« 牛乳を使って甘めに練り上げたマッシュポテト。 | トップページ | こはるさんのヒーリングで勇気をもらう。 »

2008.05.18

48階に宿泊@リッツカールトン東京。

Dsc0939903
Dsc0940609
Dsc0940304
Dsc0950801
Dsc0951612
東京に外資系ラグジュアリーホテルが林立する昨今、最も私の憧れをかきたててくれたのは六本木ミッドタウンにあるリッツカールトン東京だ。

以前、大阪のリッツカールトンに泊まったとき、格別な幸せ感を味わい、一番好きなホテルだと思うようになった。

一年前、東京での開業時、宿泊料金が最安でも7万円と聞き、頭がボーッとしてしまった。7万円かあ。ちょっとした小旅行に行ける金額だよ。まあそんなふうに比較するのは野暮なのかもしれない。

しかし「いつか泊まってやっからな」という情熱はとどまるところを知らず、夜な夜なインターネットでリッツ情報をチェックすることを怠らなかった。連休を過ぎ、「レートがやっと下がってきた」との情報がちらほら目に入るようになった。

そしてついにチャンス到来。一休限定プランで、【5月トライアルキャンペーン】デラックスツイン52平米が40,425円に! まだまだ高いけど、3万円も下がったよ。この辺で清水の舞台から飛び降りてみることにした。

一休で予約したら翌日リッツのお姉さんから電話がかかってきた。ツインよりダブルがいいと希望したら変えてくれた。ダブルはキングサイズベッドですってー。

木曜日、ボイトレのレッスンを終えて、六本木に向かった。エントランスでドアガールのお姉さんに名前を告げると、建物に入ったとたん全員のスタッフの方に「いらっしゃいませ○○様!」と名前を呼ばれて照れた。ちょっと嬉しい。美しい和装の女性が出迎えてくれた。

45階のフロントに到着すると、そちらにももう名前が伝わっていた。すごいなー。こういうの初めてだ。

今日のお部屋は48階の19号室。ベルガールのお姉さんが案内してくれた。部屋広い! 窓から景色を見て、思った以上に高さを感じた。

六本木ヒルズ森タワーが目の前に建つ。視界を遮るような建物はなく、広々と都心の景色を見渡せる。眼下には青山霊園の緑地。空がとても大きい。

部屋の内装はゴージャス感がありつつ派手すぎず落ち着いている。飾ってある絵やランプのデザインなど、いちいちセンスがいいわ〜。素敵。

引きだしやクローゼットが大容量なのも特徴的。これだけあると何でも入れておけるわ。しかも普通はクローゼットは廊下のほうにあるものだけど、部屋の中にあるから出し入れしやすい。

バスルームも広々! 洗面台が2台ある。シャワーブースにはレインシャワーが(天井から雨みたいにシャワーが出るやつ)。シャンプー、リンス、ボディシャンプーはブルガリのオーテブラン。お金持ちの匂いがしました(笑)

バスルームにも20インチの液晶テレビがある。部屋のほうは40インチ。でかいです。DVD/CDプレイヤーつきで、音楽が聴ける。最近はCDが聴けるホテルが増えて助かりますわ。自分でスピーカー持って行くの大変なんだもの。

とりあえずお部屋のチェックを終えて、外へ行く。本当は「モディリアーニ展」を見に行くつもりだったのだけど、とにかくお腹が空いてもうだめ。ミッドタウンで何か食べることにした。

レストラン情報を調べてくるのを忘れてた。そんで、バーッと直進してイタリアンレストランに入った。(一番近かったから)まあここは普通に美味しかった。せっかくならリッツのレストランで食べれば良かったなと、食べ終わったあと落ち着いて考えたらそう思った。

今回、ミッドタウンに来たのは初めて。お店屋さんを見物してみた。IDEE SHOP、カレンブロッソ、TIME&STYLEなど、自由が丘のお店がけっこうある。3階がインテリアと雑貨のフロアで面白い。

Idea Digital Codeというデザイン家電のお店で、目覚まし時計を買った。こういうの。(これの黒)電波時計で、こんなおしゃれなのがあるんですね。

あとニコライ・バーグマンでプリザードフラワー見たり、あっちこっちのお店でアロマキャンドルの匂いをかいで回ったりしてたら外が真っ暗になってきた。

ああ、もうモディリアーニ展は行けないな。boulangepicierでパンを買い、雷神光でおにぎりを買って部屋に帰った。(両方おいしかった)

Dsc0939002
Dsc0939301
Dsc0940405Dsc0950208
外の景色は、すっかり夜景に変わっていた。きれいですね〜。

すぐにお風呂に入り、湯船でテレビを見る。こういうのもいいな。湯船は私でもゆったり入れるビッグサイズ。蛇口が手元の位置にある。大体蛇口というのは足元にあるから、足で開いたり閉じたりしてすごいめんどくさいといつも思っていたのだ。(ものぐさしないで手でやれって?)

