« 北海道、1日目。最高の豚しゃぶと、パティシエのケーキ。 | トップページ | 北海道、3日目。肉の田村と千春の家。 »

2006.11.24

北海道、2日目。はまなすの天丼と酪恵舎のリコッタチーズ。

Dsc0501603
2日目は土曜日。この日もたかちゃんの赤いアウディが道東を駆けめぐった。

まずは浦幌から白糠へ。車で1時間半ぐらい。ししゃもで有名な白糠港を少々見学。

港の周辺全体に、なんだか美味しそうな匂いが漂っている。ししゃもを干している匂いなのかなあ? その本体は見つけることができなかった。隠し場所があるのだろうか。謎。

小さな港に、船がたくさん停泊している。水面がキラキラと輝き、向こう岸に灯台が見える。なんだかいい雰囲気。

白糠港のすぐ近くにある、レストラン「はまなす」にイン。ここは白糠に行くといつも寄るレストラン。今回は、塔のように高い天丼をいただきました。いつもはラムステーキを頼むんだけどね。この天丼が前から気になっていたのだもん♪

Dsc0502804
テーブルに届いた天丼は、やっぱり高かった! ウッヒョッヒョ。すごいねー。どこから食べていいのかわからない。こんな幸せな悩みなら大歓迎。とりあえず、一番大きい海老から食べてみた。熱いっっ。いきなりこぼした。ああ、いくつになっても食べ物をこぼすのね、私は。

天ぷらの内容は、海老2尾、ナス、カボチャ、キスでした。本当はピーマンもあったのだけど、苦手だから抜いてもらっちゃった。これで千円ですよ。安いなあ。

格闘の末、完食。あ〜、朝ご飯を死ぬほど食べたのに。絶対残せない。

次の目的地は、チーズ工房の酪恵舎さん。

Dsc0503105
途中、茶路めん羊牧場を遠くから眺めた。あ〜ん、羊かわいい! かわいいと言いつつ、いつもはまなすで私が食べているラムステーキは、この牧場の羊さんだ。めちゃめちゃ美味しいんだよね〜。

酪恵舎さんでは、久しぶりにオーナーの井ノ口さんと再会。相変わらず強さと優しさを持つイイ男だわ。その魅力がどんどん増しているのを感じた。

そんな井ノ口さんの魅力に比例して、チーズも美味しくなっているのだ。最初から美味しいと思っていたけど、今はもっと美味しい。天才は進化し続けるのだなあ。

特にモッツァレラは、格段に良くなったように思う。素晴らしい。このモッツァレラで、昨年チーズコンクールで銀賞を受賞したんだそうだ。

私は酪恵舎のリコッタチーズ命の女。リコッタ1キロを予約していた。

なんとなく、洗面器いっぱいによそられて出てくるのをイメージしていたのだけど、商品用に100グラムずつパッケージされて10個出てきた。

リコッタは新鮮なほど美味しい。一日違うと味もずいぶん変わる。したがって私は、旅行中毎日リコッタを食べ続けた。そして今日も東京で食べ続けている。うーん、幸せ。リコッタチーズってどうしてこんなに美味しいの?

酪恵舎をあとにして、屈斜路湖へ向かう。幻の恐竜クッシーの屈斜路湖よ! クッシーを捕獲したら1億円もらえるらしいわよ。

66001
北海道の夕暮れは早い。3時半過ぎにはもう夕陽という雰囲気だ。景色がだんだん赤く染まる。屈斜路湖の手前の小さな湖の畔で、夕陽が沈むのを見た。なんて美しいんだろう。北海道来て良かったぁー。感動的。

湖も空も雲も木々も大地も赤く染まった。たかちゃんが「ワジョも赤く染まってるよ」と言った。そういうたかちゃんも赤かった。

屈斜路湖の湖畔の道路脇で鹿を見た。鹿さん、歓迎ありがとう♪(勝手な解釈) 

白糠から約2時間のドライブの末、真っ暗闇の中、今夜の宿レークウッド屈斜路湖にたどり着いた。

8902
ここはレストランでフレンチのフルコースが食べられて、温泉は源泉100%で露天風呂つき。お部屋は湖に面した清潔なツインルーム。とってもワジョリンが好きそうなところだわ。これでお値段が二食つきで、なんと1万1千円。安いー。

ディナーの内容は、前菜が「アボガドとタラバガニの冷製 大根のラビオリ仕立て ヘーゼルナッツオイルと山葵ソース」←これで一つの料理。スープが「ロブスターのクリームスープ」。メインの魚が「真鯛のポワレ バジルオイルソース」肉料理が「和牛ヒレ肉のロースト ポルトソース」。デザートが「オレンジ風味のレアチーズケーキ 森高原牛乳のアイスクリーム フルーツ添え」でした。

真鯛のポワレが一番美味しかったかな。全体的に、お酒と一緒にといった感じの少々濃いめの味つけだった。お酒は飲めないので、パンをガンガンおかわりしながら食べた。おなかいっぱい〜。

テーブルが暗かったので、写真はうまく撮れなかった。ごめんなさい。食事中、庭にキツネが来たよ。キツネを見るのは初めてだったなー。犬みたいでちょっとかわいかった。実際には病気が移りやすいから怖いらしいけどね。

満腹のあとは温泉です。5人ほどで満員の小さな温泉。でもこの日は私たちの貸し切り。今はシーズンオフでお客さんが少ない。たぶん5組ぐらいしか泊まってなかったと思う。イエ〜イ。露天風呂独り占め。ちょうどいい湯加減で、いつまでも入っていられそう。さすがは温泉。お肌ツルツルよ♪

入浴後たかちゃんと、大泉洋&広末涼子バージョンのドラマ「東京タワー」を見てツッコミ大会。こういうの楽しいな〜。ツッコミを入れながらたかちゃんは睡眠に入った。私はしっかり最後まで見てから就寝。たかちゃん、運転おつかれさまでした。ありがとう。

(つづく)

|

« 北海道、1日目。最高の豚しゃぶと、パティシエのケーキ。 | トップページ | 北海道、3日目。肉の田村と千春の家。 »

コメント

いやおいしそうですね、この天丼!!
天丼さまってかんじですねえ。

をっと氏が
「なんかワジョさんどっかいっておいしそうなのたべてるねえ。」と
感心してましたよ。うきょー。

投稿: えみぞう | 2006.11.24 05:05

えみぞうさん
おいしかったですよ〜、天丼。
あつあつのサクサクで最高でした。
はまなす、いい店だー。

投稿: ワジョリーナ | 2006.11.27 02:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北海道、1日目。最高の豚しゃぶと、パティシエのケーキ。 | トップページ | 北海道、3日目。肉の田村と千春の家。 »