« 倭姫が選んだ青白磁。 | トップページ | 第二、第四木曜日はチクテベーカリーの日。 »

2006.01.12

母校、和光大学人文学部。(江原先生の後輩でもある)

昨日は品川で出張カウンセリング。月がきれいだったなー。品川に行くといつも行く、アウトバックステーキ&グリルでハンバーグ食べてきた。その帰りに駅構内のecuteに寄って、和楽紅屋by辻口博啓のラスクとC3(シーキューブ)のイタリアンスイーツ買ってきた。おいし〜い。今日も食べ過ぎです。

ついでにといっては何ですが、出張カウンセリングの料金設定が2005年の12月に変わりました。出張料込みでお一人様40分間1万円、カフェなどを使う場合はお茶代もご負担願います。30分コースと1時間コースはお休みします。というより出張カウンセリング自体を、最近ほとんどお受けできていないんですが。どうもすみません。

昼間はヒマだったので家で雑誌を読んだり、「おもいッきり生電話」を見たりしてた。みのもんた不在のおもいッきり生電話は消化不良になるな。カンバック、みのもんた!!

雑誌は先月創刊された「psiko(プシコ」っていうのを読んだ。「日本ではじめてのサイコロジー・ジャーナル」だって。心理学的なアプローチで現代社会をひもといている雑誌ですね。けっこう面白い。女性誌系でよくある男性心理、女性心理の考察みたいなものを、もう一歩だけアカデミックな切り口に近づけた感じ。小難しくなくて軽く読める。大学時代に勉強した心理学や精神分析学の講義の内容をうっすら思い出させてくれる。

私が通っていた和光大学は、当時だと人文学部と経済学部に分かれていて、私は人文学部の学生だった。人文学部は、文学科・人間関係学科・芸術学科の3学科があり、人文学部の学生はどの学科の講座を選んでも単位が認められるのであった。

私は文学科の講義をメインに受講してたけど、芸術学科で色彩論を学んだり、人間関係学科で心理学、精神分析学、哲学、考現学など、面白い講義を数々受講させてもらった。あまりにも風変わりな年度末テストなどが行われるので、雑誌の取材が来ていた。「グランドに出て短歌を作って提出しなさい」とか「スターリンのライブを見て感想を書きなさい」とか。そのテストのために遠藤ミチロウのスターリンが学校に来てライブをやったんだよぅ。変な学校なの。

私がとりわけ楽しみにしていたのが、岸田秀先生の精神分析学だ。「ものぐさ精神分析」や、伊丹十三監督との対談本などで有名な先生ですね。

「すべての現象は言葉で説明ができる」と言い、毎年年度始めの講義で学生に質問を提出させる。「なぜ人は自殺するのですか?」「なぜ人は欲があるのですか?」などといった質問に即興的に、なおかつ学術的に、バシバシ答えていくのだ。

フロイドの話など引き合いに出してくれて、精神分析学の世界で有名なエピソードなど数々聞けた。ときどき話してくださる、岸田先生自身の生い立ちなども非常に興味深かった。先生は香川の芝居小屋の家に生まれて、自身の強迫神経症に立ち向かうためにフロイドを学んだ人なのです。(フロイトじゃなくてフロイドと呼ぶのが岸田流)

岸田先生の講義は本当に楽しみにしていて、大学4年間のうち3年間はほとんど欠席することなく聞きに行った。岸田先生は出席を取らないんだけどね。出席も取らないし、全然関係ない部外者もノーチェックで歓迎という不思議なスタイルだった。著書に「私の講義は誰でも歓迎するのでいつでも大学に聞きに来てください」と書いてあるのだ。白髪の老婦人や、主婦の人など、明らかに学生じゃない人で、よく見かける人が何人かいた。

4年のうち3年間しか受講できなかったのは、私が3年生のとき、岸田先生がフランスに研究留学に行ってしまったからだ。そのようにお慕いし、著書も数多く読ませていただいた岸田先生ですが、個人的に対話ができたのは卒業式の日だけでした。

あまりにも憧れていて、恥ずかしくて話しかけることができなかったんだもの。でも私が秀サマ愛好家なのは有名だったので、卒業式の日に友だちが「一緒に写真撮ってもらいなよ」とそそのかしてくれたのだ。その写真は宝物(^^) いい思い出になった。なんだか話がズレまくってますね。すいません。

まーそういうわけで、私は心理カウンセラー関係の資格は持ってませんが、心理学はけっこう好きだったのね。本もずいぶん読みました。100冊は読んだ。惜しむらくは、内容を全然覚えていないということです。勉強なんてそんなもんだな。ハハハッ。

|

« 倭姫が選んだ青白磁。 | トップページ | 第二、第四木曜日はチクテベーカリーの日。 »

コメント

wajoさんに一つ質問です。
ネットの百科事典ウィキペディアによると、江原氏は、和光大学中退となっているけど、事実なんですか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/江原啓之
どうでも良い事だけど、ちょっと気になったもので。・・・

投稿: 和泉龍達 | 2006.01.12 16:02

岸田先生は退官されたようですね。。。
ワタシは和光に岸田先生がいるので
入ったんですよー
ゼミには、もう卒業された方も来ていたり、
みんなこんな時間に来れるなんて
何しているんだ?と思ったりしましたヨ

投稿: ルーリー | 2006.01.12 21:37

和泉龍達さん
私はご本人ではないので「事実ですよ」と申すのは憚られますが、
大学1年のときに心霊現象があまりにひどくて引っ越しを繰り返したら
学費がなくなってしまい中退したと聞いております。
その後、國學院大學に進まれて卒業なさっています。

ルーリーさん
きゃー!! ルーリーさんは岸田ゼミだったんですね!!
私は荒木繁ゼミで近松門左衛門の勉強をしてましたーーー。
あの大学はほんとに謎の人が多かったですね。

投稿: ワジョリーナ | 2006.01.13 03:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 倭姫が選んだ青白磁。 | トップページ | 第二、第四木曜日はチクテベーカリーの日。 »