手元にあると便利だなー。長湯すると、お湯を何度も足すからね。

入浴剤は、ブルガリのバスティーが用意されている。ティーバッグのようなパックの中に、白い入浴剤の粉が入っている。お湯につけるとトロトロ溶けていく。いい香り〜。

極上のバスタイムを終えて、ベッドにドサッと横たわる。さすがにキングサイズベッドは広いぜ〜。それにこの寝心地。すごくない!? どういうわけか、疲れている部分がキューッとマットに吸い込まれていくような感覚がある。全身の力が平均化して楽になるというんでしょうか。かといって柔らかすぎてフニフニでもない。どちらかというと硬めなぐらい。まさに理想のベッドマット!

このベッドマット、ご希望ならお買い求めいただけます。(部屋のデスクにリッツカールトンのオリジナル商品のカタログが入っていた。)お値段ズバリ、140万円!!(笑) お問い合わせはリッツカールトン東京まで・・・。

このホテル、とても静かだわ。ロビー階はすごい人出で、ざわざわしているのだけど、客室に入ると物音一つ感じない。廊下の音も、隣の部屋の音もしない。

枕元に、リッツカールトンのマークが入ったオリジナルのミネラルウォーターが置いてあった。山梨のお水だ。あとはチョコレートと、明日のお天気予報が手書きで書かれたカード。気配りが嬉しい。

いつも通り明け方まで起きていて、外が薄明るくなってから寝た。チェックアウトは12時だからラク。朝食はいらない。

スイッチの切れた人形みたいにガコッと睡眠モードに入り、目覚まし時計の音で目が覚めるまで、全く意識が覚めなかった。一瞬にして夜が過ぎた。私には珍しいこと。よっぽど寝心地が良かったんだなあ。

目が覚めてシャワーを浴びて、11時半頃チェックアウト。混んでなくてすぐに済んだ。フロントのお兄さんが優しく声をかけてくれた。お決まりの台詞でなく、ちゃんと心の通った話し方をしてくれる。こういうところが好きだわ。

今回は時間がなくて行けなかったので、今度はプールとスパにも入りたい。それとやっぱり、クラブラウンジの様子を見たいから、クラブフロアに泊まってみたいなー。そんな次の目的を見つけたくなる、素晴らしいホテルでした。絶対また行きたい!

|

« 牛乳を使って甘めに練り上げたマッシュポテト。 | トップページ | こはるさんのヒーリングで勇気をもらう。 »

コメント

おおーーーっ!
いいなーぁ。

投稿: まーたん | 2008.05.19 07:43

僕が会社から派遣されて米国留学したとき、初日の宿泊先がワシントンD.C.近くのリッツカールトンだった。(翌日からホームステイ)
高級ホテルに泊まったことが無かったのと、チップの渡し方や英語のハードルが高くてリラックスできなかった。

10年以上前の話だけど、パンが超美味しかったのは今でも覚えている。

投稿: あおき | 2008.05.19 20:10

まーたん
すごくよかったよ〜。
癒された〜。

あおきさん
ワシントンD.C.のリッツカールトンに泊まったんですね!!
いいなあ〜〜〜。
私なんか、あおきさんよりずっと英語もできないし、
チップもどうしたらいいのかわかりません。
でもいつか行きたいなあ。

投稿: ワジョリーナ | 2008.05.21 00:50

> 今ここが日本で一番高いビルなんだそうだ。

いえ、日本で一番高いビルは横浜にあるランドマークタワーで295mです。東京ミッドタウンは248mですので、都内では一番高い建物ですが、日本一ではありませんのであしからず。

Ritzからは隣の六本木ヒルズも、高さ333mの東京タワーも見下ろせるので、日本一高いように感じてしまうかもしれませんが。

投稿: dkc | 2008.05.21 14:08

dkcさん
そうなんだー。
ホテルの人が「東京一」と言ったのを「日本一」と聞き間違えたみたいです〜。
教えてくださってありがとうございました。

投稿: ワジョリーナ | 2008.05.25 02:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 牛乳を使って甘めに練り上げたマッシュポテト。 | トップページ | こはるさんのヒーリングで勇気をもらう。 »