« ご予約リスト、来年の2月分に入ります。 | トップページ | 食べ放題3本勝負。 »

2007.05.20

目黒通り、素食おもてなし料理 野饗(のあえ)

Dsc0636001
Dsc0636402
以前働いていた恵比寿のデザイン会社の人たちが、自由が丘に遊びにきてくれた。彼らももう、その会社は辞めて他の会社にいるのだけど、今も私のことを気にかけて、こうして会いにきてくれるなんて嬉しい。

夕食を一緒にということになり、前から行ってみたかったお店へご案内。目黒通り沿いにある、素食おもてなし料理 野饗(のあえ)。ここはお酒を飲むお店だから、一人では行けなかったのよ。

以前からこの店の佇まいに魅力を感じ、外に出ているメニューを眺めたり、店構えを眺めたりしていた。ネットでもなかなか評判の良いお店なのだ。

靴を脱いで上がると、落ち着いた色合いの民芸調のインテリア。蔵の中をイメージしているのだそうだ。民芸調のお店はゴテゴテと物を置きすぎの傾向が多いけれど、ここは空間にゆとりを感じさせる絶妙な配置。初めてなのに、ほっこり落ち着いた気持ちになれる。

どのメニューも名前を読んだだけで興味をそそられる。いっぱい頼んじゃった! 

霜降り馬刺し(1980円)、空豆のグリル藻塩ぞえ(630円)、チーズのみそ漬け(630円)、スモークサーモンとチーズのミニスティック(680円)、カジキのネギバターソース(890円)、豚の黒酢角煮(880円)、地鶏のつくね(850円)、麻の実・麻そばとスプラウトのサラダ(950円)、玉ねぎの変わり揚げ(800円)、おからのサラダコロッケ(800円)、できたてトロトロ豆腐(630円)、赤米とおみそ汁のセット(650円)

4人でこれだけ頼んで、かなりおなかいっぱい。皆さんはお酒も召し上がり、美味しい!と絶賛でした。黒糖梅酒っていうのが美味しいみたい。私はもちろんウーロン茶オンリー。

霜降り馬刺しは、4枚で1980円。「これ1枚で500円っ!」と叫びながら、グルメロケのように一人ずつ感想を言いながら順繰りにいただきました。すごくきれいな霜降り。食べたらこりゃぁ今まで食べたことのないような清冽な味の馬刺し。人生の馬刺し観を変える味わい。

最初はマグロの赤身みたいに爽やかで、舌の熱で脂身が溶けてくると濃厚なうまみが急に出てくる。さすが1枚500円なだけある。

ホルモンのような白い短冊切りの物体が添えられていた。「これは何ですか?」とお店の人に尋ねたら、タテガミですと。へぇぇ。これは私は遠慮しちゃったのでお味は不明。食べた人によると、サッパリした脂身といった感じの味だったそうだ。

ほかに私が特に美味しいなと思ったのは、スモークサーモンとチーズのミニスティックと、おからのサラダコロッケ 、できたてトロトロ豆腐。これらはこの店でしか食べられないオリジナルなんじゃないかな?

スモークサーモンとチーズのミニスティックは、シシトウぐらいの大きさの小さい春巻き。パリパリで美味。中からチーズとサーモンがとろーり。

おからのサラダコロッケは、意外なほどに、見るからにおから、食べてもおから、おから成分満タンのお味。素朴でたいへん良い。

できたてトロトロ豆腐はアツアツのトロトロをスプーンで掬い、岩塩を振っていただく。自然な甘みがあって美味しい。豆腐ファンにはたまらない。

最後の赤米も美味しかった。お赤飯に似て非なる物。これを食べながら、北海道ではお赤飯に甘納豆が入っているという話を聞いてビックリした。今日の客人は全員北海道出身なのだ。

北海道には少々詳しくなってきたと自負していたが、まだまだ知らないこといっぱいあるんだなあ。甘いお赤飯、食べてみたいです。

店内が暗めだから写真があまりきれいに撮れなかった。おからのサラダコロッケと、地鶏のつくねの写真です。

全員の感想として、どのメニューもはずれなく美味しかった。話が尽きなくて、閉店時間をだいぶ過ぎてしまったのだけど、追い出すような雰囲気は全くなく、たいへん好印象な接客でした。お酒飲める友だちが来たらまた行きたい。

|

« ご予約リスト、来年の2月分に入ります。 | トップページ | 食べ放題3本勝負。 »

コメント

いつもリーズナブルで
おしゃれな美味しそうな
お店をご存知ですねぇ。
私も今度行ってみよう!

投稿: ジュンジュン | 2007.05.20 21:40

ジュンジュンさん
ここはジュンジュンさんにもオススメですよ!
ぜひいらしてみてくださいねー。

投稿: ワジョリーナ | 2007.05.27 04:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご予約リスト、来年の2月分に入ります。 | トップページ | 食べ放題3本勝負。 »