (2)

コンシェルジュラウンジの朝食ビュッフェ。

Dsc0126041
Dsc0125801
Dsc0126301
Dsc0126902
Dsc0126501
Dsc0126803
目が覚めると9時だった。コンシェルジュラウンジでの朝食ビュッフェは10時まで。少し急いで行かなくちゃ。

と思いつつ支度してたら9時半になってしまった。動作が遅い・・・。

15階のパーゴラの朝食ビュッフェはけっこう並ぶこともあるらしいのだけど、36階は空いてる。窓際の眺めの良いお席をキープ。

4〜6枚目の写真が席からの風景。今日もお天気がいい。遠くに山まで見える。きれいだわ。

お部屋からと同じ方角に名古屋城が見える。ズームで撮影してみました。

今回、ちょっと他のホテルに泊まるのも良いかと思って、名古屋城のお堀端にあるウェスティンナゴヤキャッスルとどっちに泊まるか考えた。

口コミの評判と利便性を考えてやっぱりこちらにしたの。あちらもいずれ泊まってみたいなー。

窓から真下を見ると、大名古屋ビルヂングの前あたり。自動車がクルクルと旋回している。ジオラマみたいで面白い。

朝食メニューは洋食中心に基本アイテムが揃っている。パンやカップケーキも美味しそう。

私はどうしても白いごはんを食べたい。ウィンナーとカリカリベーコンをおかずに、ごはんをおなかいっぱい食べる。

食べてるうちに10時を過ぎた。ビュッフェ台のお料理はそのまましばらく出ていた。これだけゆったりしているなら、10時ちょうどに来ても食べられそう。

私がそういうごはんを好きだから、ホテルのブレックファーストというより普通のウィンナーごはんになっちゃってるけど、午前中の光を浴びて、きれいな景色を見ながら石のテーブルで食べる朝食は素晴らしい。

日頃、朝食という時間帯には睡眠中な私。朝食を食べるというだけでも爽やかな気分だわ。

この日は予定のない一日を過ごす予定。部屋でゴロゴロして、シャワーを浴びてランチを食べて、プールに入って部屋でゴロゴロして、夜遅くなったら15階のパーゴラでディナーバイキング。なんというダラけた一日(笑) 最高です。

(つづく)

| | コメント (0)

2008.10.26

名古屋マリオットアソシア。ルームサービスで大きな海老フライ。

Dsc0120512
Dsc0120838
Dsc0123101
Dsc0123401_3
Dsc0124640
宇治山田から名古屋まで約1時間半。さすがに少し居眠りをしてしまった。

今回は二泊とも名古屋マリオットアソシアホテルのコンシェルジュスタンダードダブルを予約した。フィットネスクラブや朝食の料金のことを考えると、コンシェルジュフロアのほうがお得です。

私のお部屋は4723号室。客室階数が20〜49階の中で47階だからかなり上層階。これは嬉しかった。おバカだから高いところが大好きなのさっ。

名古屋の町はよくわからないから、窓から景色を見ても知ってるところはないけれど、かろうじて名古屋城だけはわかった。なんとなく毎年来るごとに新しいビルが増えているような気がするけど正確なところはわからない。

ここのホテルに泊まるのはたぶん4回目。都内を含めて色んなシティホテルの中でもかなり好きなほうのホテルだ。ハード面でも不足を感じないし、何よりサービスが私にとって適温。

どちらかというとあまり表立っては構われすぎず、見えない部分で心を砕いてもらってる感じのほうが好きなのだ。そういうのって、なぜかわかりますよね。

この日はルームサービスで夕飯を食べることにしていた。美味しいと評判のマリオットバーガーがいいかなと思っていたのだけど、最初にここに泊まったときに食べたことがあるような気がした。よく覚えてないのが残念。記憶力なし。

ルームサービスはメニューを決めるのも何十分でも何時間でも悩んでいられるからいいですよねー(笑) 30分ぐらいメニューを熟読吟味して、「大きな海老フライ タルタルソース」(2400円)、「メインディッシュとのセットメニューでございます。シーズナルサラダ・パンまたはライス・コーヒーまたは紅茶」(1400円)、「名古屋コーチン入りコンソメスープ」(1200円)を選んだ。

