« あしくん | トップページ | ボイトレ学校の皆さんと、「インカ・マヤ・アステカ展」へ。 »

2007.07.27

SpitFunkオトノワライブ第五夜@目黒BAJ

Dsc0698501
Dsc0699102
目黒ブルース・アレイ・ジャパン(BAJ)で、SpitFunkのライブを見てきた。

一緒に行けそうだった人がみんな用事ができてしまったため、今回は一人で観戦。いつも以上に緊張する。あ〜〜、どうしよう。

超張り切ってオープンと同時に行ったら、座席は指定席で決まっていた。なんだそっかぁ、ギリギリでもよかったんだ。

指定された席は、なんとステージ中央の前方席。辛うじて最前列ではないけど、ほぼ真ん前ってやつ? ドキがムネムネじゃないですか!!(死語)

メニューには今夜のオリジナル、SpitFunkをテーマにしたカクテルも。黒魂をキーワードにした真っ黒いカクテルだ。どんな味なんだろ。お酒飲めないから頼めないや。

ステージが始まるまでの1時間、大型スクリーンでダイアナ・クラールの「ライヴ・イン・パリ」が流れていた。このCDめちゃくちゃ好きー。家で100回以上聴いた。映像が見れて嬉しい。

19:40、ステージが始まった。

ステージは1stステージと2ndステージの二部に分かれていて、1stステージはノリノリのガツンガツンした曲、2ndステージはバラード中心に、大人の雰囲気だった。

おおおっ。ゆうた先生はカコイイ眼鏡を新調した模様。ツールドフランスの選手みたい。アスリートちっく。最初にライブを見た頃より、堂々として見えるにゃー。

今回はゲストに、有名なパーカッショニストの石川武さんがゲスト参加。すごいすごい。リズム隊、絶好調。石川さんとゆうた先生のインタープレイは最高だった。

今日のステージは、今まで以上にすごい迫力を感じた。フビさんの声が、マイク通さないで直でたましいの中に飛び込んできたような感触。熱いぜー!!!!

そしてホーンセクションの3人が、呼吸ピッタリで超クールなのだ。これだけ存在感を放ちつつ、耳に当たるようなやかましさがないのは奇跡かもしれない。

オリジナル曲はもちろん、インストの曲も、カヴァーの曲も、SpitFunkらしさが溢れかえっていて、なんとも心地よく、胸焦がれる2時間あまりのライブだった。

松田聖子の「スイートメモリーズ」のカヴァーなんていうのもあったのだけど、完全にSpitFunkの曲になっていた! 女性の歌を男性がカヴァーしているとは思えないぐらいしっくりきてた。面白いわぁ。ほんとに毎回ライブを楽しませてくれるバンドだ。

一人で行ったせいか、席がど真ん中だったせいか、SpitFunkを好きすぎるせいか、最初は緊張のあまり顔が引きつってたような気がするが、最後は私もノリノリで傍目を気にせず歌いまくってしまった! やっぱ歌わないと!! エビバデシング!!

次回のライブは、9月14日(金)と10月19日(金)、新中野LIVE CAFEBENTENにて引き続き「オトノワ」シリーズのソロライブだそうです。みんな行こうよー。

|

« あしくん | トップページ | ボイトレ学校の皆さんと、「インカ・マヤ・アステカ展」へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あしくん | トップページ | ボイトレ学校の皆さんと、「インカ・マヤ・アステカ展」へ。 »