« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008.04.30

明日の木曜日は、6月分の予約受け付け開始日です♪

Dsc0849008
明日、5月1日木曜日の夜23時より、6月分の手相カウンセリングのご予約申し込みを受け付けます。(5月の日程もわずかに残っております)

カウンセリング窓口のページから、予約フォームを開き、必要事項をお書きの上、送信してくださいね。

予約フォームは、時間になったら私が手動で開きます。不慣れなため、多少時間が前後するかもしれませんが、お許しくださいませ。

今回は初めて、夜の時間帯からの受け付けになります。昼間はネットにつなぎにくいという方、この機会をご利用ください。また今後も月ごとに、お昼と夜と、時間帯を変えて受け付けてまいります。

それでは、皆さまのご予約を心よりお待ちしております! どうぞよろしくお願いいたしますhappy01

| | コメント (4)

2008.04.28

小田原に行ったら早瀬の干物。

Dsc0908501
Dsc0178503
Dsc0179202
湘南方面へドライブ。お天気は晴れで、海のほうはガスってた。

小田原厚木道路の荻窪ICで降りて、小田原競輪場の上の山のほうから海や町を見おろすのが好き。なかなかの絶景ポイントです。

このあたりに行くといつも、早瀬の干物を買う。

小田原にはよく遊びに行くので、今まで色んなお店で干物のおみやげを買った。そんな中、早瀬の干物は私のピカイチ! 

身が厚く、ふっくらと柔らかく、味わいが濃く、絶妙な塩加減で、ごはんが進むことといったらない。昔ながらのお魚の味がしっかりする。そして上品。

私は基本的に魚より肉派。でも早瀬の干物だけは特別。こんなお魚だったら毎日食べてもいいなあ。

いつも必ず買うのは、アジ、いぼ鯛。私は大きいのが好きだから、特選を選ぶ。小さいのも全然美味しいですよ。あとは、金目鯛、かます、鮭、かさごもよく買う。

今日、さば文化干しと、釜揚げしらすを初めて買った。これもたいへん美味しかった。

こんなに美味しいのに、普通にスーパーで売ってるのと値段が変わらない。へたするとスーパーのほうが高い。太っ腹だね、早瀬幸八商店!

ホームページを見たら、手作りで丁寧に作っている様子が載っていた。本当に丁寧に作っている感じが伝わってくる。それに、工場が小綺麗できちんとしてますよね。こういうところで味に違いが出るのかも。

駅に近い商店街からは少し離れた場所にあり、わかってて行かないとたどり着けない場所ではあるけれど、わざわざ行く価値ありますよ。あっ、通販もやってますね。予約をすれば、金曜日の午前中に干物作りの体験コースに参加できるみたい。

あなたも美味しいお魚ちゃんを食べて、幸せを味わってください♪

| | コメント (2)

2008.04.26

自由が丘にはなんでもある。

Dsc0908101
18:30〜の枠がポコッと空いた。いつもなら部屋で1時間ほどお昼寝してしまうところだ。今日は少し元気を出して、外へ行ってみた。

ほぼ毎日自由が丘に来ているのに、明るいうちに出歩く機会はほとんどない。

夜20:35に最終枠のお客さまをお見送りして、後片付けしてお部屋を浄化してトイレ掃除もして帰ると21時半ぐらいになってしまう。もうその頃は真っ暗で、お店もあまりやってない。

久しぶりの、明るいうちの自由が丘。すごい楽しかった。

まず、ルピシアでお茶を買う。この前、お客さまが「さくらんぼう」のティーバックをおみやげに持ってきてくださり、それがとても美味しかったの。(ありがとうございました)

「ルピシアなかなかやるな」と思い、今日は自分で「バニラ」と「津軽りんご」と「イチゴ」のティーバックを買った。私が今までお客さまにお出ししていたのは、輸入品のフレーバーティー。これから当分はルピシアにしますわ。

そういえばルピシアって前はレシピエでしたよね。調べてみたところによると2005年の9月に、紅茶専門店の「レシピエ」と東洋茶専門店の「緑碧茶園」(ルーピーチャエン)が統合されて、ルピシアになったんですってー。知らんかった。

ルピシアの紅茶、気がつけば長いこと買っていなかった。今回じっくりお店で香りを試してみたら、昔よりも一層ナチュラルでフレッシュな香りになってた感じがする! お味も美味しいし、進化したんじゃないかなあ。

あなたがワジョルームにおいでになったとき、どのルピシアが登場するかはお楽しみってことで♪

たくさん買ったティーバック、どのように保存するかが問題です。

「私の部屋」に行けば何か容器があるかなーと思い、ふらっと寄る。

おーぅ、あったね。ホーロー製の、シンプルでぬくもりのあるフタつき容器が。私ってホーローの質感が好きなのよねえ。使用済みティーバックを入れておく容器も、すでにホーロー製を使用中。セットでかわいくなっちゃうよ!!

自由が丘ってなんでもあるな。しかもルピシアも私の部屋も全国展開する中で、自由が丘が本店だよ。自由が丘ってスゴーイ! などと感慨を新たにするワジョリーナ。

本当は早く起きて、早めに自由が丘に来て、ゆっくり買い物するなりランチを食べるなりしてから仕事すればいいのにね。そうもいかないのが超夜型人間にして超寝坊人間の宿命。自由が丘を極める日は遠い。

| | コメント (2)

2008.04.19

山形県酒田市、海鮮市場の行列のできる食堂。

Dsc0903604
Dsc0904003
Dsc0904502
Dsc0904606
記念館の人にタクシーを呼んでもらい、酒田の海鮮市場まで。約10分ほどの距離。参考料金は1500円。

女性の運転手さんに当たった。車も清潔だし、とても感じのいい人。これから海鮮市場でお昼を食べてから空港に行くと話したら、食べ終わる頃に迎えに来ると約束してくれた。親切だな。

運転手さんの話によると、海鮮市場の2階食堂とびしまは大人気で、お昼どきは15分前後並ぶとのこと。「けっこう並んでいても回転が早いから大丈夫」というアドバイス。

行ってみたら本当にすごく並んでるーーー。50人ぐらいの行列でしょうか? 2階の入り口付近まで、列が続いていた。15分ぐらいで入れると聞いていなかったら、諦めて帰っていたかも。

2列に並んでゆっくり進む。店内一番奥にレジがあり、食券をもらって横のカウンターでドンブリの乗ったトレイを受け取る。大きな定食はお店の人が席まで運んでくれる。食器を下げるのはセルフ式だ。

ここのお店は、食べログで山形県の人気レストランランキングを見ていて見つけた。

なんと山形の総合ランキング一位です。とにかく驚くほどボリュームがあって新鮮で安いという評判。地元の人が行列をなしている。

行列している間、席で食べている人の食事を見ただけでビックリ! 立派な舟盛りが定食になってるー。しかもこの刺身舟盛膳が、たったの1050円。マジかいな。この日の刺身はほうぼうだった。

歌王は海鮮丼(特上)1050円を選んだ。私は限定品の「春UVセット」にする。なぜネーミングが春UVなのかは不明。

巨大なブリのカブト煮と、お刺身盛り合わせ、焼き鮭、小鉢、味噌汁、ごはん、おしんこつきで1260円!! やっす〜〜い。そんでもってこのカブト煮が、激ウマ。柔らかくて味つけがいい〜。

地方に行くと味つけが違って口に合わないことがよくあるけど、山形は味が合うね。というか何を食べても美味しい。海の幸も山の幸も新鮮で、素材の味が生き生きしている。

港の見えるカウンター席で私がUVセットをガツンガツン食べていたら、行列していた年配の女性に声をかけられた。「あの、恐れ入りますがこちらは何というメニューですか? とても美味しそうですね」と。しかし残念ながら、この日はもう私のすぐあとでUVセットは売り切れ。それを伝えると、おばさまは残念そうにしていた。

歌王の海鮮丼も美味しかったみたい。具がてんこ盛りですね。なんだかしらないけど歌王は刺身を手づかみで食べていた。多すぎて箸を使うのが面倒になったのだろうか。謎。そういうことは母に理由を聞いてはいけないので聞けない。そしてあとで「手づかみで食べていたよね」と言うと、「手づかみでなんか食べてない」と絶対に言う。

食べ終わり、お膳を下げて、1階の売店で少しお買いもの。鮮魚がっ、めちゃくちゃ安いーーーー。あんこう鍋セットがジャンボパックで780円!!!! 衝撃的・・・。4人分はあるよ。

しかしここから持って帰るわけにはいかないので、焼き魚だけ少し買った。ああ〜〜〜〜。東京でほとんど見かけないような魚も、活きのいいやつが揃ってた。羨ましい。

タクシーに乗り、運転手さんに「焼酎のおみやげを買えるところに寄ってもらえますか」とお願いしたら、山居倉庫(さんきょそうこ)に行ってくれた。ここは「おしん」で有名な米穀倉庫だったところで、今は観光地化している。

地元の野菜やお酒を売っている棟に入り、弟のおみやげに焼酎を2本。新鮮なタラの芽がものすごく安く売っていて、これもゲット。10個入りで230円ですよ。東京だと、3個入りで300円ぐらいしませんでしたっけ? 家で天ぷらにして食べたら、新鮮だから繊維が硬くなってなくて柔らかかった。風味極上。

赤紫蘇のような不思議な色のアスパラも買った。これもものすごく美味しかった。こんなに美味しいなら他の野菜ももっと買ってくればよかったなあ。

参考情報として、海鮮市場から山居倉庫へ寄り道経由で庄内空港まで行って、タクシー代は5千円でした。寄り道しなければ4千円ぐらいだと思う。時間は20分ぐらいです。

途中、桜が満開できれいだった。最上川の白鳥も、遠くに小さく見えた。

14時発の飛行機で、羽田へ。あっという間に着く。山形は意外に近いのかも。ぜひともまた行きたい。

夏はいさごやさんの目の前で、海水浴ができるんだそうです。きれいな海だから、そういうのもいいね。皆さんにもお薦めします! 山形イイ!

| | コメント (2)

