« ご予約リスト、来年2月分に入ります。 | トップページ | お伊勢参り、1日目後半。月讀宮、猿田彦、神宮会館。 »

2006.08.10

お伊勢参り、1日目前半。倭姫宮、徴古館。

今年で3年目のお伊勢参り、いってきました。毎年夏に行くんですよね。方位を調べると、なぜかいつも8月に吉方位になるんです。「どうしてこんな一番暑い時期に!」とも思いますが、赤福氷も食べられることだし、ちょうどいいのかもしれないですね。

1日目は、倭姫宮、月讀宮、猿田彦神社(佐瑠女神社)を参拝。おかげ横丁で遊ぶ。
2日目は、伊勢神宮内宮の早朝参拝、そのあと外宮の参拝。名古屋へ向かう。
3日目は、名古屋のホテルで休息時間を持ち、午後3時発、6時に品川着。帰宅しました。

出発の日は、朝7時の新幹線だったので、緊張のあまりほとんど眠れず。おかげで寝坊せずに行けた。のぞみだと、あっという間ですね。1時間半で名古屋に着く。伊勢までは、そこから近鉄特急で約1時間。午前10時過ぎには倭姫宮に着いた。

いつも家で寝ている時間に、伊勢で神社参拝なんて不思議な気分だわ〜。宇治山田駅からバスに乗り、約5分ほど。徴古館前で下車すると、徴古館の向かいに倭姫宮がある。

Dsc0364013
Dsc0365002
Dsc0364901
Dsc03687「姫〜、きましたよ、こんにちは」と話しかけながら鳥居をくぐる。「わじょちゃん、いらっしゃい! こっちだよ!!」と、参道を先に走り、全身で手招きする倭姫が見えた。こんなに喜んでくださるなんて、ありがとう。「こっち」って言われなくても毎年行ってるから知ってるけどね(笑)

本殿を参拝すると、姫がお賽銭箱の向こうの玉砂利の上に立った。私のお辞儀に合わせて姫も2回お辞儀をしてくれる。なんだかおかしな気分。

「東京都大田区○○のナニナニと申します」と名乗ると、「ハイ、ハイ、どうも。しってます」と答える姫。仕事の無事をお祈りすると、「は〜い、わかりました」と明るい返事。あまりにもあっさりと返事されたので、聞いているのか心配になる。

しばらく本殿のあたりでお話でもするのかと思ったら、「じゃあ、あっち行きましょうか。いいもんがあるんよ」と、神宮徴古館のほうへ促された。私の前をピョコピョコ歩いていく姫。いつもは横に並んで歩くのに、今日は案内嬢をやってくださっているのだな。

社務所で古いお札を納めて、新しいお札をいただいてから、お向かいの徴古館へ。ここは、神様の調度品や、御装束、神宝などが収蔵されている博物館。明治42年竣工のルネッサンス式建築です。オシャレだわ。

館内は、ほとんど誰もいなかった。シーンとした部屋の中で、じっくりと御神宝に向き合えた。刀や鏡、土器、古文書などのほか、内宮のジオラマ、神職の装束など、私にとっては興味深い物をたくさん見ることができた。ちょうど今、國學院大學でお勉強している内容にも通じる展示だ。

入り口に倭姫の巨大な木像が立っている。身長2メートルぐらいの大きさだ。そこを通る人がみんな「デカい」「デカい」と言いながら通り過ぎていく。私の隣にいつもいる姫は小柄なんだけどなあ。顔もほとんど似てない。館内にあった倭姫の姿を描いた絵も、似てなかった。今度、私が描いてあげましょっか。

姫が「いいもん」と言っていたのが何なのかわかった。1階の最奧に収められている水晶玉だ。倭姫の宝物だと書いてあった。完全無色透明で内包物のない見事な水晶玉だった。サイズは60ミリと書いてある。あまりにも波長が大きくて、もっと巨大に見える。こんな美しい水晶は見たことがない。いいなあ、姫。こんな素晴らしい宝物を持ってるんだね。

持って帰るわけにいかないので、自分のしている水晶ブレスに波長を同調させた。すごいエネルギーだ。しっかりいただきまちた!

表通りのバス停まで、倭姫宮の参道を通って行くことにした。やっぱりここは、いいところだ。誰もいないのに寂しくない。柔らかく、あたたかい空気に満ちている。とりわけ、参道を一直角に曲がる場所に、日だまりのできる場所がある。ここは強力なパワースポットだと思う。3枚目の写真の場所です。この4枚は全部、倭姫宮。

4枚目の写真だけ、クリックすると大きくなります。左上の光の円の中に、左を向いている龍の顔が見えますよね。わかります? これだけはっきり写ってるとわかると思うんですが。龍神様ですよね?

物の本で読んだことがあるのだけど、倭姫は伊勢神宮の場所を定めるために巡幸していたとき、龍神様に守っていただいていたそうなのだ。 龍神様とご縁があるのね、姫。

つづく

|

« ご予約リスト、来年2月分に入ります。 | トップページ | お伊勢参り、1日目後半。月讀宮、猿田彦、神宮会館。 »

コメント

宝物ご披露ってかんじでかわいいですねえ、姫。

ああまた倭姫宮にいきたくなってきた。。
またぜひよしなに、姫さま。
今度はびびられないようにしますから〜

龍神様もびっくり。きれいにみえましたよ。

まもってくださる存在ってありがたいですねえ。

投稿: えみぞう | 2006.08.10 05:44

見えました!龍神様!
綺麗なキツネみたいな顔をしている…(のであってるのかな?)
伊勢神宮わじょさんのブログを読むたんびに行きたくなっちゃいます。

投稿: ckira | 2006.08.10 09:14

倭姫さまのお住まいって写真で見ても改めて暖かくて美しい空間だなって感じますねぇ。
それに、あの参道。行くと本当に歓迎してもらえてる気がする場所で大好きです。
竜神様ともお会いできて今回も素晴らしい御参りの旅でしたね。

投稿: hayaken | 2006.08.10 12:09

えみぞうさん
倭姫、あいかわらずかわいいですよね。
ぜひまたお宮にも行ってくださいね♪
龍神様の存在とありがたさに気付かせていただくための
写真なのかなあと思いました。
勝手な解釈かもしれないけど(笑)

ckiraさん
そうそう、きれいなきつねっぽいお顔です!
私以外の人にも見えてよかった・・・(^^;)
私だけだったらどうしようかと思っちゃいました。

hayakenさん
きれいですよねー、倭姫宮。
私も帰ってきたばかりなのに、
またすぐ行きたくなってしまいました。
姫ラブです。

投稿: ワジョリーナ | 2006.08.11 01:12

わじょりん、お帰りなさい!
この前はありがとうございました。
姫にもお礼をお伝えください。
カウンセリング中
「誰が言っているんですか?」「え?姫が」と言われて
完全に舞い上がってしまっており、申し訳ありませんでしたね(笑)
わじょりんのブログ読んでてすっかり姫ファンなもので、、、。
ところで、この四枚目の写真すごい、
ちゃんと見えました!!
なんともいえないまるでジブリの世界のような、
なんともいえない空気感が伝わって来ました。
行ってみたくなってしまった。いつものお礼もかねて。。。
う〜ん何度見ても、すごいよ〜

投稿: S | 2006.08.11 10:30

二枚目の写真の奥の方にも何か感じるのですが、気のせいかしらん
気のせいだとしても
とても、気持ちよさそうなところですね・・・

投稿: S | 2006.08.11 22:46

ごめんなさい
二回目のコメントの写真は
二枚目じゃなくて三枚目の写真です

投稿: S | 2006.08.11 22:58

Sさん
倭姫宮の素晴らしさが写真から少しでも
伝わっているといいなーと思います。
いつかぜひいらしてくださいね♪
実はこの4枚の写真、全部にある種の気配があります。
私の気のせいかもしれないけど(笑)

投稿: ワジョリーナ | 2006.08.12 02:31

ですよねですよね
二枚目は階段の木漏れ日がナスカの地上絵じゃないけれど
人のかたちにも見えます
というか、気配・・・
気のせいかもしれないけど(笑)

投稿: S | 2006.08.12 02:51

私が行った日も暑い日でしたが、
倭姫宮の杜は涼しかったです。
近くの倭姫の御廟には行きました?

そういえば、ワジョリーナは私の母校でセミナーを受けているのですね。
セミナーが終わったら、“院友”(あの大学の同窓生)ですね(^^)

投稿: COO | 2006.08.30 01:11

cooちゃん
お伊勢参りいってきたんだねー!
倭姫の御廟にはまだ行ったことがないのよ。
来年か再来年あたりに、
お招きいただけるのかなーと思っています。
cooちゃんて國學院出身だったっけ?(忘れてる・・・)
私は単なるセミナー参加者だけど仲間に入れてね〜♪

投稿: ワジョリーナ | 2006.08.30 12:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ご予約リスト、来年2月分に入ります。 | トップページ | お伊勢参り、1日目後半。月讀宮、猿田彦、神宮会館。 »