「大きな海老フライ タルタルソース」は、メインディッシュのトップに書いてあった。名古屋名物海老フリャ〜ですからね。

30分ほどでワゴンが部屋に届く。外国人のボーイさんが、「夜景の見える方向にご用意しますか?」と聞いてくれた。もちろんイエッス。

大きな海老フライは本当に大きかった。それも3本も入っていた。嬉しい。幸せ〜。タルタルソースも作りたて。昔、自分で手作りのタルタルソースを作るのにハマったことがある私。タルタルソースにはこだわりがある。やっぱり作りたてが一番美味しい。

ルームサービスだから海老の頭まで解体して、すみからすみまで食べ尽くした。海老味噌ウマーー。レストランで食べたらここまで解体できないよなあ。こんなお行儀の悪さも楽しめるルームサービスが大好き。

あっという間に平らげて、ワゴンを下げてもらった。美味しかった。うーん、まだ食べられる。すくっと立ち上がり、36階のコンシェルジュラウンジへ向かう。カクテルタ〜〜〜イム!!

お酒の飲めない私はアイスティーだのジンジャエールだのアイスココアだの飲み放題。メニューはないのだけど、何言っても出てくるから不思議だなあ。

カクテルタイムはちょっとしたおつまみがフリーで食べられるようになってる。私は大好物の生ハムをいっぱいよそった。キャー。生ハム天国! クラッカーにクリームチーズをつけて食べて、生ハムと交互に食べる。美味しいのう。海老フライ3本食べたあとだけど生ハム相当食べた。何回おかわりしたかは秘密(笑)

生ハム満足指数がメーターを振り切ったところで部屋に帰る。お風呂に入って、ベッドに横たわり、読みたかった本をダラダラ読んだ。日付が変わった頃、眠りに入ることができた。

(つづく)

| | コメント (0)

2008.10.25

おかげ横町、豚捨コロッケ、近鉄アーバンライナー。

Dsc0118136
Dsc0118409_2
Dsc0118510
Dsc0119137宇治橋を渡り、おかげ横町へ繰り出す。異常に試食品が多いという噂の干物屋さんも満員で入れず。新しくできたお店で白あんの丸いおまんじゅうを買った。

赤福は大行列。30人ぐらい並んでる。いつもここで赤福氷を食べるんだけど。まあ時期的にも終わってしまってるよね。翌日、名古屋の高島屋の赤福で「赤福ぜんざい」の看板を見た。こちらも並んでいて入れなかった。赤福大復活。大人気です。

並ぶ根性のない私は赤福を諦めて他のお店を一周。いつもなんとなく食べる豚捨のコロッケを2個購入。1個85円。衣が薄くてパリパリで、じゃがいもが甘すぎず柔らかすぎず、適度なじゃがいも感アリでなかなか好き。

本当は豚捨も並んでたんだけど、10人ぐらいだからがんばって待ってみた。5分ぐらいで買えたよ。並んでいるあいだ、他のお客さんが隣の海老丸の噂をしていた。ここの漁師汁と海老フライが美味しくて「ハンパねぇ」んだそうだ。へー、今度行ってみよっと。

ハンパねぇと言えば、この前渋谷でトータルテンボスかスキマスイッチのどっちかのアフロの人を見かけたんだけど、どっちの人だか見分けがつきませんでした。どうやって見分けるんでしょうか? あっ、完全に余談でスミマセン!

コロッケを食べて満足した私。宇治山田駅から名古屋へと参ります。

Dsc0119711
たまたま時間的に次の特急が、アーバンライナーという車両だった。

デラックスカーを選ぶと普通運賃・特急料金のほかに特別車両料金410円がかかるけど、一人一列の一人掛けシートにゆったり座れるのよ〜。素晴らしい。デラックス!! 

快適さ重視志向の皆さまのお伊勢参りには、時刻表を見てアーバンライナーを選ばれたほうが良いと思いまっす。普通の特急電車より全然ラク〜!!

近鉄特急はインターネット予約もできるようになっている。クレジットカードと予約番号のメモを持っていけば、切符の自販機でチケットがすぐ出てきます。

(つづく)

| | コメント (3)

内宮参拝、五十鈴川の御手洗場でブレスの浄化。

Dsc0112901_2
Dsc0113006
Dsc0115808
Dsc0114707
お伊勢参りのラストはもちろん、内宮へ。

なんか神宮会館のもっと手前から車がスンゴイ渋滞してる。100台以上の行列。なんとこれはっ、参拝客の駐車場渋滞だった。日曜日はこんなに行列するのねー。

宇治橋前にたどり着くと、もう人がいっぱい! 左を振り返って見ると、おかげ横町もすごい人! 五十鈴川の川辺にある御手洗場もまるで真夏の海水浴場のように人が集まっていた。う〜ん、盛り上がってるな。お祭りだぁ。

それにしても個人的にとても暑い。長袖の人も多いというのに私はすごく暑い。タオルハンカチを4枚ほど用意しておいたが、どれもビッショリになってしまった。仕方ない。ふくよかな淑女の宿命だ。

宇治橋の手前で神職さんに記念撮影をしてもらっている中年のご夫婦がいた。その人たちが、御手洗場で同じ神職さんに観光ガイドしてもらっていた。礼服を着ていたから、そのあと御垣内参拝なさるのだろう。神職さんのガイドつきで御垣内参拝だなんて。どうしたらあんなふうにVIPツアーができるんだろう? 新たな謎が生まれた。

快晴の五十鈴川はいつにも増して水が美しく、手を差せばサラリサラリと水流が指の間をすり抜けていった。気持ちいい。

周りをよく見るとパワーストーンブレスをしている人も多く、手首から外して水にさらしている。でもこれはけっこう危ない。だって川底に誰かのブレスが落ちてたよん〜。浄化してて間違って落としてしまったんだろうなあ。浄化するなら手首にしたままやったほうがいいわね。一応、ブレスは水に弱いから水から上げたらよく拭いてくださいね。

参拝を終えてお守りをいただいて、休憩所で一休み。トイレもすごく並んでる。日曜日は大変だなあ。やっぱり来年からまた平日の参拝にしよう。

(つづく)

| | コメント (0)

2008.10.24

豆腐カフェ「まめく」で、湯葉丼のランチ。

Dsc0110503
Dsc0111234
Dsc0111535
Dsc0111704
Dsc0112205
外宮を後にして、もう一度月讀宮のほうまで戻る。豆腐カフェ「まめく」
でランチをいただくために。

去年初めてこちらのお店に行って、できたて豆腐膳のランチに感激したのだ。今年もこちらでぜひともランチをと心に決めてきた。

今回は、名物の湯葉丼がメインの「姫膳(1260円)」をオーダー。小ぶりな湯葉丼、あぶらげパリパリ焼き、小鉢、お味噌汁、香の物、デザート、全部ついてまっす。

ランチは他に、去年私がいただいた「できたてとうふ膳」と、未挑戦の「ざるとうふ膳」がある。3種どれでも1260円です。ほかに単品メニューもある。少しずつメニューが増えているような気がする。

さっそく届いた湯葉丼は、どんぶりいっぱいに湯葉がババーンと乗っかっていた。かなりの湯葉量。贅沢だ。

湯葉の下には普通の白いご飯が隠れている。薄めに溶いたお出汁の餡かけがかかっていて、お茶漬けふう。お茶漬けほどごはんがゆるゆるにはなってなくて、しっかり白米の歯ごたえもある。これを木のスプーンで食べるのですね。

餡かけの餡は非常にあっさりした味。湯葉の大豆風味を失わないように考えておられるのではないでしょうか。薄味だけど、物足りなさはない。いいお味。

おかずにあぶらげパリパリ焼きを一切れ。ウマイ! このあぶらげがあれば他におかずは要らないね。ふっくらした厚みのあるあぶらげに、こうばしい醤油と万能ネギがかかってる。

あとは大根と大豆のサラダと、お味噌汁(たしかアオサだった)、たくあんがついてきた。いずれも丁寧な手作り。本当に心を込めて作られているのを感じる。

本日のデザートは杏仁豆腐。これも美味しい〜〜〜。乳製品は入っていなくて、豆乳だけで作られた杏仁豆腐なのだそうだ。シロップの味も市販品とは段違い。優しいお味に癒されました。

心から満足。来年も来れるといいな。こんなお店が自由が丘にもあったなら、私は毎日でも行ってしまいそう。そしたら私は、すごくヘルシーな人に生まれ変われるかもしれない。できないかなあ、豆腐カフェまめく自由が丘店。

まだオープンして2年ぐらいなせいか、あまり知られていない様子。私が食事している間、他にいたお客さんは2組だけ。テラスの席などもあって、非常に快適。穴場スポットと言っていいのかも。オススメです。

(つづく)

| | コメント (0)

倭姫宮、月讀宮、猿田彦神社、外宮を参拝。

Dsc0108432
Dsc0109133
秋の伊勢に行ってきました〜〜〜。

ひょっとしたら少し肌寒いかな?と心配だったのですが、暑がりの私は半袖でも汗だくでした(笑) とにかくお天気が良くて素晴らしかった。今まで伊勢に行くときは、けっこう雨だったことが多くて。今年はラッキー。

朝6時23分、品川発の新幹線など予約してしまったので、当日は4時半起床。睡眠2時間。支度して5時半過ぎには家を出た。こういうときだけは早起きできる。

9時33分、宇治山田駅着。新幹線でも近鉄特急でも寝過ごすことなく到着できた。いつも私は、倭姫宮、月讀宮、猿田彦神社、外宮、内宮の順番で参拝することにしている。今回もこのコース。

参拝コースは例年通りなので、今回は食べ物の話を特に中心に書く予定です(笑) いつでもそっちが中心になってるかもしれませんが!!

通常、外宮までで一日目を終え、一泊して二日目の早朝に内宮を参拝しているのだけど、今回は定宿の神宮会館が満員で予約できなかった。すごい人気だのう。他に伊勢で泊まりたい宿も見つけることができず、今回は名古屋に二泊する。

最初に向かったのは倭姫宮。お姫様、今年も参りましたよ〜。樹木の間から太陽が降り注ぎ、神々しく美しい。

社務所でお札をいただいたら、参道で採れた椎の実をくださり、こうお話された。「必ず何粒かを大地にお返しして緑の命をつないでください。残りはフライパンで煎って召し上がれます」

なるほどのう。帰宅後その通りにさせていただきました。椎の木、生えるかな?

次に向かったのは、月讀宮。日曜日のせいか、けっこう人がいた。と言っても20人ぐらい。平日に参拝すると、ほとんど人に会うことがないのです。

例年より更にご神気強め。波長が厳かにビリビリしていた。

続いては、猿田彦神社。猿田彦さんは道ひらきの神様。同じ境内に祀られている佐瑠女神社は縁結びと芸能の神様。これからもお客様とご縁がつながるようにお祈りした。

次は外宮へ。当然ながら人、多め。授与所でお守りをいただくのにも少しばかり行列する。

式年遷宮の造営資金を募るお知らせが掲示されていた。神社でこういったお知らせを見たときは、2千円お納めすることに昔から決めている。

こちらでは1千円からいくらでも良いのだそうだ。2千円お納めすると、「特別参宮章」と書かれた紙をくれた。一回限定で、御垣内参拝(みかきうちさんぱい)をさせてもらえるのだそうだ。要するにお賽銭箱の向こう側の玉砂利が敷かれた敷地内に入ってお参りできるということ。

スーツまたはスーツに準ずる服装である必要があるが、今なら1千円で御垣内参拝ができるということですね。これはビッグチャーンスなんではないでしょうか。

私は軽装だったので断念。あらかじめそのつもりで礼服で来ている男性や、黒のワンピースで来ている女性がけっこうたくさんいた。「やっぱり御垣内参拝は普通の参拝と全然違う」という噂をよく耳にする。私もいつかはと思いながら、なんとなくまだできずにいる。

(つづく)

| | コメント (2)

2008.10.21

戻りました〜。

0123101
お伊勢参りから戻ってきました!

最高にお天気が良くて、少し日焼けしました。

日曜日はお伊勢さんも混みますね!! 大賑わいでした。

追い追い、旅行記を書きたいと思います。毎年同じですけど(笑)

写真は、内宮の五十鈴川。輝いてまっす。

| | コメント (2)

2008.10.18

伊勢に行ってきます。

Dsc0365001
明日の日曜日から3日間、毎年恒例のお伊勢参りに行ってきま〜す。(今日の土曜日はお仕事します)

今回は神宮会館が満員で取れなかったため、二泊とも名古屋に泊まります。早朝6時過ぎ品川発の新幹線に乗るという強行軍です!! 寝ないで行くかも・・・。がんばりまっす。

ちょうど名古屋で、「ピカソとクレーの生きた時代展」という展覧会をやってるので楽しみです。ピカソもクレーも私の大好きな芸術家。東京で見るよりも比較的空いているはず。期待ちゅう。

それでは、メールのお返事など遅れると思いますが、よろしくお願い申し上げます。いってきます。

写真は以前行ったときの倭姫宮です。

| | コメント (0)

2008.10.08

11月分の日時打診メールを、すべて送信しました。

Dsc0081005
ただいま11月分の定員にお入りいただいた方の全員に、「手相カウンセリングのご案内」という表題の日時打診メールを送信し終わりました。

10月1日に「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールを受け取っている方の中で、まだ日時打診メールの届いていない方は、お手数ですがご氏名を添えてメールにてご連絡ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2008.10.06

歌王が退院。

Dsc0063601
おかげさまで母が昨日、退院しました。

驚くべきスピードで回復し、杖があればスタスタ歩けるようになりました。

長時間は歩けませんが、寝起きしたりトイレに行ったりという日常生活には支障ない程度です。こんなに良くなるなんて、家族の誰もが思いませんでした。本当にありがたいことです。

入院したときに伺ったドクターの話では、少なくとも3ヶ月は入院、長くて6ヶ月と言われていたところ、2ヶ月半での退院となりました。今週からは自宅療養+デイケアセンターでのリハビリ生活に入ります。

昨日は母の好物の、まぐろを家族で食べてお祝いしました。今まで母は私の出した料理を絶対に美味しいと言いませんでしたが、昨日は美味しいと言ってくれました。何か心境の変化があったのかなと思います。

そして母は最近、気持ちのこもった「ありがとう」という言葉をよく言います。今まではそんなこと決して言わない人だったのに。母の口から「ありがとう」という言葉を聞いて、家族がみんな動揺したぐらいです(笑) 病気が母に、気づきを与えてくれたのでしょうか。

私も色んなことを考えました。母との関係、家族の健康、自分の未来、まわりの人への感謝・・・。当たり前のような毎日の生活というのは、当たり前じゃないぐらい多くの人に支えられているのだと感じました。

母が入院していた病院の先生やスタッフの皆さまの、あたたかい治療と介護には頭が下がりました。本当に皆さん優しくていい方たちでした。母が皆さまを心から信頼している様子が見てわかりました。

各担当の方に会うごとに、「○○先生は大人気なのよ。いつもお忙しいのに声をかけてくださるのよ」「○○さん、すごくいい人なのよ。お母さんの担当の一番偉い人なのよ」と、少し自慢げに言っているのがかわいかったです。

病院スタッフの方が、手すりの設置ほか自宅改修のための下見に来てくれた日など、遠足に行く子供のように何日も前から張り切っていました。大好きな人たちが家に来てくれて嬉しかったようです。

偶然なのか、神様の引き合わせなのか、母が救急車で運ばれて入院した病院は、リハビリの設備とスタッフが充実していて地元で評判の病院でした。何度かリハビリ見学をしましたが、広々したスペースで、理学療法士さんがイキイキと対応してくださっていて、ここでのリハビリは楽しいだろうなあと思いました。