山形県酒田市、土門拳記念館。

Dsc0903301
Dsc0902605
Dsc0903007
延々と松林の中を通り抜けて、タクシーで30分ほど走る。目的地は酒田の土門拳記念館。(←フラッシュが開くページです。びっくりしないでね)

土門拳は、言わずと知れた日本を代表する世界的な写真家。仏像や寺院を撮影したライフワーク、「古寺巡礼」が一番有名でしょう。

またこの記念館自体が魅力的で。建物の設計が谷口吉生。入口前の銘板と、内部に展示された土門拳の年譜、チケットとポスターのデザインが亀倉雄策。中庭の彫刻がイサム・ノグチ。「流れ」と題された奧の庭の設計が勅使河原宏。「拳湖」と記された銘石は草野心平の筆。

そんな人たちの名前を聞くと、ミーハー心がうずきます。湯野浜から酒田へ行くには、空港を一度通り越して行かなくてはならないので、旅としては効率が悪い。けれどもここだけは、どうしても行きたかった。

広大な公園を奧に進み、湖のほとりにその建物を見ただけで、ガーンと心を打たれた。かっこいい。やっぱり来てよかった。まだ入館もしてないのに、そう思った。

ちなみにタクシー代は、湯野浜温泉から土門拳記念館までで5千円。ご参考までに。空港からならば、バスが出ています。

バリッとしたコンクリート打ちっ放しの建物の中に入ると、ぐるりと回廊に陽が射して意外に明るい。中庭のせせらぎと、周囲の緑の木々も美しく目に映る。

この中庭のイサム・ノグチの彫刻、「土門さん」というタイトルなのだ。せせらぎの流れる石段にボーンと立ってる石が土門さんっ。芸術的だなー。

感心して歌王に、「ほらこれが、有名な芸術家のイサム・ノグチが作った彫刻だよ。土門さんなんだって」と話しかけたら無視された。親子の呼吸で読み取ると、「意味ワカンネ」という返事だったと思う。

勅使河原宏が作った奧の庭は、まさしく感動的。「流れ」とは、よくぞ題したものだ。美しい流れが永遠に続くような空間を作り出していた。この時も場所も、過去から続いていて、これから永遠に流れが続くんだな。

またしても歌王に挑む。「この部屋の奧の庭、勅使河原宏が作ったんだって。とても見事だから見てきて」。すると歌王は、部屋にある写真パネルだけを見て出てきた。うーむ、これは、「興味なし」という意味だな。手強い人だ。

土門拳の作品の展示は、「室生寺」と「こどもたち」の二つのパート。

「こどもたち」は、昭和20年代の東京の子どもたちの遊びを写したもので、ちょうど歌王と同世代の人たちが被写体だ。紙芝居、まりつき、ゴム跳び、相撲などの遊びの光景が躍動感いっぱいに写されていた。

歌王は何度も「懐かしい」と言い、ときに声をたてて笑いながら見て回っていた。よかった、楽しんでくれて。歌王もちょうどその頃、東京の子どもだったのだ。

奈良の「室生寺」は、土門拳が最も愛したといわれる寺。四季折々の景色と、迫力ある仏像の写真が、大きなパネルで展示されている。

なるほどな。自分の目で見るよりも、仏像の見方がわかる気がした。寺という場所の濃密な空気感も伝わってくる。面白い。時代的な違いもあるのだろうか。今の時代のように軽い空気ではない。特別な気品を感じる。

けっこう感動して、写真集を買ってしまった。重いけどがんばって持って帰るぞー。

ここの売店の人も受け付けの人も、みんな優しくて親切な人ばっかりだった。山形の人はいい人だ。

(もっとつづく)

| | コメント (0)

2008.04.18

湯野浜温泉、2日目。テーブルから落ちそうなほどの朝食。

Dsc0899101
Dsc0897120
翌朝は5時ぐらいに目が覚めた。カーテンを開くと、少し明るかった。ひょっとして良い天気になるかも。

朝食前に、一風呂浴びる。前日と違うほうの大浴場に入れる時間だ。庭園の見える「月水湯」。またまた貸し切り! ちょうど私が上がった頃に、お客さんがボツボツ来ていた。(6時過ぎぐらい)

写真左側の桶型のお風呂に「源泉掛け流し」と書いてあった。この湯船だけ掛け流しなのかな? 湯加減も良く、湯ざわりが気持ちいいー!! 海は見えないけれど、こちらの大浴場もマストだね。ミストサウナも、こちらだけにある。

部屋に戻ると、まだ6時半。前夜、朝食の時間を8時半で予約していたのだけど、ワガママ言って早めてもらった。

Dsc0898201
Dsc0898606
Dsc0898302_2
朝食もまた、テーブルから落ちそうなほどどっさり届いた。

朝は白米の美味しさを敏感に感じられる。ふつうのごはんと、おかゆと、両方ともおひつにいっぱい来た。さすがに食べきれなかった。この私が。

おかずもすごい。朝からお刺身がついた。山盛りいっぱいのサラダ、漬け物、鱈の醤油づけ焼き、もずくの味噌汁、山菜煮、白菜と卵の蒸し物、地元で取れた岩のり、そして大量のハムエッグ(笑) ジュースと牛乳とフルーツも!

