« 日枝神社、神田明神、正式参拝ツアー。 | トップページ | カウンセリングのご案内時期について。 »

2007.07.03

「藤森建築と路上観察」

Dsc0676801
神社参拝のあと、東京オペラシティアートギャラリーに、「藤森建築と路上観察」を見に行った。

展示最終日! 超ギリギリ間に合った〜。どうしてもこれが見たかったんだよね。

藤森照信さんといえば、ニラハウス、タンポポハウスが有名でしょうか。東大の先生で、もともとは研究者だったのが44歳にして建築家としての活動も始めたという方です。

赤瀬川原平さんや南伸坊さんたちと行っている、路上観察学会の活動も注目され続けています。超芸術トマソンだとか、失われつつある美しい町の風景を記録する活動です。

トマソンを見つけるのは得意ではなかったけど、私も大学時代の頃、路上観察に夢中になった。一人で3時間も4時間も歩いて、写真を撮っていたっけ。

20年ほど前、江戸東京自由大学というフォーラムがあり(主催は東京都だったかしら)、そのプログラムで藤森先生と築地の町歩きをするという体験をしたことがある。かちどき橋の操縦室と地下室、旧聖路加病院の礼拝堂、築地の看板建築などを見て歩いた。

憧れの藤森先生に会えて、しかも一緒に歩けるなんて、夢のような一日。なるべく先生の近くを歩いて、どんな写真をお撮りになるのかなあなんて、観察してた。

素敵でしたねーー。気取らない、自然な笑顔の人でした。心の底から湧き起こる知的好奇心がガソリンになって動いてる人という印象。まぶしかったで〜。

そんな藤森先生のご活躍は、書籍やテレビでちょくちょく拝見し続けていた。活動自体も面白いし、書籍も本当に面白い。思わず吹き出してしまうような魅力的な文章だ。

今回、こうしてまとまった形で藤森建築の魅力を味わうことができて、ファンとしてはウハウハ。最高。もうね、会場全体が藤森ワールドで気配ムンムンなんですよ。展示の設計もすべてご本人が行ったのだそうだ。

最初の一室は藤森建築独自の素材を手で触れる展示。自然の素材を荒々しく表現するというのがコンセプトで、わざと波打つように削った柱だとか、手でペタペタと固めた壁だとかが展示されてた。いい味出してる。

第二室は、靴を脱いで上がる。場内にはスダレが敷き詰めてあり、サラサラとした気持ちいい質感を味わえた。温泉の更衣室みたい。

手前中央に、土マンジュウの塔がモコモコと立っている。単純に、土を固めてオバQみたいな形にしたものだ。表面には芝が植えられている。なんだか知らないけど近くに行くと妙に安らぐ。癒し効果あり。土の匂いと、安心感のある形のせいかな。

手前の小さなブースで、高過庵の制作過程をビデオで見ることができた。

柱にするための栗の木を探しに行くところから始まる。楽しそう。わざと二股に分かれた木を使ってる。この不安定な感じが、よけいにかわいらしい。

けっこうこれ、揺れるらしい(笑) 「ハンモックみたいで昼寝にいいね」なんて、南伸坊さんは発言してたけど、高所恐怖症の人には怖いだろうなあ。私もたぶんムリ。見に行ってみたいけどね。どっちにしろ中に入れるわけじゃないもんなあ。

奧のほうには、藤森先生の好きな世界の建築ベスト5のパネルが。このページにある5枚の写真が、それ。ポルトガルの石の家! これ写真で見ただけで感銘を受けますね。良すぎるよ〜〜。コンセプトが素晴らしい。

竹ドーム(竹で編んだドームに縄が巻き付いてる)の中では、トマソンの鑑賞ビデオが上映されていた。ここは激混みで大行列。諦めた。

再び靴を履いて第二室から出ると、廊下には路上観察学会メンバーのプロフィールと著書などが展示されていた。オオ〜、私の愛読してきた書籍たちがいっぱいだよ。あの本もこの本も面白かった。この人たちはいつもサブカルの先頭だったよなー。

なんだかまたカメラを持って町歩きをしたくなった。いい展覧会でした。ごっつぁんです。

そういや今、六本木ヒルズでコルビュジェ展もやってるから見に行きたい。コルビュジェ展は前にセゾン美術館で見たことがある。10年ぶりだからまた違った感じで見られるかも。楽しみにゃー。

|

« 日枝神社、神田明神、正式参拝ツアー。 | トップページ | カウンセリングのご案内時期について。 »

コメント

「ニラハウス」って、家の屋根にニラを植えて屋上緑化した…あのニラハウスっすか?

「毎日ニラレバが食えるな…」と思ったのはワシだけ?

投稿: かっちゃん | 2007.07.03 08:59

ル・コルビジェ、ワシも最近気になっています。

投稿: オーヤ | 2007.07.04 02:13

かっちゃん
そうそうそう、それですよー。
あのニラは意外に育ちにくくて大変だって書いてありました。

オーヤさん
面白そうですよね〜。
オーヤさん好きそうだわ、こういうの。

投稿: ワジョリーナ | 2007.07.04 04:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日枝神社、神田明神、正式参拝ツアー。 | トップページ | カウンセリングのご案内時期について。 »