実際母も、リハビリが楽しくて仕方ないようで、日曜日になると「今日はリハビリがなくてつまらない」と、いつもこぼしていました。

建物はもうあまり新しくないですが、清潔が保たれ、何よりもそこにいる人たちの発するエネルギーが明るい雰囲気の病院でした。牧田総合病院の皆さま、本当にどうもありがとうございました。

そして母の回復を祈ってくださった皆さま、ご祈祷をしてくださった今戸神社さん、私にいたわりの言葉をかけてくれた友人たちに、心からの感謝を申し上げます。どうもありがとうございました。

これからが本番という気もしますが、家族と協力し合って、それぞれが無理をしないペースを作っていこうと思います。

| | コメント (10)

2008.10.01

11月分のご予約、ありがとうございました!

Dsc0096210_3
皆さま、今回も手相カウンセリングの予約お申し込みをまことにありがとうございました。

ただいま定員に達しましたので11月分の予約を締め切らせていただきました。

フォームからのお申し込みが正式に受信された方には、24時間以内に「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールをお送りします。

予約を申し込んだのに上記のメールが届かないという方は、お手数ですがメールでご氏名を添えてご連絡くださいませ。

次回の予約申し込み開始日は、11月4日(火) 正午12時です。よろしくお願い申し上げます。次回は1日ではありませんのでご注意ください。

それでは、皆さまにお会いできる日を楽しみにしております♪

| | コメント (2)

ワジョリーナブレス、10月の新作です。

Dsc0105103
Dsc0103502
Dsc0104604
Dsc0104205
いつもワジョリーナブレスをお買い求めいただきまして、まことにありがとうございます。

ブレスを作るのがあまりにも楽しくて、すんごいいっぱい作ってしまいました。

今は在庫が豊富にありますので、ご希望の方はぜひカウンセリング中に声をおかけください。カウンセリング時間の終了後、ブレスをお見せいたします。

この前ワジョルームに個人的に遊びにきてくれた友達が、「見本がないと、本当に売っているのかどうかわからなくて声をかけにくいかも」とアドバイスしてくれました。

そこで、サイドボードのセレスタイトクラスターの近くにお皿を置いて、ブレスを2本だけ置いてみることにしました。心なしか、前よりも声をかけてくださる方が増えたかも? 

波長的にも見た目的にも、お客様にお似合いのブレスが見つかると、私もとっても嬉しいです♪

それでは新作をご覧くださいませ。

上から順に、

1)大粒のアメジストを中心に、クリアクォーツとシトリンを品良く配しました。ちょっと大人っぽい雰囲気。直感力を高め、強い自信を持ち、運命の人を引き寄せるパワーを宿らせてくれそうです。また、金運アップの効果も期待できます。お値段は6000円。

2)鮮やかなロードナイトと、ローズクォーツの優しい色の組み合わせ。ビーズの大きさにメリハリをつけて、リズミカルな印象になっています。女性の魅力を高めるロードナイトと、感情を安定させ心を癒すとされるローズクォーツのコンビが、恋する女性を応援してくれます。お値段は6000円。

3)透明感のあるレモンクォーツです。ふっくらしたハート型のカットがかわいいですね。レモンクォーツは心を静め、ネガティブな思いが湧き起こらないように身を守ってくれるそうです。心配性の人や、不安な気持ちを抱えている人にオススメ。新しい出会いに向けてのバイタリティが芽生えるかも。また、美肌に対する大きな作用も知られています。お値段は5000円。

4)アメジストとブルーレースの組み合わせ。自分の魅力や美点をしっかりと受け止めて、穏やかな気持ちで好きな人や友人、家族、仕事関係の人とコミュニケーションができるようにと願いを込めて作りました。好きな人がいるのに積極的になれない方にはぴったりだと思います。お値段は6000円。

まだ石のバリエーションは豊富とは言えませんが、工夫して色んなデザインを作っています。ワジョルームでぜひ実物をご覧ください! お声がかかるのを心待ちにしておりま〜すcancer

| | コメント (3)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »