« シミ、黒ずみ解消にチャレンジ中! | トップページ | 伊勢にいってきます。 »

2007.08.23

キッチンスタジオ ペイズリーで、夏のスパイス料理10品コース。

Dsc0713607
Dsc0713901
Dsc0714702
Dsc0715408
Dsc0715203
Dsc0715704
Dsc0716009
Dsc0716210
Dsc0716511
Dsc0716905
Dsc0717006
武蔵境のキッチンスタジオ ペイズリーで、お食事をいただいてきた。

この前も少しお話したように、ペイズリーは私が前にインド料理を習っていた教室。インド・スパイス料理研究家の香取薫先生が主宰する料理教室&一日二組限定(ランチ一組、ディナー一組)のレストランなのだ。

このレストラン、とにかく特別に美味しいのは確実なのだけど、私の住む大森からはやや遠いというのと、メンバーを少なくとも4人集めないと予約できないのが理由で、なかなか行く機会を作れずにいた。やっと二度目の訪問です。

今回は、香取先生の旦那さんである新井由己さんが、仲間内の食事会に招待してくださったのだ。ありがとうございます!

武蔵境の住宅街をさまよい、開始時間の19時ちょうどに到着。テーブルには既にほとんどの皆さんが着席していた。総勢8名。

いずれも美食道を極める方々で、日本全国を食べ歩くことはもちろん、海外へも身軽に行き本場の味を確かめ、自宅の庭では市販されていないようなハーブを育て、保存食や調味料にも尽きることのない探求心を持ち、とにかくいかに美味しい物を食べるかということに真面目に取り組んでいるという印象だった。

濃ゆい! 私なんてさー、ほんと薄い人だなって思いました。最近全然料理なんてしてないしね。ハハハー。

さて今夜のコースは、旬のおまかせスパイスコース(10品)5250円。

写真上から、
1)前菜3種。ハスのパコラ(インド風てんぷら)、ベイガンボッタ(茄子のスパイス焼き)、パパド(薄焼きお煎餅)
2)ガラムマサラの材料になるスパイスをその日に合わせて調合。乾煎りしているところ
3)ガラムマサラを石ミルでゴリゴリ
4)本日のガラムマサラが完成! 
5)ズッキーニと枝豆のスープ
6)アールチャート。インドの屋台おやつ
7)タンドリーフィッシュ。カジキマグロです。上に乗ってるのはマンゴー。
8)いんげんのゴマ味サブジ。ライスの上に乗ってます
9)3種のカレー、プーリ添え。丸くふくらんでるのがプーリ。カレーは、アールーパニスタイル(じゃがいもカレー)、キーマカレー、ゴーヤのマサラポリヤル。
10)エビカレー ケララ風、レモンライス添え。
11)スパイスゼリー

前菜を食べているうちに、スパイスの香ばしい香りがクンクン匂ってくる。すぐ横で、本日のガラムマサラの材料を乾煎りしているからだ。

ほんの少しの火加減で味が全く変わってしまうので、手でザラザラと煎って加減している。焦げそうになったらちょっと横に回したり、考えながらやるのだそうだ。

熱々のスパイスを石ミルでゴリゴリ擂る。ものの数分でスパイスは粉状になる。もうその頃には部屋はスパイスの良い香りで満たされている。この匂いだけでも健康になれそうよ。

ガラムマサラは各自に配られ、どの料理にも好きなようにかけて食べることができる。残った分は、おみやげに持って帰れる。

ズッキーニと枝豆のスープが来た。おおお、この味! 香取薫の味だよ〜〜〜。久しぶりだなああ。さっぱり薄味のスープに、クミンの良い香りが引き立つ。夏らしいスープだ。

続いて、アールチャート。これはインドの屋台おやつ。キュウリ、もやし、ナッツ、香菜、豆類などが、小さいダイス状に形を整えられ、スパイスと酸味をほどよく効かせてまぜまぜしてある。

美味しい! なんて美味しいんだろう。食感も香りも素晴らしい。爽やかな味わいに心を洗われる。これは毎日食べてもきっと飽きないなあ。

そしてタンドリーフィッシュ。本日はカジキマグロです。ヨーグルトとスパイスに漬け込んだ魚に、マスタードオイルをかけて焼いたもの。上に乗ってるマンゴーも熱いです。

漬け込み効果のせいか、身がしっとりと柔らかくなっていて、中まで良い味が染み込んでいた。ガラムマサラを振りかけると、更に美味。御馳走だね。

いんげんのゴマ味サブジ。アーーーーッ! なんという旨み、甘み、スパイスみ。めっちゃくちゃうまい。この味は一体どこから来てるのかねぇ? トマト味のベースの煮込み具合ですかねぇ。野菜の甘さが十分に引き出されていて、心から美味しさに感動した。

更に、3種のカレー、プーリ添え。プーリは全粒粉をこねた生地の揚げパン。サクッと軽く揚がっていて食べやすい。もちろん揚げたて、アツアツ。

アールーパニスタイル(じゃがいもカレー)は、家庭風の優しい味。キーマカレーは、さすがの深みとコク。ゴーヤのマサラポリヤルは、ゴーヤのワタまで使って調理。ワタってこんなに美味しいのね。ゴーヤの苦みとスパイスの風味が合わさって、ピリリとほろ苦、やみつきになる味。

最後のカレーは、ケララ風エビカレー。香取先生が、南インドのホテルで有名シェフに教わってきたカレーなんだそうです。

ひゃわわわわわ!! 美味っしい〜〜〜!! またまた感動の嵐。ココナツミルク風味がまろやかで、スパイスの風味が深くて、さっぱりしたレモンライスとの相性抜群。このライスだけでもドンブリ一杯いける(笑) 本当に美味しいわぁ。

最後にデザートのスパイスゼリーと、あったかいチャイ。ゼリーにシナモンがズブリと刺してある。このデザート、甘さよりもピリっとした辛さが目立つ。いいお味。口の中がスッキリする。

チョコレートとフェンネルを頬張って、全コース終了。満たされたー。なんだかんだと食べ物談義をしつつ、3時間も食べていた。あっという間だった。

最初から最後まで、手抜かりない心配りを感じる料理。素材選び、手順、盛りつけ、すべてにごまかしのない、完全なる手料理。こんなに心のこもった、手間のかかる料理を出すお店、なかなかないと思う。しかもこんな良心的なお値段で。

いつも思うのだけど、香取先生の料理は、味が良いというだけで話の済まない馥郁たる味わいがある。何よりも食べる人の心を満たし、体をいたわることを考えて作っているのだなあと思う。その気持ちが、体のすみずみにまで行き渡る。愛をありがとう!と叫びたい。

インド料理というイメージだけで食べに行くと、スパイス使いの巧みさに驚かされることでしょう。これは単なるインド料理ではない!と思うはず。香取流スパイス料理、美味なる薬膳コースと言ったほうが近いかな? とにかく言葉や既存の料理店の枠では語りきれない料理。

ワジョリーナ特選のレストランです。大切なお友だちと、ぜひ行ってください! 圧倒的な自信を持って、お薦めします。きっと誰もが元気になれますよ(^^)

|

« シミ、黒ずみ解消にチャレンジ中! | トップページ | 伊勢にいってきます。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シミ、黒ずみ解消にチャレンジ中! | トップページ | 伊勢にいってきます。 »