これは夕食だとしてもちょっとした豪華な和食の御膳だよ〜。この宿はほんとにすごいな。わたしゃー幸せだよ。

食後、また部屋の露天風呂に入浴♪ いいお天気になったわ! 晴れた海と空を見ながら、貸し切りで露天風呂だなんて最高だね。
Dsc0897902
お風呂上がりに、歌王が前夜にオーダーしておいた、おみやげの温泉饅頭を食べた。おみやげ用なんだけど、蒸かしたてでアッツアツだったから、思わず開けて食べちゃったの〜〜〜。とても美味しかった。サラッとしたこしあんで上品。甘いものが苦手な人でも食べられそう。

いさごやの真裏に、創業100年の温泉饅頭のお店があるんですって。忠三郎。毎朝3時から作ってるって書いてあった。

前日の夜8時までに仲居さんに頼んでおくと、チェックアウトの時間に合わせて蒸かしたてを届けてもらえるの。いいサービスだわ。ウチは4箱買いましたっ。

10時半にタクシーを呼んでおいてもらった。チェックアウトすると、タクシーまで荷物を運んでくれて、車が去るまできちんとお辞儀して見送ってくれた。

こういうのって、たまにやってもらう機会があるけど、いつもは「形式的にやってるな」というのがアリアリだったりする。いさごやさんは、心を込めて見送ってくれた感が伝わってきたわ。うれしい。やっぱりまた来たい。

(さらにつづく。土門拳の話にたどり着かなかった(笑))

| | コメント (2)

2008.04.17

山形県湯野浜温泉、一日目。超オーシャンビュー♪

Dsc0892618
Dsc0892716
Dsc0891802
ただいま! おとといの夕方、帰ってきました。

山形県の湯野浜温泉に行ってきた。ちょうど北の方位が良い日取りで、東京の私の家から見てまっすぐ北にあるというだけで、この場所を選んだ。

方位の良い旅行は楽しくて良い旅行になるとよく聞きますが、全くその通りの良い旅! 景色も温泉も部屋もお料理も良く、旅館の人をはじめ、出会った人がみんな良い人たちだった。

一緒に行った歌王(母)も、いたく気に入り、「毎年来よう」と言っていた。毎年かどうかはわからないけど、ぜひまた行きたいと思ったわぁ。

私たちが選んだ宿は、游水亭 いさごや

部屋に案内されると、ホームページの写真で見たとおりのきれいなお部屋! こういうのってホームページよりも実物はちょっと劣ることが多いものだが、全く失望感がない。むしろ感動。

右から左まで180度のオーシャンビュー。一室しかないスイートルームを3ヶ月前から予約していたの♪ この部屋にだけ、露天風呂がついているのだ。

場所は、庄内空港からタクシーで10分ほど(約1200円)。ここは鉄道で行くよりも飛行機で行くほうがずっと安くて便利。楽天トラベルのANA楽パックなら、交通費・料理・宿泊全部合わせて一人5万円で行ける。(シーズンオフの場合)

めっちゃお値打ちじゃないですか? 最初は群馬・長野方面で探していたのだけど、そちらは料理・宿泊だけで一人5万円でしたよ。交通費をプラスすると7〜8万円になる。遠くても山形まで行ったほうが安くて部屋も広いし料理が美味しいのではないかと!! 

一泊だけでも、十分に満足の行く内容だった。

到着してすぐに、大浴場へ。海の見える「吟水湯」と、庭園の見える「月水湯」がある。時間制で男女入れ替え。朝の4時にチェンジになる。

到着した日は、女湯が海の見える「吟水湯」だった。まだ誰もいなくて貸し切り。全く海しか目に入らない。スゴーイ。絶景。周囲は静かだし、泉質も最高。お肌がツルツルになるのみならず、筋肉まで浸透して、しっとりと全身が柔らかくなった。温泉力。

お湯から上がり、売店で買い物し、ラウンジでラ・フランス・ソフトクリームを食べる。ソフトクリームというよりシャーベットだった。美味しい。歌王が食べた、ずんだ・ソフトクリームも美味しかったようだ。

部屋に戻ると、部屋担当の仲居さんが挨拶に来た。夕食についての説明を受けて、リクエストをいくつか出す。ここは料理自慢の宿。海鮮を中心に、山形の美味しい旬のものを食べられるらしい。クチコミでは、食べきれないほどの量という評判。期待いっぱいです♪

夕飯までの間に、エステを予約した。ホットストーンセラピーというものを初めて体験した。担当のお姉さんが優しくて、すごく癒された。おっとりしていて非常に純粋な女性。東京にはこういうタイプの人、いないなあ。

ホットストーンセラピーは石の感触が心地よく、思っていたよりずっと良かった。また機会があればやってみたい。

Dsc0888703
6時に部屋に戻ると、ちょうど夕陽が今にも落ちそうになっていた。リクライニングチェアでうたた寝をしていた歌王が飛び起きて、「あっ、お前が帰ってきたら急に夕陽が出てきた! 今まで曇っていて見えなかったのよ」と叫んだ。

まさにあと5分というところで、雲が途切れて夕陽が見えた。この日は朝から雨が降っていて、夕陽は見れないのではないかと思っていたのだ。奇跡的にラッキー♪ 湯野浜温泉は、夕陽が美しい町というのが看板になっている。

Dsc0893019
Dsc0894915
Dsc0895805
お楽しみの夕飯は、7時を指定した。本当は和室の卓で食べるようになっているのだが、お願いしてリビングルームのテーブルにしてもらった。

聞きしに勝る、ものすごい量。テーブルから落ちそうなぐらい料理が届いた。しかも質も素晴らしい。

尾頭つきのお造りは、黒ソイ、アジ、ヒラメ、ウニ、車エビ、小鯛。超新鮮!! 舌に吸いつくようなしっとりした身の柔らかさ。歯にシコシコと当たる弾力の良さ。潮風のように爽やかな香り。最高に美味。

メインはアワビ料理。刺身、踊り焼き、酒蒸しの中から一つ選べる。私は酒蒸しを選んだ。アワビなんて高級な料理は、ほとんど食べたことがない。

ガーン!! と思うような美味しさだった。アワビってこんなに美味しいものなんだ。知らなかった。柔らかマイウー。

あまりに美味しくて、あとでお腹が痛くなるとか、お財布を落とすとか、何かバチが当たるんじゃないかと心配してしまった(笑) そういうことは全く起きなかった。フー、よかった。

他には、ブリしゃぶ、桜鱒のアスパラ巻き、山形牛ステーキ、蛤潮汁など。ステーキは一口サイズのサイコロステーキが3個ついているが、お肉をいっぱい食べたいので追加で150gのステーキをお願いしておいた。たしか2600円だったと思う。こんな美味しいお肉がファミレスみたいなお値段で(感涙)。

当然ながら、庄内米を山形の美味しいお水で炊いた白米も絶品。おひつが空になるまで全部食べ尽くしたわよっ!!

デザートのフルーツ&アイスまで手作り。このお料理だけで一人2万円分ぐらいの価値があるんじゃないかなあ? 

大満足で大満腹。
Dsc0901104
Dsc0885812

一休みして、部屋つき露天風呂に入った。バスルームは内風呂の檜風呂もある。シャワーブースつき。さらに、洗い場もあり。ゆったりしてる〜。

露天風呂は一日中お湯が満たされている。夜は外気が冷えるので、湯温も少し下がり気味。湯船の脇に説明書きがある通り、お湯の赤い栓を開いておくと、10分ぐらいで熱いお湯になる。

露天風呂で潮風に当たり、檜風呂で檜の香りに癒されて、心も体も溶けだした。

珍しく、12時前には寝てしまった。

(石丸謙二郎の声で→)明日は土門拳記念館と、酒田の海鮮市場へと参ります。(つづく)

| | コメント (2)

2008.04.13

山形の温泉にいってきます。

Dsc0866217
明日の月曜日は、歌王(母)と二人で山形県の湯野浜温泉に行ってきます!

温泉にゆっくり浸かって、美味しい物を食べて、一泊だけして帰ってきます。

メールのお返事が遅れると思いますが、ご了承くださいませ。

ではではー、いってきます。

| | コメント (0)

2008.04.12

音の小さいタイマー。

Dsc0877901_2
最近、ワジョルームの備品を密かに少しずつバージョンアップしてるんですよ。

1月にソファを変えたのを筆頭に、3月にカーペットを交換、つい先日お守り石のセレスタイトを新調、そして今日はデジタルタイマーを新しくしました!

ボイトレのあと、表参道を歩いていて見つけたの。プラスマイナスゼロの新商品よ。

2.5R Design Conceptというコンセプトで登場した4種類のうちの一つ。

アナログ目覚まし時計、温度計、デジタル時計、そしてこのデジタルタイマー。色はそれぞれ、白・黒・黄緑、グレーの4種類があり、デジタルタイマーだけグレーがないみたい。

2.5Rという数字は、このシリーズの角Rがすべて2.5mmだからなんですって。ふと手に触れるとき、アタリが優しい。表面にシボ加工がしてあり、なんとなく手ぬぐいみたいなぬくもり感。

このタイマーの一番気に入った点は、音が大きくないところ。

今まで使っていたソルターのキッチンタイマーは、デザインは大好きだったのだけど、音が大きいのが難点だった。なんとか小さくならないものかと、音の出る穴をセロテープでふさいでみたりしたけど効果なし。だめだった〜。

新しく買ったタイマーは、少しあたたかくて柔らかい印象の電子音。音量が小さめで、音が鳴ってもあんまりドキッとしない。こういうの、ずっと探していたんだ〜。手相を見はじめたときから、5年ぐらい探したよ。やっと見つけた。

タイマーって、デザインは選べるけど、なかなか音までは聞けないから、イチかバチかで買ってみるしかないんですよね。

音の小さいタイマーって、必要としている人もけっこう多いと思う。これを売りにする商品があってもいいのにねーって、思ってた。プラスマイナスゼロのタイマーも、特に音の柔らかさを売りにしてるわけではない。もっとPRしたらいいと思うなあ。どうでしょう?

今回とりあえず白を買ってみた。全色買ってしまいそうな勢い。仕事上、何個か持っていないと、困るときがあるんです。

シンプルな商品て、世の中にはいっぱいあるんだけど、シンプルで安っぽくないデザインはあまりない。プラスマイナスゼロの製品は、そこんとこうまく折り合いがついている品物が多く、お気に入りのブランド。加湿器が有名ですよね。

やまとひめさんもお好きなんです。持ち運びのできる8インチテレビを、長年愛用している様子。いつも寝っころがってこのテレビを見ています。お笑いとか。

現在、「ブラックカラーの商品を5250円以上お買い上げの方に新発売のカードケースをプレゼント」というキャンペーンをやっていましたよ。(4月30日まで)

±0 AOYAMAは、店内奧に実はカフェがあるというのもお楽しみ。吹き抜けがあり、なかなか気持ちのいい場所です。

お散歩ついでに寄ってみてはいかがでしょうか。以前、紀伊国屋スーパーがあった場所(現在はBLENZコーヒー)の左横の路地を入って2軒目の建物です。

| | コメント (0)

2008.04.11

雨の日はおでん。こなから青山店。

Dsc0874601
Dsc0874509Dsc0874802
Dsc0874903
Dsc0875106
Dsc0875208
Dsc0875404
Dsc0875905
Dsc0876007
去年(2007年)の11月にオープンした、こなから青山店に行ってきました。

紀伊国屋インターナショナルの右横の細道をまっすぐ90メートル、右手側。ウッディな外観に、輝く赤提灯が目印。おしゃれですなー。

店内はこんな感じ。33席の、ほどよいスペース。木目と布地の和の風合いを活かした、モダンなインテリア。初めて訪れたのに、ふぅっと息が抜けるような居心地のよい空間でした。

ぐるなびのページに写真のある、「お得な3800円コース」というのを今回は予約しておいていただいた。連れてってくれた新井さん、ありがとう!

どうですかっ。なかなかボリュームあるでしょう。

小鉢、酢の物、お刺身、焼き物or揚物、茶碗蒸し、おでん4品、お食事(うどん)、デザート。全8種です。

ア〜ンド、追加で、おでん6個! さらに、青山店だけで食べられる、だし茶漬け。よく食べたー。満腹です。

前回、お茶の水本店でいただいたときから、ずっと忘れられずにいた味がある。全部が美味しかった中、はんぺんとたまごの美味しさは格別だった。

もちろんその二種類はいただいた。あー、やっぱり美味しい。二度目でも感動が薄れない。

ほかにいただいたのは、糸こんにゃく、大根、関東すじ、ちくわぶ、いわしつみれ、餅きんちゃく、鶏スパイスつくね、京ゆば、たまご、青丸さん、自家製はんぺん。

あれっ? 他の人の分まで食べてるわ。今気がついた。皆さんごめんなさいcoldsweats01

どれも本当に美味しい。なんとなく、本店よりも出汁がサッパリしてるかなあ? 軽快な味わいで、一皿ごとに出汁を全部飲み干しても最後まで飽きない。

極めつけは、だし茶漬け。こなからの出汁に、美味しい白米。海苔とあられ。トッピングは梅・昆布・明太子・高菜・鮭の中から2種類選べる。私は鮭と梅をチョイス。本気でウマイ! 

だし茶漬けって、だしが濃すぎて魚くさいのもいやだし、調味料で味がついてても、なんか納得いかないと思ってたんだ〜私。

どんこ椎茸の軸と、鰹節と鯖節。味つけは塩だけという、こなから独自の透明なだしだからこそ、こんなに美味しくなるのですね。

お茶漬けのあとに、コースに含まれた胡麻だれゴマすり出世うどんが来た。小さいすり鉢で、白ごまを自分で好きな加減に擂る。そこへサラッとした胡麻だれを注ぐ。

そのたれに、冷たいうどんをつけて食べる。さっぱりして美味しいーーー。トッピングのキュウリとミョウガもよく合ってるわ。

とどめはデザートの、ふわふわミルクプリンの黒蜜がけ。これも素晴らしい。このプリンだけでも食べに行きたくなるぐらい美味しい。

かなり満足度の高いお食事でした。本店はカウンターのみですが、こちらはテーブル席もあるし、一人で行ってカウンターで食べても全然いい。

予約したほうが良いですが、空席があれば入ることもできそうです。たとえば今日の遅い時間には、空きが少しありました。

夜23時まで営業! こなからは元気です!

| | コメント (4)

2008.04.08

天国はこの石でできている。

Dsc0870401
ワジョルームのお守り石、セレスタイトを新調しました! 

ラテン語で「天国のような」という意味の名前を持つ、この石。天国はこの石でできているという伝説があるのだそうだ。

石言葉は、博愛、休息、円満、喜び、目覚め、など。喉のチャクラを活性化するともいわれ、コミュニケーションを活性化してくれる。

まさにっ、皆さんの幸福な未来についてお話をするワジョルームに相応しいとは思いませんかっ!!

石言葉など知らずに入手して、あとで調べたらそういう意味があり、あまりにドンピシャで感動したの。

「いつかお部屋が持てたらこの石を置こう」と思い、自宅にしまっておいたセレスタイト。ワジョルームをオープンするとき、お部屋の真ん中にジャジャーンと置いた瞬間、「ああ、夢が叶ったんだな」と思った。

そんな初代セレスタイトが、そろそろ休みたいと思ってる雰囲気を醸し出していることに、うっすら気づいてしまった。

なんだか色もドンヨリ灰色っぽくなってきちゃったし、キラキラオーラがあんまり出てないもん。ごめんね、いっぱい働いてくれたんだね。

かといって特にいつ新しいのを買いに行こうだとか考えていなかった。しかし必然的にというか、ちょうどいいタイミングで知り合いのツテから、格安でセレスタイトのクラスターを手に入れることができた。うひょー、やっぱり必要なものは巡ってくるのね〜〜〜。

新しいセレスタイトは前のよりも丸っこくて外側がガシっとしている。形がちょっとハート型っぽい。内側は、見事な薄い水色の結晶がゴロゴロ。美しいなあ。こんなきれいな石と、ご縁があって嬉しい。

セレスタイトちゃんのご活躍で、ますますワジョルームは浄化されまくり、居心地のいい空間に進化していくことと思います! 実際この石を置いてから、「居心地のいいお部屋ですね」と言われる回数が激増しましたよ。ワーイ!

この石、私はかなり好き。ブレスなどの石は、そのときによって好きな石が変化していくものだけど、お部屋に置く石はセレスタイト以外は今のところ考えられないと思うほど好きです。

お部屋の浄化にはイチオシ! コミュニケーションの場のほかにも、寝室の枕元に置くと啓示的で幸せな夢を見ることができると言われているようですよ。

なかなか町場の店頭では見かけませんが、ネットで探すと売ってますね。この石なんかも良さそうな感じ。よかったらおひとつどうぞ〜。

| | コメント (8)

2008.04.05

フォーシーズンズホテル椿山荘で、お花見&スパ。

Dsc0867002
Dsc0864805
Dsc0864104
Dsc0870101
フォーシーズンズホテル椿山荘東京に行ってきましたあああ。

なんとなく色んなホテルのホームページを見ていたら、【ホームページ予約限定!】「レディススペシャル」~おひとり様¥10,000のホテルクレジット付~っていうプランを見つけちゃった。

通常のレディスプランだと、宿泊プランが同じ値段でホテルクレジットが¥5,000円になってる。今なら5千円分お得!

しかもスパエリア(プール・温泉・フィットネス)の利用も無料。なかなかお値打ちなんでないかい。ちょうど桜の季節だし、庭園でお花見散歩もできるかも〜♪ てな勢いでポチっとな。

ここに泊まるのは初めて。以前、友だちが近くに住んでいて、一緒にお茶しに行ったことがあるぐらいかな。

ホテルのお隣の椿山荘は、子どもの頃に父の会社の家族招待の宴会で何度か連れてってもらったことがあった。

ちょうちんの形のアイスクリームを食べるのが楽しみだった。今もあるんだろうか? あったら奇跡!! 30年以上前の話だもの!!

いつもホタル狩りの季節に連れてってもらい、庭園を一周歩いた。ホタル狩りの季節はギューギューの満員で、隣の人の洋服にホタルがくっついてるのが見えるだけだった。その洋服のホタルを捕ってきて、家の庭で放すのが風流だったんでやんす。

ホテルの人に聞いたら、今もホタル狩りは5月末頃にやっていて、やっぱりギューギューで前の人しか見えないほど混んでるんだって。「ホタルは年々少なくなっているので、いなくならないうちに見たほうがいいですよ」とも言っていた。

桜の季節もすごい人出で、ちょうど三日ぐらい前までは入場制限しているぐらいだったんだそうだ。ちょうど空いてきて、まだ桜も咲いていて、いい時期に行ったわ。

本当は早めの時間に着いたら、桜アフタヌーンティーっていうのをいただくはずが、寝坊のため行けず。とりあえず庭園を散歩してみる。

子どもの頃は、どこまで続くんだろうかと思うほど広いと思ってたのに、今行ってみると案外小さかった。そんなもんだね。過剰なほど成長したしな。

しかし考えてみたら、ホテルが建ってるところも全部庭園だったから広かったのかな?

椿山荘の庭園は誰でも出入り自由。近所の人が大勢きていた。出入り口でおみやげものまで売っている。

まだ桜は散り始めで、十分に花を咲かせていた。皆さん、まだ間に合いますよ!

散歩のあとは、プールで泳いで温泉に入る。ここのスパって、伊東から温泉を運んできてるんだって。知らなかった。トロッとして、なかなか本格的な湯ざわりでしたよー。

湯上がりの体にバスローブを着てトリートメントのスペース「悠 YU, THE SPA at Four Seasons」に移動。ホテルクレジットが1万円分もあるから、思い切ってエステを予約したのだ。ここのエステは評判が良くて、ずっと前から気になっていた。

センスの良い雰囲気に、期待が高まる。個室広い!! 8畳分ぐらいあるのかな。こんな広いエステ部屋は初めてだ。ベッドも広めで、いつもは腕がはみ出てしまう私の体も、ゆったりと身を預けることができた。

担当のお姉さんはまだ若いようにお見受けしたが、技術は抜群。深くリラックスして、体の芯まで浄化された感じがする。

最後に一口分のフルーツとハーブティーが出る。とても満足がいき、勢いで販売コーナーでアロマキャンドルとスパ用のBGMのCDも買ってしまった。

お部屋はスーペリアキング・シティービュー。遠くには六本木や東京タワー。真下にプールが見える。2枚目の写真の、水色のところがプール。今空いてるかどうかわかりやすくていいね。

プールのオモテの庭に、滝と並んで露天風呂がある。上から覗いてたら、おばさんが冷たい池に入っているように見えてビックリした。行ってみたらちゃんとジャグジーになってて、あったかいお風呂でした。小さな木に小鳥が飛んできたりして、いい感じだった。

夕食はお部屋でルームサービス。このディナーもプラン特別料金で、お安くなってる。通常5900円のメニューが5000円、だったかな? 思ったよりボリュームもあって、満足できた。足りなかったらハンバーガーとか頼んじゃおうかなーなんて思ってたんだけど、頼まずに済みましたっ。

生ハムとピクルスの盛り合わせの前菜と、メインがローストチキンとポテトグラタン。それにパンの盛り合わせ、プチガトー、紅茶がついている。

ルームサービスだから原始人みたいに手づかみで、やりたい放題やっちゃった。 ローストチキンはお皿を指でなめるほど美味しかった(笑)

そのあと部屋に備え付けのミニコンポで、スパで買ってきたCDを聴きながら、2冊の雑誌と1冊の本を読んで夜を過ごした。本に集中できていい。家だといつも、テレビの録画見ながら何か食べながらネットしながらメールの返事書きながら本を読みながらお肌の手入れしてるから忙しいんだよー、私。

明け方にお部屋のお風呂に入ってから寝た。アメニティはロクシタン。お部屋のお風呂も、シャワーブースつきで、浴槽が大きくて全身ゆったり沈めることができていいわね。

バスローブは、事前に連絡して一番大きいサイズのものを用意しておいてもらった。すっぽり入ったぞ! 嬉しい。フォーシーズンズは外人のお客さんも多いから、大きいサイズを用意しているようだ。

お昼前に起きてチェックアウト。そのまま自由が丘へ向かい、ワジョルームに着いた。スッキリした気分でお仕事!

ワジョルームに着いたとたん、倭姫さんが一言。「ふわ〜、やっぱり自由が丘は落ち着くねぇ〜。ワジョちゃん!」 ま、ま、そりゃそうだけど、たまにはお外もいいじゃない? またどこか泊まりに行こうね、お姫さま。

| | コメント (2)

2008.04.03

ちょっと出かけてきます。

Dsc0860902
ご予約調整中の最中だというのに、シティホテルのレディスプランを予約してしまいました。

今夜、ちょっと一泊してきます。

リフレッシュして、また元気にお会いしまーーーす!

メールのお返事が少し遅れますが、すみませんご了承ください。

明日金曜日は午後からお仕事して、夜には家に帰ってきます。

| | コメント (0)

2008.04.02

携帯からのお申し込みについて。

Dsc0862001
きのう自分でテストしてみてわかったのですが、今使っている予約フォームは携帯電話からのアクセスだと、正しく申し込みができないようです。

今の時点では、携帯でも申し込めるようになるのかどうか、可否を含めてわからない状況です。申し訳ありませんが、しばらくお時間をください。

PCからお申し込みいただいた方には、昨日「ご予約のお申し込み、ありがとうございました!」という表題のメールを全員にお送りしてあります。

予約の申し込みが完了したのに、私からメールが届いていないという方は、お手数ですがメールでご連絡くださいませ。

なにぶん、コンピュータに詳しくないもので、いろいろとお応えしきれず申し訳ありません。どうぞご容赦いただけますと幸いです。

| | コメント (0)

2008.04.01

定員に達しました。ありがとうございます!

Dsc0842614
5月分のご予約が、定員に達しました。皆さまどうもありがとうございます!
おかげさまで今回は30分で満員でした。

次回の予約受付は、5月1日(木) 夜23時〜の予定です。
どうぞよろしくお願いします。

今回のご予約は、「赤ちゃんを連れていってもいいですか?」と質問なさる方が多かったですね。

赤ちゃんは大歓迎です! どちらかというと、連れてこれるなら連れてきてほしいとお願いしたいほど。赤ちゃんのピュアなオーラに触れると、私も幸せな気持ちになれるのでheart04

赤ちゃんが泣き出すと、「授乳してもいいですか?」と仰る方もよくいらっしゃいます。実は赤ちゃんとご一緒の方は、カウンセリング中にほとんどの方が授乳なさっています。全然気にしないで大丈夫です。

スペース的には狭いですが、おむつ替えもしていっていただいていいですよ。ただ、ごみ出しがあまりできないので、替えたおむつは持ち帰っていただくことになりますが、それでよろしければ。

では今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (5)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »