« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月

2006.03.31

お客さまのご案内状況につきまして。

お客さまから、「私の順番はいつごろになりそうでしょう?」というお問い合わせを何件かいただきました。
たいへんお待たせしておりまして申し訳ありません。

「ウエイティングリストにお入りいただきました」という表題の返信内にある
「お越しいただけるのは、○月頃になるかと思われます」と書かれてある頃に
大体なるのではないかと思われます。

現在のところ、2006年1月11日 13:30までにメールを私にくださった
皆さまにスケジュール打診のご案内メールを差し上げてあります。
それ以前にご予約希望のメールを送信した方の中で、まだご案内のメールが届いていない方は、
お手数ですが私までメールをくださいませ。
宛先wajo@yahoo.co.jpになります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

そろそろ7月分のご予約に入ります。

皆さま、いつもご予約のメールをまことにありがとうございます!

お待ちの人数は、ほぼ同数で推移しておりまして、
現在も約200名様待ちになっております。
そろそろ6月分がいっぱいになりまして、
今からのご予約ですと、7月以降にお会いできると思います。
相変わらず3ヶ月待ちの状態で申し訳ありません。

なお、現在私のカウンセリングの予約はエントリー式になっておりまして、
一旦、ウエイティングリストに入ってお待ちいただき、
会う日の2〜3週間前に日時の調整をメールでしています。
ご了承くださいませ。

それでは、引き続きご予約をお待ちしております♪
ご予約方法は、こちらをご参照くださいませ。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

PS
ココログの仕様が2〜3日前に変わったようで、
コメントやトラックバックの投稿の際、手順が増えましたが
どうぞご勘弁ください。
私が確認してから公開になります。

| | コメント (0)

2006.03.30

心健堂@鶴見のハマサイ先生が活動休止なさいました。

ハマサイ先生が活動を休止なさった。私のブログでも何度かお名前を出させていただいたし、テレビや雑誌にもお出になっていたので、先生をご存じの方も多いかと思います。実際にハマサイ先生に会いに行ったというお話も何人かの私のお客さまから聞きましたっけ。

ハマサイ先生は、サイキック系のヒーラーというのでしょうか。心と体のヒーリング能力の高さには驚きと感動を覚えました。みやたゆうこさんに最初に紹介していただいたとき、「ヒーラーがヒーリングしてもらいに行く凄いヒーラー」と聞きました。まさにプロ中のプロです。

スピリチュアリズムを自らの軸とする私。サイキックという言葉は、どことなく自分と重ねにくい印象があります。しかしハマサイ先生のカウンセリングを通して受け取った数々の言葉や熱意は、そうしたジャンルや思想の違いを乗り越えるチカラがありました。

先生はいつも落ち着いていて、ニコニコとした笑顔で、そして人として魅力的でした。こんな言い方は失礼かもしれませんが、成功した先輩として、今後も波瀾万丈となるであろう私の活動を、ずっと見ていてほしい人だなと思っていました。私がそう決めたんだからイヤとは言わせないわ、というぐらいに思ってました(笑)

しかしご縁というのは一方的には決められないものなのですね。以前から患ってらした心疾患の治療のため、しばらくは静養なさるのだそうです。いつでもお会いできると思っていたのに、本当に残念なことですが、先生がお決めになったことならきっとそれが最良の道なのだと思います。

今はただハマサイ先生のご快復を祈るばかりです。お急ぎになる必要はありませんが、いつかまた笑顔でお会いして、先生に私のくだらない自慢話やボヤキを聞いてもらいたいです。1年でも10年でも20年でも待ちたいと思います。そのとき私が、今よりずっと成長している姿をお目に掛けることができればいいなと思います。いや、体格じゃなくて・・・カウンセラーとしてね。

ハマサイ先生にご連絡を取りたい方も大勢いるかと思いますが、既にホームページにも連絡先が書かれていませんので、ご遠慮したほうがよさそうです。もしよかったらここにコメントをつけておいてください。何かの拍子に先生が見つけてくれるかもしれません!(期待)

皆さん、少しの時間で結構ですので、ハマサイ先生のご健康を祈っていただけると幸いです。私の大切な恩人なのです。

| | コメント (2)

2006.03.29

すみませんー。

こんにちは。今週は公私ともに多忙でして、毎日手相を見ている上に個人的にも用事が多くて何も手が着かん状態です〜〜〜。メールの返信などほとんどできてませんが、今しばらくお待ちくださいませ。すみませんです。

| | コメント (2)

2006.03.27

江原先生のスピリチュアル講座、東京第二部。「スピリットの法則」

DSC0218501
昨日は江原先生のスピリチュアル講座でした。今回は「スピリットの法則」について。

人は死して死なない。人は皆旅人であり、いつか故郷である霊界に帰るもの。それまでのわずかな時間を、肉体という乗り物に乗ってたましいの旅を続ける存在だというお話。

死んでも滅びるのは肉体だけで、たましい(幽体・霊体)は残るわけですね。死んだらオシマイってわけじゃない。だからこそ精一杯、思いを込めて生きなくてはならないわけです。私たちは何世代にもわたって(血縁という意味ではなく、たましいの再生という意味で)霊性を引き継ぎ、磨き続け、挑み続けるってことみたいですね。

霊界に帰ったときに、「現世でこれだけがんばって、これだけたましいを美しくして帰ってこれたよ!」というのが非常に大事なことなのね。霊界(故郷)で待つたましいの仲間たちがこの上ない喜びを持って迎え入れてくれるようです。私はそこまで見に行ったことがないんでわかりませんけれど、仕組みとしては理解できます。

また、大切な人が亡くなったからといって必要以上に嘆き悲しみ続けるのは、かえって故人の成仏を足止めしてしまうのでよろしくないんだそうですよ。ちょっと先に故郷に帰っただけなんです。「亡くなった方に恥じないように生きよう、自分が死んだら胸を張って再会できるようにがんばろう!」と思うことこそが大事なんだそうです。

あらすじのあらすじ程度ですが、ご紹介してみました。本編はこの100倍ぐらい面白くて内容が濃いですよ。もうすぐ講座の動画配信が始まるから、サポーターズ・クラブに入れば自宅でも講座が見られるようになります。

昨日の江原先生は「スピリチュアル・ヴォイス」公演の舞台稽古明けでハイテンション。いつにも増してギャグ満載で大爆笑でした。隠し持っていた赤いパンティが気になって成仏できない奥さんの話など抱腹絶倒なんですよー。亡くなった方と現世に生きてる人間の違いは肉体があるかないかだけの違いなんだそうで、お化けだから怖いっていう捉え方自体がおかしいんですね。赤いパンティが気になってラップ現象起こしちゃう奥さん、お茶目ですよね。

昨日は遅刻しそうになったから浜松町からタクシーで青山草月ホールへ出向いたのです。桜が咲き始めた、お天気の良い日曜日。浜松町駅前から乗車して、芝公園、慈恵医大、ホテルオークラ、アメリカ大使館、溜池山王、赤坂と、短い時間ながら楽しいドライブになりました。東京の美しい小道をいくつも通り抜ける気持ちよさ。東京生まれ東京育ちの私は、こういう景色が一番好きなんだな。忘れがたい幸福を、こんなところでも見つけることができました。生きているのも悪くないね。

| | コメント (4)

2006.03.25

佐藤陽子さん→山村ようこさんに変わりました。

佐藤陽子さんが、ビジネスネームを変更なさるそうです。

新しいお名前は、「山村ようこ」さん。
女らしくて素敵なお名前ですね!

同時にカウンセリングルームの名前も、
「スペース・ピオニア」から「ピオニア」にするそうです。

どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

ちなみに皆さん、ピオニアの意味をご存じですか〜。
イタリア語でシャクヤクの花のことなんだそうですよ。この名前はギリシャ神話の神々の医師であり、治療の神であるピオニアに由来しています。ギリシャ人はピオニアを、悪霊を払う力を有する神聖な花とみなしたそうで、根っこはロザリオの数珠玉にしていました。ようこさんの大好きなシャクヤクの持つ、「光の治療薬」としてのパワーを授かるべくして、カウンセリングルームの名前をピオニアにしたのだそうです。

ふーむふーむ、なるほど。私も今、オープン時にいただいたチラシを見て知りました(笑) そうですよねー。ようこさんのカウンセリングは、心に光を当ててくださる温かいカウンセリングですよね。霊的な健康診断の結果によっては、お金をかけずに自分でできる対処法をきっちり教えてくださいますしね。盛り塩や、セージでのお部屋の浄化、神社や教会への参拝など、教わった通りにすると本当に良い方向に変わりますよねー。きれいになって「別人みたい」と言われる人が多いみたいです。心がスッキリすると外見に出るんだなあ。

ちなみに、ようこさんの連絡先は、info@peonia-j.comです。
カウンセリングの料金は30分5000円、60分10000円。初回の方は60分コースになります。
内容は、自分の人生の大きな流れをはじめ、転機、適職、相性、今するべきことなど、幅広く教えてくださいます。励まし系でとっても元気をくださる方ですよ。まだお会いになってない方は、ぜひ会いに行ってくださいね。

新生ようこさんの門出を祝って、一本締め。いょーっ、ポン! ありがとうございました。

| | コメント (0)

もう元気でーす。

ご心配をおかけしてすみません。もう大丈夫です。来週はバチッと働きますよー。
キャンセルしていただいたお客さま、すみませんでした。ご案内のメールを差し上げましたのでご覧くださいませ。

たぶん笹塚時代なら、無理して仕事してたかもしれないなと思います。その頃の私は、キャンセルをする勇気がなくて、バッドコンディションでも仕事をしていたから。でもそういう状態でお会いするのは、自分のためよりもお客さまのためにならないと教えてくれた人たちがいて、ベストコンディションでお会いできないときは、キャンセルさせていただく方針に変えたのです。急なキャンセルは本当にご迷惑をおかけしてしまいますが、そういったわけで、ご了承いただけると幸いです。

あまり何々病でどう苦しいとか書くのは好きでない性分なので、よけいにご心配をおかけしているかもしれませんが、どっちにしろいつも大した病気ではないのでご安心ください(^^;)ちょっとした病気をしやすいんですよね。気をつけます。

そいではー、良い週末を。

| | コメント (2)

2006.03.22

すみません。明日はお休みします。

こんにちは。昨日から体調を崩してしまいました。
たいへん申し訳ないのですが、明日の木曜日はお休みさせていただきます。
ご予約のお客さまには留守電等でご連絡を差し上げましたが、
ご了承いただけると幸いです。
1〜2週間以内に振り替えのご予約を承りますのでよろしくお願い申し上げます。
2〜3日以内に改めてメールを差し上げます。どうぞお待ちくださいませ。

| | コメント (0)

2006.03.20

牛乳がないと生きていけない。(というMIXIのコミュに入っています)

牛乳100万本廃棄 「太る」印象、消費者敬遠 牧草スクスク、生産過剰」というニュースが非常に気になった。牛乳は太るというイメージが強まり、消費が減って、ホクレンが北海道内で約二千万円かけて千トンの廃棄処分を始めたのだという。もったいにゃ〜い。

私は何を食べるときも大体牛乳が基本。だからこの体型・・・なのかどうかはわからないけど、牛乳、チーズ、ヨーグルト、バター、生クリームといった乳製品は大好き。皆さんは牛乳といえば何ですか? おせんべい、特に海苔巻きせんべい、ときどきピーセン、おにぎり、あんパン、アンドーナツ、サンドイッチ、カステラ、オムライス。これらの物は、牛乳がないと食べられないと思うぐらい私の中で牛乳とセットメニュー化している。牛乳を飲まないでどうやって食べるんだろうかと思う。特に、海苔だけ巻いた具なしのおにぎりに牛乳はよく合う。そう思いませんか? 「思わない」とよく言われるけど断固オススメします。

記事によると、牛乳=太るというのは誤ったイメージなのだそうだ。かえって腹持ちが良くなって痩せるという意見もある。私が言うのは説得力ないけど、牛乳は太らないってよー!! 今日は牛乳を飲みましょう!!

| | コメント (8)

2006.03.19

私は愛されているらしい。

今週は私のほうがカウンセリングしていただく機会が多かった。一人目は、2年前に私が手相カウンセラーを始めた頃に知り合ったキャリアカウンセラーさん。彼女の顔が見たくて会いに行ったら、私が心の奥に隠していたカギを、思いがけず渡された。とぉっても美味しい手料理までいただいて、素敵な旦那さんに愛されている彼女の姿に心満ちて、かわいい赤ちゃんの笑顔に癒されて、ついでに帰りはスーパー銭湯に寄って身も心もサッパリ!

金曜日は長電話。一度始まると終わりのない私の自己嫌悪の渦へ、ご一緒いただいてしまった。そんなこと言ってもしょうがないじゃないかーっとでもいうべき話をしながらボロボロ泣いた。体調が悪いとき、こういうことがある。その日は血圧が高くてダメダメだったのだ。迷惑をかけてしまった。でも話を聞いてもらって元気になった。根気よくつきあってもらって安心した。友はありがたい。

土曜日は高校時代の友人と15年ぶりに会った。相変わらず美人で面白い人。お誕生日が2日違いで、すごく似ているところとすごく違うところが極端にある人。それだからか、お互いにずっと気になる存在だった。彼女の結婚式以後は、メールや電話のやりとりしかしていなかった。何度か段取りしたのに会えず、今回はなぜか急に会えた。巡り合わせか。今の私に最も必要な言葉をいくつももらった。啓示と呼ぶに相応しい内容だった。15年も会ってなかったのに、あなたはどうしてそんなに私の現状を深く知っているの??と驚いた。守護霊同士が打ち合わせして、今どうしても会って話すべき相手と定めたような気がする。しかもその場に絶対必要な、もう一人の存在もあった。こりゃ私は確実に霊的存在に見守られてるなあ〜と実感する一日であった。

ここ1ヶ月ほど前から、何年も連絡を取っていなかった旧友たちと話す機会が急激に増えている。5年ぐらい話してなかった友だちに電話したら、手作りのクッキーを送ってくれた。20年前から消息不明だった人の連絡先がわかり、ものすごく元気な声を電話で聞いて涙が出そうだった。何か整理の上で次に進む時期なんだろうなと思う。今までオマエを愛してきてくれた人たちの気持ちをしっかり胸に刻め!と言われているような。その人たちに恥ずかしくないような、変化と成長を遂げるべき時期が来たのかもしれない。今のところこれぐらい漠然としたことしかわからないけど、何かあるんだな、きっと。何かあったらまあ、また聞いてください。皆さん。いつも悪いけどね。

| | コメント (4)

オーラの泉SP。長嶋一茂さんの豪華守護霊団!

「オーラの泉SP」面白かったですね。長嶋家はやっぱり守護霊団も絢爛豪華でしたねー。すごいな。富士山と十二単の守護霊さんと木花咲耶姫(このはなさくやひめ)。

私のとこの倭姫さんもときどき十二単を着ているみたいなんですけどもね。彼女も天皇の娘ですからね。十二単ぐらい持っててもおかしくない。普段は自分でデザインしたオリジナルの着物らしきものを着ています。透けるように薄手の生地を何枚も重ねた物で、スソとソデは短めになってる軽快なデザインです。膝下からナマ脚が出ています。背は低め(150センチぐらい)なので脚はバーンと長いという感じではないです。ちっこくてかわゆい感じ。髪型はほぼ私と同じでストレートロングです。ときどきポニーテールにしてます。コスプレ好きなので、日によって色んな格好をしてますよ。でもこの短めの着物ドレスが基本パターンになってるみたいです。

話がだいぶ逸れた・・・。綾戸智絵さんの話は心を揺すぶられたー。私ね、実は実は正直言って親子愛とかそういう話で泣くことほとんどないんです。しかし今回はやられた。前世からのストーリーに涙した。ええね〜、綾戸智絵。「テネシーワルツ」、こんないい歌だったのか。

スペシャルの収録は江原先生的には体力的にハードなことと思いますが、ファンとしてはもっと見たい! また見たいですね〜〜〜〜。来月もあるらしいヨ。

| | コメント (0)

2006.03.18

本日土曜日、「オーラの泉スペシャル」放送されます。

ヘイヘイヘーイ、皆さん今日は江原先生のスペシャル番組がありますよ。

ドスペ!「国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉SP〜人生が変わる愛の言葉4
テレビ朝日系列24局ネット
3月18日(土) 19:00〜20:54

ゲストは広末涼子、長嶋一茂、綾戸智絵の三氏。
楽しみですね(^^) お見逃しなく〜。


| | コメント (2)

2006.03.17

宮崎旅行記。バイキングと温泉の日々。

宮崎旅行の話がっ。まだ聞きたい人いますか〜(笑) だいぶネタを寝かしすぎたなと思いつつ書きます。

3月5日〜7日の二泊三日で、宮崎旅行をしてきました。宿泊先は去年と同じく、フェニックス・シーガイア・リゾートの、シェラトン・フェニックス・ゴルフリゾートと、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート。

DSC0189116
ゴルフリゾートのほうは去年食べた豚しゃぶ食べ放題を楽しみにしていたら、なんとバージョンアップして宮崎料理食べ放題になっていた。これは嬉しい誤算で、しゃぶしゃぶ食べ放題程度の金額(3500円)で、豚しゃぶ含めて宮崎牛ステーキ、天ぷら、冷汁、刺身、寿司、レタス巻き、地鶏のあぶり焼きなどをバカスカ食べられるのであった。どれを食べても美味しい。素材がちゃんとしている感じ。

お部屋の雰囲気や温泉、プールなどの施設全般を含めて評価すると、シェラトン・グランデのほうが圧倒的にお気に入り。天然温泉松泉宮は特に素晴らしい。長い廊下をテクテク歩いて松林の中にたどり着く。広い池を見渡しながら露天風呂を楽しめる中浴場「新月」に、宿泊中4回ぐらい入りに行った。ここはビジターには入れないお湯で、宿泊客の中でもこちらを利用できるコースを選んだ人だけの温泉なので、いつ行ってもほとんど人がおらず、お湯も新鮮さが保たれている。お肌つるつる! 気分もスッキリ。ラグジュアリーな気分満喫です。

隣にシーガイアがあるものの、ホテルのプールは誰もいなくて一人で貸し切り状態。ユルユルのリラックス状態を楽しめた。何も考えずにポッカリとプールに浮かんでいると、体の芯から全部疲れが抜けていきますよね。ここのプールは25メートル×3コース。ジャグジー、ミストサウナ、浴場つき。文句ないなー。

DSC0198805
DSC0199904
DSC0199108シェラトン・グランデのバイキングレストラン「パインテラス」は、ゴルフリゾートのほうよりも見栄えのする、やや手の込んだ料理が多い。ディナーお一人様4200円。洋風の要素が多く、ダチョウのタタキや骨付きカルビの炙り焼きなどが美味しい。デザートの豊富さも夢のようだ。小ぶりのケーキの一つ一つが妥協のない味に仕上がっている。殊に私の心を鷲づかみにしたのが、ボウルによそられた生クリーム食べ放題(*^o^*) 全部のケーキに生クリームたっぷりトッピング。さらに生クリームおかわり。生クリーム三昧。こんな幸福が世の中にあるだろうか。ありません。

DSC0197001
DSC0197315DSC0201914
お部屋は3面ガラス窓のオーシャングランドスイートを利用した。スイートといっても東京と較べたら安いもので、正価で東京のホテルのツインルームぐらいの値段だ。リビングルームも寝室も広々していて気持ちいい。この部屋の窓から眺める朝日は思わず手を合わせたくなるようなありがたさ。遙か彼方まで続く水平線の上、見渡す限りの大空に輝く太陽。東京では絶対に見ることのできない景色だ。ありがたや〜ありがたや〜。

さて、今回のメインイベントはいつもの如く神社参拝。今回は日南海岸方面へ向かって青島神社と鵜戸神宮です。あいにく月曜日は曇りのち雨で、海辺の神社の青々とした風景は臨むことができなかった。いずれも去年出会った謎の運転手さんに、タクシーで連れていってもらった。今年も異常なサービス価格で異常に上手な快適運転。運転手さん、ありがとう。

DSC0190822
DSC0191710青島神社は、巨人軍が宮崎キャンプのとき優勝祈願をする神社で有名らしい。野球オンチなのでそういったことはよくわかんないけれども、ここは面白い雰囲気の神社だった。鬼の洗濯岩と呼ばれる風変わりな岩場に囲まれた小さな島が神社になっているのだ。島と言ってもタクシーを降りて5分ほど歩けばたどり着く。橋でつながっているからね。

島の中は手つかずのジャングルになっていて、シュロやソテツの原生林の奧にお社がある。こういうご神木もアリなのか。そんな自由な印象でありながら、神様の揺るぎない強さを波長で感じた。「形などよりも主体が強いことが大事なんだよ」と教えられた気がした。「大事な物などほんの少ししかないのだ。過去に大事だった物や、思い入れがあって大事だと思い込んでいる物は、全部必要ない。そういった物は今すぐここに置いていけ」とメッセージをいただいた。私は置いてくることができたのだろうか。

続いての鵜戸神宮は、亀石に運玉を投げて願い事が叶うか否かを占うことで有名な神社。バスで行くと約700段の階段を上り下りするのだそうだ。私はタクシーで行ったから40段で済んだ。フゥー(×.×) 今の私に700段は無理だな〜・・・。

こちらは神武天皇のお父さんの神社だ。ご神気が強すぎてゾクゾクする。詳しい見分けはつかなかったけれど、相当に位の高い複数の神様がいらっしゃるように感じた。

DSC0193806
DSC0194112運玉は5個で100円。男性は左手、女性は右手で投げる。これが意外に難しかった。石にある桝形のくぼみは直径70センチ程度だろうか。くぼみのまわりに注連縄がぐるりと囲ってある。そこを目がけて約20メートルほど上の位置から投げる。結局桝形の中には一つも入らず、縄の中に2個ぐらい入った。運転手さんは1個だけ枡形に命中。「縄の中に入ればいいってことになってるんだよ」と慰めてくれた。近くの立て看板に「運玉を1個ずつ願いを込めて下の亀石の枡形に投げ玉が入ればもちろん亀の背中に当たれば願い事がかなえられると言い伝えられています」と、句読点もなく殴り書きで書いてあった。それ、信じよう・・・。

見事枡形に入った運玉を袋に詰めたお守りを買った。これで強運間違いなし。母乳の出が良くなるという「お乳飴」も買った。帰宅後いくつかいただいたが、今現在特に母乳が出る気配はない。

時間がまだあったので、飫肥(オビ)方面に連れていっていただいた。NHKの朝ドラ「わかば」で舞台になった場所なんだそうで。ドラマは全然見ないのでわからないや。

DSC0196219
お昼ご飯は元祖おび天本舗で食べた、おび天定食がたいへん美味しかった。山太郎蟹を殻ごとコナゴナにしたものを味噌と合わせてフンワリと煮た「かにまき汁」も美味。おび天はいろんな種類があるけれど、基本の「おび天」が一番美味しいね。具材が何も入っていないやつ。これだけでゴハンが何杯でもいける。薩摩揚げでゴハンが食べられるわけがないと思っていた私の常識を覆す味だった。薩摩揚げじゃないんだな、おび天は。豆腐や黒砂糖が入っていて独特の風味がある。実にウマイ。宮崎空港でも売っているので、宮崎に旅した人はぜひ買ってみてください。

3日目は食べてばかり(毎日そうだけど)。帰りの20時の飛行機が出るまで食べっぱなし。朝はホテルで食べ放題。昼はホテルの近くのグリル風媒花でハンバーグとチキン南蛮のセット。ここのハンバーグが妙に美味しくて、ハンバーグ癖のついた私は帰京後ほぼ毎日ハンバーグ屋さんにばかり行っています。ハンバーグ大好き。ハンバーグ大好物。

ディナーは宮崎駅近くのアパスで焼肉。宮崎牛でっせ! 本当は時間がないからメニューだけ見て空港に行こうと思っていたのだけど、メニューを見たらどうしても食べたくなってしまい、入店。特選コース3950円(特選カルビ、特選ロース、特選ハラミ、和牛タン、焼き野菜、牛刺し、キムチ、ご飯、スープ)を「全部急いで持ってきて!」と頼み、またたく間に食べ尽くした。30分で完食。飛行機に間に合った。

空港の売店で、おび天、チーズ饅頭、マンゴーシフォン等の宮崎土産をバカみたいにいっぱい買って搭乗。宮崎の食べ物は実に美味しかった。このページ(特産品の紹介)にある物は全部美味しそう。東京の銀座にも宮崎牛のミヤチクがあるというので、今度行ってみたい。

宮崎楽しかった〜。また来年も行くんじゃないかと激しくヨカンしています。

写真上から順に。
1)シェラトン・フェニックス・ゴルフリゾートのディナーバイキング=和洋菜彩「樹海」。レタス巻きと宮崎牛ステーキ。3回ぐらいおかわりした。
2)シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートのディナーバイキング=パインテラス。小鯛のお寿司、牛タタキ、スモークサーモンなど。
3)パインテラスのデザート。和洋菓子てんこもり。
4)パインテラスからの眺め。広々した中庭が美しい。
5)オーシャングランドスイートのベッドルーム。寝心地抜群のベッド。寝ころびながら水平線を見渡せる。
6)オーシャングランドスイートのリビングルーム。何をしたらいいかわからないぐらい広い。
7)お部屋から見た朝日。刻々と空の色が変わっていく。美しい!
8)青島神社。ソテツやシュロの樹がボーボー生えてる。奧の赤いのは鳥居。
9)青島神社の狛犬。ユーモラスな表情。
10)鵜戸神宮。階段を下りて本殿にたどり着く。
11)鵜戸神宮の運玉。素焼きでできている。
12)元祖おび天本舗のおび天定食。980円。手前のお椀がかにまき汁。美味〜。

| | コメント (3)

2006.03.16

連絡先の訂正がありました@九州

佐藤陽子さんのカバラ個人セッション&ワークショップ、5月九州にて開催です♪の記事中、
連絡先の木村智佳さんのメールアドレスが、本日(3/16木)午後3時頃まで間違ったアドレスになっていました。
正しくは、現在掲示されている通りthanks-sunnyday@docomo.ne.jp になります。
午後3時よりも以前に掲載されていた間違いアドレスに申し込みをなさったご記憶のある方は、
たいへんお手数ですが、再度正しいアドレスのほうに送信していただけるでしょうか。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

さよならKI-NO

京王線笹塚駅から徒歩7分、中国茶カフェKI-NOといえば、この私めワジョリーナがプロとしてデビューした思い出の場所。毎週木曜日と金曜日に、右奧のテーブルで私は手相を見ていた。古くからの友人である花房美香ちゃんがオーナーを務めるこの店で、2004年の2月に始まり、2005年の6月に卒業するまでの間、私はまさに汗と涙にまみれて真剣勝負していたのです。

最高級の中国茶をゆっくりといただける穏やかな雰囲気の中、盟友みかちゃんと、店長代理みのりさんの温かい眼差しに見守られて、私は少しずつ成長していきました。あの場所で、あの人たちがいなければ、私は手相カウンセラーを仕事にすることは決してできなかったことでしょう。筆舌に尽くしがたい感謝の気持ちを抱えています。本当に本当にありがとう、KI-NO!

そのKI-NOが、先週を以て閉店した。オーナーみかちゃんの新たな人生計画に向けての決断だそうだ。多くの人に愛されたお店が消えてゆくのは残念なことですが、この終わりは、明るい未来へ向けての出発点でもあります。心から応援したい! そう思う。

DSC0272504
DSC0208403
DSC0208302
この建物。皆さんも懐かしいでしょう。入り口がわからなくて通り過ぎる方が多かったですよね。どう見ても普通のアパートでしたからね。2階にはカミナリ小僧が住んでいて、カウンセリング中も椅子から飛び降りる音がドスンドスン聞こえてましたっけ(笑)

さよならパーティーは大盛況。懐かしい人、前からずっと会いたかった人、初めて会ったと思えない親しみを感じる人、いろんな人に会えました。これもみかちゃんの人徳でしょうね。いい人のまわりにはいい人が集まるものだ。

パーティーに出されたお料理は、どれもこれもが飛び切り美味しい逸品。それもそのはず、オーナーみかちゃんは「おとりよせネット」のメインコーディネイターなのだ。

出てきたメニューはこんな感じ♪

【前菜】
■築地「茹蛸専門店・大政本店」の蛸を使った春サラダ
http://www.otoriyose.net/tatsujin/tt0000164.htm
#おとりよせネットの築地の達人オススメ!

■某誌で日本一の豆腐に選ばれた佐賀平川屋「佐賀おぼろ」
http://www.rakuten.co.jp/sagatofu/776318/

■卵子焼
峠の鶏小屋「帆立玉子焼」
http://www.otoriyose.net/kuchikomi/item/og0000797.htm

■某TV料理番組で特選素材数回選出のトンデンファーム
 「石狩川ベーコン」とじゃがいも三種のローズマリー焼

→トンデンファーム「石狩川ベーコン」
http://www.tonden.com/gold/item/bacon/400s.html

→北のフードソムリエ「じゃがいも3種の食べ比べセット」
http://www.rakuten.co.jp/food-hokkaido/531815/532050/

■同じくトンデンファーム「骨付きウィンナー」
http://www.tonden.com/gold/item/sausage/hone.html

【メイン】
■ヨウさん(宮本さんのダンナ様)手作り!
 「本場山東省の水餃子」とセットの「蒸し鶏」

【ごはん】
■伝説?のオリジナル「水玉丼」
#薬味類とハムを徹底的にみじん切りにしてごはんにまぜた絶品。

【デザート】
■ケータリングでしか出さなかった
 「ki-no特製和風チーズケーキ」
■はちみつちゃん&イチカワさん特製
 「紅茶のケーキ 生クリーム&きのこ柄チョコ添え」

【お酒】
■日本初!京都生まれの「元祖」にごり酒
「月の桂 都特産祝米純米吟醸にごり酒」
http://www.rakuten.co.jp/ishihara/560192/560209/

■ルイ・ヴィトンが初プロデュースのプレミアム日本酒 
鹿野酒造「常きげん Kiss of Fire」
http://www.rakuten.co.jp/jizake/612091/650109/

以上。
どれもみんな最高に美味しかったー。
特に気に入ったのは、「佐賀おぼろ」 と「帆立玉子焼」 と「水玉丼」 かな? メインの水餃子は無意識のうちに10個以上スルスルと食べてしまった。美味しすぎる。水玉丼はおとりよせできないけど、今度自分で作ってみようと思う。

みかちゃんの料理は、おとりよせなのに手作りのようなあたたかみを感じさせるコーディネイトで供されるところが不思議だ。言われなければ、どれが手作りでどれがおとりよせだかわからない。本当に美味しい物を知っている人は、作り手の呼吸を読んで最高のシチュエーションを用意できるものなかもしれない。これも才能だね。

みかちゃんをはじめ、KI-NOで出会った人々とは、これからもおつきあいが続いていくと思う。不思議と寂しさや悲しさはない。ただひたすら心があったかい。KI-NOがなくなっても、KI-NOでの出会いの輪はつながり、広がり続けるのだろう。

| | コメント (8)

2006.03.15

自由が丘でも同じくカバラ教室が開催されます。

引き続きお知らせです。佐藤陽子さんのワークショップは、4月に自由が丘アヴィリシュ(スペース・ピオアニの隣室)でも九州と同じ内容と料金で開催されます。2日間の集中講座です。

第1日目  4月8日(土) 11時〜16時半(お昼休みをはさむ)
第2日目  4月9日(日) 11時〜16時半(お昼休みをはさむ)
受講料  両日で3万円
場所 自由が丘アヴィリシュ

講座の詳細は、こちらのページをご参照ください。

☆お申し込み先:mayan@avirix.jp(アヴィリッシュの由真さん)
お申し込み時に振込先をお伝えいたします。
入金確認後、予約完了とさせていただきます。
入金後のキャンセルはお受けできませんのでご了承下さい。
開講日1週間前のキャンセルにつきましてはキャンセル料が発生いたしますのでご了承下さい。

少人数制で大人気ですので、お早めにお申し込みくださいね♪

| | コメント (1)

佐藤陽子さんのカバラ個人セッション&ワークショップ、5月九州にて開催です♪

お知らせで〜す。
佐藤陽子さんが5月に福岡で「個人セッション」と「ワークショップ」を行います。
九州方面の皆さま、ぜひこの機会をご活用ください♪

<個人セッション>
佐藤陽子さんが、カバラ数秘術で行う個人セッションです。
誕生日から算出して、人生の地図を作ります。
・適職や転職の時期 ・今年、今月の気の流れ ・家族や友人との相性(誕生日が必要)
・上司や部下との接し方(誕生日が必要) ・人生に出乗り越えなければいけない宿題 etc.

会場:アークホテル博多本館
日程:2006年5月8日(月)9日(火)10日(水)11日(木)12日(金)
時間:10時、11時、3時、4時、6時、7時、8時
ご希望の方は、第3希望まで日時をご指定ください。
ご自分の予約された時間10分前に、アークホテル博多本館にてお待ちくださいませ。
セッション料金:8,000円 (お1人様 1時間)

<ワークショップ>
今の自分ってどうなっているのだろ?? 
また、これからの自分の未来に向かって今の私をよく知りたい・・・
ふと、そんなことを思うことはありませんか?
自分の誕生数からもっと自分のことをみつめてみませんか?
従来のカバラ数秘学に加え、過去世から持ち越してきた自分のハードルや
今の人間関係をよりよくしていくヒントなどを読み取っていく方法もお教えいたします。
終了後は講師の判断に基づき認定証を差し上げます。

日程:2006年5月13日(土)・14日(日)両日10:30~16:00 (受付開始:10:00~) 
会場:福岡市健康づくりセンター あいれふ
   13日(土)研修室A  14日(日)実習室   
受講料:3万円(両日ともにご参加ください)

講師:佐藤 陽子

20年以上のキャリアをもち、現在も数多くのセッションをこなす。
そのやわらかい人柄と的確なセッションでクライアントの支持は絶大である。
現在、東京自由が丘にてスペース・ピオニア主催。

【申込み方法】
お名前、 連絡先お電話番号、メールアドレス、ご住所、ワークショップorカウンセリングのどちらをご希望なさるか。
以上をご記入の上、メールにてお申込みください。
問いあわせ先:木村智佳(きむら ちか)
thanks-sunnyday@docomo.ne.jp
電話  090-5725-2521(AM9:00~PM9:00までのみ受付)

【ご入金方法】
お申し込み時に振込先をお伝えいたします。
入金確認後、予約完了とさせていただきます。
入金後のキャンセルはお受けできませんのでご了承下さい。
開講日1週間前のキャンセルにつきましてはキャンセル料が発生いたしますのでご了承下さい。

以上よろしくお願い申し上げます。

| | コメント (0)

2006.03.13

お返事お待ちくださいませ。

う〜〜、すみません。
この一週間というもの、時間をうまくやりくりできず仕事が遅れています。
メールをいっぱいためてしまいました。なかなかお返事が書けなくてすみません! 
しばしお待ちくださいませ。

| | コメント (2)

2006.03.08

ただいまー!

宮崎から帰ってきました〜♪ 
無事に参拝も終えて、清々しい気分です(^^)
浄化の旅になりました。

メールのお返事を溜めてしまってすみません!
順次お送りしますので、どうぞお待ちくださいませ。
よろしくお願い申し上げます。

メールが済んでから旅行記も書きたいと思います。

| | コメント (0)

2006.03.05

自由が丘みやげ。

昨日はピオニアへのお越し、ありがとうございました。陽子さんのご厚意で今週は土曜日もお部屋を使わせていただきました。昨日はなぜかおみやげをお持ちくださった方が多くて、美味しい物をたくさんいただいてしまいました。恐縮です。皆さんが心を込めて選んでくださっているのが伝わるお品ばかりで、うれしいなあ、幸せだなあと思います。しかしお気持ちだけでもうれしいですので、どうぞお気遣いなく。かたじけない。

皆さん本当に美味しい物をよくご存じですねー。私が自由が丘みやげでよく利用するのは、フランス菓子のパリセヴェイユと、和菓子の蜂の家です。どちらもパッケージが美しくて、贈る喜びがあります。もちろん中身も美味しくて(^^) 

パリセヴェイユはこの私がケーキ2個を食べきれないほどドッシリした味。甘みがしっかりとしていて、それに負けないぐらい全体の素材も際立った味。焼き菓子とパンも厳選素材のクオリティが効いてます。

蜂の家は、まゆ最中が有名です。5種類のあんを詰めたひとくち最中。私は柚子と黒糖が特に好きだな。この最中の皮は唇にパサパサくっつかなくて非常に食感がいい。サックリ&しっとりなんですわ。私パサパサは苦手なの。ほかに、どら焼きや生菓子なども美味しいです。

しかし私が最もよく買っている自由が丘のお菓子は、亀屋万年堂のナボナ(チーズクリーム)に違いない。ものごころつく前からの大ファン。今までの人生で私は一体何百個のナボナを食べたことでしょうか。たぶん千個は行ってないと思うけど・・・あやしい。口溶けのよいツルンとした白いクリームの中に、ちょっと硬めでビヨンビヨンと弾力のあるチーズの細長い粒が入っているのがタマラナイ。チーズの無骨な四角さが愛しい。あの小さなチーズを前歯でポチポチ噛むのが好きなんだ。ナボナフェチと呼んでくれ。

大学生のとき、一番仲のいい友だちにこんな冗談を言ったことがある。「私が将来、有名人になったらあなたには会えなくなるかもね! でも高級なおみやげを持ってきたら会ってあげる。ナボナとかさ」と言ったら爆笑された。私は真剣にナボナはお菓子の中でも最高級品だと思っていたのだ。「ナボナって子どものおやつだよ。ナボナが一番好きな有名人て絶対ヘンだよ!」と言われた。う〜ん、そうなんだ。今でもナボナは私のおやつのホームラン王よっ。

そいではっ、旅行にいってきます! 3/8火曜日の夜遅くに帰ってきまーす。

| | コメント (3)

2006.03.04

東京ドームホテルの中華バイキング。

陽子さんと、恒例のランチバイキングに行ってきた。今回は、東京ドームホテルのララチャイナ。天井高7メートルのオシャレ系中華レストランだ。縦長のフロアに沿うような長いビュッフェ台。前菜、副菜、主菜、デザートと台が分かれていて、それぞれに10品ほどの品物が置かれている。あたたかい点心は、テーブルサーブ。料金はランチ一人2625円です。12時に着くと、席は半分以上空いていた。最後まで満員にはならなかった。余裕ですね。平日だからかもしれないけど。

DSC0187704
DSC0188003
DSC0188201
本日のメニューは、エビマヨ、春巻き、花巻、エビチリ、油淋鶏、麻婆豆腐、フカヒレラーメン、おこげ、北京ダック、高菜炒飯、やきそばなど。どの品も素材がしっかりしててサイズも大ぶりで食べ応えがある。おこげはオーダーするとその場で素揚げにしてくれて、肉野菜あんをレードルでかけるとジュワっと音がする。エビマヨや麻婆豆腐など、おかず系は味付けが濃いめで花巻を片手にドンドコいける。

北京ダックはちょっと想定外の仕上がりだった。緑色のお皿の左上のが、それ。皮がボッテリ厚くて大きく、北京ダックは極小。気をつけないと味噌の味しかしない。皮を半分ぐらい残してやっとバランス取れるぐらいかなあ。しかもあんまり北京ダックの味がしなかったよ。よく見たら皮じゃなくて肉が多めだった。まあバイキングだしね。

味と雰囲気は悪くないけれど、また行きたいというほどではなかったかな〜。値段がもすこし安いか、北京ダックが美味しければいいのに!と、勝手なことを思いました。(滅多に食べられない分、北京ダックに期待しすぎな傾向)

そのあと都内某所で陽子さんとパワーストーンを見た。前々からほしいと思っていたゴールデンカルサイトを買うことができた。50ミリぐらいの大玉。色が濃くて内包物の入り方も加減が良くて気に入った(^^) 水晶クラスターや、ストラップなどもコレと思えるものを買えた。ウキウキ。ストラップは、3月10日発売になるソニーのFOMA(SO902i)を買おうと思っているので、それに合いそうな雰囲気のを先走って買った。本当に合うんだろうか。赤いのを買う予定なので、赤っぽいストラップ。色がかぶると変かしら。う〜ん、平和な悩みだね。

PS
ひでっちが先日作ってくれた塩からとキャベツのスパゲッティのレシピを、3月1日のコメント欄に書いてくれました。ご参照ください♪ ほんとに美味しいですよ(^^)

| | コメント (2)

2006.03.03

日曜から宮崎に行きます。

昨日はピオニアへのお越し、ありがとうございました。最近、母娘お揃いでいらしてくださるお客さまが増えてきて嬉しいです。一度お一人でみえた方が「次は母と来ます」と仰って、本当に来てくださるのです。「お母さんに会わせたい」と思ってもらえるなんて、カウンセラーとして最高の喜び。皆さまありがとうございます。

話は変わって、今週末の日曜日から火曜日まで(3/5〜3/7)、宮崎旅行に行ってきます。今回は、鵜戸神宮と青島神社をお参りする予定です。昨年の宮崎旅行でお世話になった謎の運転手さんに電話してタクシー観光を予約済み! 鵜戸神宮と青島神社は、海に面した絶景の神社。お天気になるといいなー。予報では曇りor雨なんです。皆さんどうか晴れるように祈ってくださーーい。

宮崎では他に観光する予定もなく、シーガイアの隣のシェラトングランデに泊まるものの、オーシャンドームには関心薄で行くかどうかわかりません。3日目は宮崎駅の近くでランチを食べたいのですが、どこかご存じの方いませんか? 前回はチキン南蛮だったので、今回はそれ以外で♪ ディナーは前回と同じく黒豚しゃぶしゃぶ食べ放題に行く予定で、すっごい楽しみです。しゃぶしゃぶ好きやな、ワジョリン。

| | コメント (4)

2006.03.02

デニーズで読書。美輪明宏「愛の話 幸福の話」

終日オフ。思いっきり寝坊して起きて、夕方から近所のデニーズで読書。うちのほうはオシャレなカフェなどは全くないので、本を読みたいときはデニーズに行く。駅も何もない僻地の住宅地のデニーズは、ヤンキーの溜まり場になるわけでもなく、ジジババがマッタリと餃子を食べている。

毎日来ている風情の60絡みのおじさんが、カウンター席でスポーツ新聞を読みながら、自分の頭を小一時間ほどバンバン叩いていた。ヘッドスパ行ったほうがいっすよ。隣の席のカップルは、何一つ会話せずにお互いのパフェをアーンして食べていた。店員は30分に一度ぐらいの頻度で皿を落として割り、「失礼しました〜♪」と手慣れた調子で叫ぶ。ユルいでしょ〜。こんな町に私は住んどります。

読んだ本は、美輪様の「愛の話 幸福の話」。愛するとは何か、愛されるとは何か、幸福とは何か、美とは何か、自分をどう捉えるのか、人生をどう動かすのか、といったお話。人生相談的な内容だが、相談者の手紙があるわけではなく、美輪様の一人語りになっている。美輪様の10代〜20代の頃の写真がふんだんに使用され、人生の歴史も重ねて語られており、濃ゆい内容です。

エレガントな語り口でいて核心を突く文章表現は、とても読みやすく、読後感の充足感が大きい。さすがは美輪様です。お手紙形式の人生相談本はいつも一刀両断で、それはそれでかっこいいのですけど。穏やかな気持ちで繰り返し読むには、この「愛の話 幸福の話」は好適でしょうね。一刀両断本だと、こっちも興奮して上がったり下がったりして忙しいもんで(笑) 

「愛のルールは、いかに相手に心配をかけないか」と書いてあった。私のことかまってよ、心配してよ、気を使ってよ。そういう女はヤツデの葉っぱに水あめつけたみたいにベターっと重いんだって! 心配事を一緒に背負ってくれることが愛だと勘違いしてはいけないそうですのよ。

自分がああしてほしい、こうしてほしいと求めるのではなく、相手が何を求めているのか、何を必要としているのか、相手の心の見えない部分まで見ようとするのが本当の思いやり。愛される女とは、思いやりのある女のことを言うのです。って書いてあったよー。いや〜〜〜、その通り。なんか最近ちょっと忘れてたよソレ・・・。

美輪様がね、赤木圭一郎と海辺へドライブに行ったとき、車を降りた彼が一人で海を見つめていたんだって。そのとき美輪様は一人で車に残ってタバコをふかしてたのだと。しばらくして戻ってきた彼の言った言葉が、「どうもありがとう。ひとりにしてくれて」だって! カッコイー! 野暮な女はそういうとき、「どうして私に相談してくれないの」「私を一人きりにしてヒドイ!」って文句を言うんだってさ。何も言わないことが思いやりのときもあるのだそうよ。

冷静に考えてみれば当たり前のことなんだけど、自分のほうばっかり向いていると忘れてしまいがちな基本ルールですね。皆さまも美輪様のご著書で再確認してみてはいかがでしょうか。

| | コメント (3)

2006.03.01

表参道セブンシーズでランチバイキング。

昨日はお休みをいただいて外に出かけた。ひでっちとの事前の計画では、表参道でランチバイキング→表参道ヒルズ見学→明治神宮参拝→代官山散策→自由が丘でマッタリ。そんな心づもりであったが、結果的に表参道でランチバイキング→自由が丘でマッタリ。だけになった(笑) 

いやぁ〜、なんだか寒くてね。雨も降ってきそうで。表参道ヒルズはなんか混んでいそうで今度にしたくなったし、明治神宮は寒いからやめといて、代官山より自由が丘のほうが落ち着くから早く行こう、てことで大合意。マイペースだなあ私たち。そんな自分らが好きっ。はっはっはー。

ランチは青山ダイヤモンドホールの地下にあるセブンシーズに行った。地下鉄表参道駅B5出口から直結という好アクセス。洋食バイキングで、ランチは1人1500円。ホテルオークラがやってるらしい。前に一度一人で行ったら美味しかったので、久しぶりに行きたくなったのだ。

DSC0187001
午後1時に着くと、満席で40分待ちだと言われた。そうなの!? 前に来たときは空いてたのに。いつの間にか大人気になったんだなー。名前を言って、店の外にあるソファで待つと、20分ぐらいで呼ばれた。案外早かったな。お客さんはほとんど女性。お子さん連れの人もいるけど、騒いでる子はいなかった。店内は清潔感があって美しい。カジュアルな気分で来られて、席数がほどよく少ないのでサービスも行き届いていて、お料理がこまめに出てきて美味しい。品数はそれほど多くないながらも、一つ一つが丁寧に作られている感じ。味付けは、塩味がやや強めかもしれない。私は好き。

本日のメニューは、牛肉のグラタン、豚肉と野菜の炒め物、サワラの南蛮煮、サーモンのタルタルソースがけ、かぼちゃサラダ、チキンサラダ、ペペロンチーネ、シーフードスパゲティ、カレーライス、オニオンガーリックスープなど。写真があまりきれいに写ってなくて残念。どのお料理もハズレなく美味しかったです。デザートのフルーツヨーグルトもとても美味しかった。たぶん生クリームが大量にまざってたんだと思う。おかわりしに行ったら別のデザートが出てた。ヨーグルトババロア。これもいい。よく食べたなー。あんまりうるさくないから、ゆっくりお話もできた。2時間ぐらいいたよ。

外に出るとやっぱり寒くて、表参道ヒルズの前を通過しながらショーウインドウを見る。私の主観では、あんまり東京っぽくないように感じた。こういう平面が連続したデザインは私にはなんとなく関西風に見える。そういえば設計者は大阪市長候補にも名の上がった安藤忠雄さんだったーね。中には入らなかったから、また行ってみよう。

自由が丘に着いて、ジュノエスクベーグルでお茶。ここはカフェとしてなかなか使えるベーグル屋さん。ドリンクメニューも充実してる。さっきバイキングで目一杯食べてきたばかりなのに、フレンチフライとベーグルもオーダー。だって美味しいんだもん。倭姫もベリー系のベーグルを食べていたわ。小さいバスケットを持参して、おみやげのベーグルを4個ぐらいきっちり詰めていた。ほんとにおやつが好きなんだよね、倭姫。

そのあとひでっちの家におじゃまして、一緒にテレビを見ながらツッコミを入れまくった。芸人さんがマジでカラオケ歌う番組だった。私たちの見解でも評価が最高値だった長州小力が優勝。他の芸人さんには、ちょっと言えないような・・・書けないような・・・ものすごいツッコミの嵐。ひでっちー、あなたはスゴイわ。その観察力と批評力、改めて尊敬します。仕事柄もあるんだろうなー。ひでっちはクリエイターさんなのだす。

夜ごはんは、ひでっちが塩辛とキャベツのスパゲッティを作ってくれた。愛情いっぱいのお料理、超おいしかった。ごちそうさまでした♪ キャベツ食べたぞー。

| | コメント (10)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »