« 「オーラの泉」相田翔子ちゃんの回。 | トップページ | ジャーマネ北村貴が雑誌「STORY」に登場。 »

2006.06.02

濃厚ソースに手長エビが溺れまくるリングイネ。

Dsc0279902
Dsc0280201
Dsc0280701
今日は食べ物ネタ。最近おいしかったランチをご紹介します。

イタリア料理 タヴェルナ メッシーナ。ここはおそらくピオニアから最も近い距離にあるレストラン。徒歩2分ぐらいかな? 

学園通り、自由が丘学園の手前にあります。でっかい黄色いスプーンの看板が目印。地下だから見逃さないようにご注意を。

先週の土曜日、ここでランチを食べた。ネットによる事前調査によると、ここでは手長エビのリングイネを食べるのが王道だという。いいんじゃなーーーい。たまにはそういうの食べたい。

土曜日はランチがワンコースしかなくて、前菜、パスタ・ピッツァ・メイン料理の中から一品、自家製パン、デザート、コーヒー。以上で1890円。

ただし、手長エビのリングイネを選んだ場合は+315円。しかも私は前菜にフォアグラのソテーを選んでしまったので、更に+315円。だってフォアグラ食べたかったんだもん。2年ぶりぐらいのフォアグラよ。お久しぶり!

フォアグラはレンズ豆の上に2切れお行儀良く並んでいた。その上にポーチドエッグとマデラソース。全部よけてフォアグラだけ先に食べる。ムフー、美味しい。私は好きなものから先に食べる末っ子気質だ。実際には弟がいるけど、弟からも好きなものを譲ってもらうので問題ない。

ええと、この豆と卵の部分も全部フォアグラだったらなーと意地汚い私は考えたけど、大人なので口には出さなかった。一人だったし。雨降りのせいか、ほかにお客さん誰もいなかったし。

オニオン入りの自家製パンをかじりながらリングイネを待つ。ほどなく、ドーンと来た! でかい! 直径30センチぐらいあるお皿になみなみとリングイネがよそってある。パスタっていうより、ソースが超大量。スープパスタじゃないかっていうぐらい大量。しかしこれはスープではなくて濃厚なうまみのあるソースなのだ。手長エビがボッチョーンと溺れている。悪くない光景だ。ウヒー。

スプーンでソースをいただく合間に、ときどきパスタを口に入れる感じ。少し口の中が濃ゆくなってきたら、パンを一口いただく。このループによって、濃厚ソースも全部アタシの胃に収まった。この私でもやっとこさっとこの量だ。普通の人は全部食べられるんだろうか? 美味しいから大丈夫なのかもしれない。

デザートは空豆のモンブラン。さっぱりしててイケる味。空豆のデザートなんて初めて食べたけど結構いいね。レストランならではの味だなあ。

36席しかない小さなお店ですが、気取らない雰囲気で落ち着けました。カウンター席があって一人でも入りやすい感じ。また行きたい。

夕方は17時30分からやってるみたいですし、ピオニアにお越しになる前に寄るには便利なお店かもしれませんね。

|

« 「オーラの泉」相田翔子ちゃんの回。 | トップページ | ジャーマネ北村貴が雑誌「STORY」に登場。 »

コメント

イタリアンNAVIの、ひで丸です。
お店のことが詳しく書かれていたので、
以下のアドレスからリンクさせて
もらいました。
http://italian-navi.com/modules/mxdirectory/singlelink.php?cid=13&lid=164

今後ともよろしくお願いしますm(__)m

イタリアンNAVI
http://italian-navi.com/

投稿: ひで丸@イタリアンNAVI | 2006.09.12 12:41

ひで丸さん
はじめまして。リンクありがとうございます。
私のイチオシのイタリアンは、町屋のクリークという
お店です。もしよかったらこちらもよろしくお願いします。
下記のページに紹介があります。
http://wajo.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_fa4a.html
http://wajo.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/1_bc09.html
http://wajo.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_e2cb.html
http://wajo.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/post_c565.html
http://wajo.cocolog-nifty.com/blog/2005/12/creek_7149.html

投稿: ワジョリーナ | 2006.09.12 16:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「オーラの泉」相田翔子ちゃんの回。 | トップページ | ジャーマネ北村貴が雑誌「STORY」に登場。 »