« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

2005.09.30

KI-NOを卒業。自由が丘で個室カウンセリングをスタートします。

やっと諸般の準備が整いましたので、皆さんにお知らせいたします。

実はKI-NOを卒業することにしました!
新しい拠点は、自由が丘になります。

佐藤陽子さんのお部屋=スペース・ピオニアで、週2日カウンセリングをさせていただくことになりました。佐藤さんの定休日に、私がお借りする形になります。原則的に、毎週月曜日と木曜日が私の日です。完全個室ですので、気兼ねなくお話いただけると思います。

詳細は、私のホームページをご覧くださいませ。
●カウンセリング窓口。

おかげさまで、ずっと夢に見ていた個室でのカウンセリングを、こんなに早く実現できました! 「何年後かには、自由が丘の個室でカウンセリングがしたい」と、私が常々話していたのを、誰かさんが聞いていてくださったのでしょうか。私の考えていた条件は、自由が丘で、個室で、閑静な環境で、自然光が入り、座り心地のいいソファがあるお部屋でした。スペース・ピオニアは、すべてにおいてこの条件に当てはまっています! 本当に、願ってもない好環境を与えていただきました。

私が初めてピオニアで陽子さんに占っていただいたとき、「いつかこんなお部屋でできたらいいなあ」と、漠然とした憧れの気持ちを抱いたものでした。次の機会に陽子さんにお会いしたとき、「よかったら私が休みの日に使わない?」と言われて、天にも昇る気持ちになり、その幸運を信じられないほどでした。

この恵みに心から感謝し、気持ちを込めてお客様をお迎えしたいと思います。

そして約1年3ヶ月の間、私を育ててくださったKI-NOには、言葉もないほど感謝の気持ちでいっぱいです。素人上がりで師匠もいない私は、KI-NOのオーナー美香ちゃんと、店長代理のミノリさんの愛情あふれるサポートがなければ、決してこの仕事を身につけることなどできなかったと思います。ご恩返しもできないうちに、勝手に卒業をして申し訳ない気持ちでいっぱいですが、いつか何かの形でお返しができればと思います。皆さん、これからも、よりすぐりの中国茶を召し上がれるカフェKI-NOをよろしくお願いしますね! 私もときどき、お客として立ち寄ろうと思います。

9月の1ヶ月間、私は陽子さんの休業日にピオニアに密かに通い、オーラマーキングをしていました。これから使わせていただくお部屋に、自分の波長をなじませるため、それだけの期間が必要だったのです。そんなことやってるからブログに食べ物の話しか書けなくて、毎日遊んでるだけみたいで恥ずかしかったです(^^;) 昨日、ピオニアに初めてのお客様をお迎えして、手相を拝見しました。落ち着いてお話ができて、お客様にもたいへんお喜びいただけました。もう皆さまをお迎えして大丈夫だと思います。どうぞお越しください!

ところでたいへん恐縮なのですが、KI-NOのほうにご予約いただいたお客様も、自由が丘においでいただくようお願いをさせていただきます。KI-NOでご予約いただいたお客様は、KI-NOと同じく25分間5千円で承ります。

出張カウンセリングのご予約をいただいていたお客様は、月曜日or木曜日に自由が丘でご都合が合うようでしたら、(1)25分間5千円(2)1時間1万1千円の、いずれかをお選びください。

月曜日・木曜日以外の日のご希望で、渋谷・新宿・有楽町などのカフェでのカウンセリングをご希望のお客様は、従来と同じく、(1)30分間8千円(2)1時間1万3千円の、いずれかをお選びください。

ご予約いただいているお客様方には、私のほうより順次ご連絡を差し上げますので、今しばらくお待ちくださいませ。

なお、ご新規のお客様は、いずれも45分間1万円で承る予定です。現在、ご予約のお客様が大勢いらっしゃいますので、そちらの方々がお済みになってから、新規の予約をお受けしたいと思っております。

いろいろとご迷惑をおかけしっぱなしで、本当に申し訳ありません。
どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。
一生懸命がんばります(^^)

| | コメント (9)

2005.09.29

朝6時出発で、小桜姫神社3回目の参拝。

この前からずっと倭姫さんがリュックを背負って、私が小桜姫神社に行くのを待っているのを感じてた。リュックを背負ってジーッとしてるだけで、「行こうよ」とは言わないのだけど、とても待ち侘びてる雰囲気・・・・・。

私だって、前回参拝したとき小桜姫さんに、「今度はお一人で、もう少し早いお時間に1時間ほどいらしてみては?」と言われたのを忘れたわけではないのよー。早い時間に起きられないから、なかなか行けなかったのーーー。などと言い訳していたら、すごい早起きさせられた。

前夜10時頃ウトウトして、夜中の1時に目が覚めて、もう一度寝ようと思っても眠れなかった。明け方5時ごろ、倭姫の声が聞こえた。「今からしたくすれば9時ちょうどにお参りできるニャー」。そんなかわいい声で言われると困っちゃいますよ。

お風呂で潔斎してノロノロ支度して、家を6時過ぎに出た。外に出たら、呼んでもいないのに玄関前でタクシーが待ってた(爆) こんな裏道に空車のタクシーが来るのは珍しい。私は京浜急行に乗るときは、いつも平和島駅までタクシーで行くのだ。それが一番効率的なの。姫が呼んだのか・・・と思いながら素直に乗車。

家を出たときから、倭姫が「水菓子持ってきたい」と言っていたので、平和島で探した。しかしそんな早朝で、どこも店が開いてなく、何も買えなかった。仕方ない。6時40分発、三崎口行き快速特急に乗る。平和島駅では空席もあったが、次の停車駅京浜蒲田ではもう満席。座らせてくれてありがと、姫よ。

赤い電車に乗っかって♪(byくるり)はるばる約1時間。三崎口駅へ到着。ブオー、今日は曇ってるよ。寒い? 寒いかも。駅前の看板に「浜諸磯へは、天神町バス停から徒歩15分」と書いてあった。小桜姫神社のある浜諸磯は、ちゃんとバス停もあるんだが本数が少なく、しかも一度乗り換えなくてはならない。バス1本で行けて歩いて15分ならまあいいかーと思い、天神町で降りた。

天神町のローソンのある交差点を、宮川青果物店のある道に入り、ひたすらまっすぐ歩くと浜諸磯に着く。初めて行ったとき自動車で通った道なので不安はなかったが、徒歩15分のはずが全く着かない。車なら3〜4分なのにねえ。やっぱり徒歩は遠い。途中、早朝から営業している八百屋さんを発見。見事に大きい豊水梨を3つ買う。うー、そうか。きっとこれを買うためにここを歩くことになったのだな。

写真を撮ったりしながらデレンコデレンコ歩き、海が見えたのは30分も歩いた頃だった。全然15分じゃないなー。まあ私は脚が悪いから遅いんだけどね。おおお、やっと着いた。ちょっと小雨まで降ってきた。誰もいない。寒いよー。
DSC00125
諸磯神明社=小桜姫神社の鳥居をくぐる。大きな銀杏の樹が何本もある境内は、銀杏がたっくさん落ちていて、気をつけてもときどきグニャっと踏んでしまう。柏手を打った時刻がちょうど午前9時。倭姫が言った通りの時間だ。私がバス停から30分も歩くのも予定済みだったってことかいな。

さっき買ってきた梨を3つ並べ、倭姫さんがこの金額でというお賽銭を投じ、心を込めてお祈りした。姫は「この金額で」などと普段は絶対言わないのだけど、今日だけはどうしてもこれぐらいはお渡ししないといけないと言っていた。お賽銭としては少しだけ多いんでないかという金額で、「本当にそんなに?」と聞いたところ、「大事なこと教わるんだから、それが筋ってもんなんでっすぅ〜」と、ほっぺたふくらませて言ってた。

1時間ほどいたほうがいいということは、2本先のバスまで1時間半弱ほどここにいることになる。さ、さ、寒い。海風が厳しい。あまりにも寒いので、Tシャツの中に腕を収めて姫ダルマ状態となる。小雨が降ったりやんだり。空からは銀杏がひっきりなしにボトボト落ちてくる。海風の音だけが聞こえる環境で、これは寂しい。たまらず、ひでっちに「寒い」とメールする。すぐに猫が海辺で傘さしてるAA入りの返事が届いて心が和んだ。ホニャー。ありがとー、ひでっち。

ずっと海を眺めてた。バスの時間が近づき、もう一度参拝した。小桜姫さんに「あなたには良い方がおつきですね」と言われた。倭姫の礼儀正しさやユニークさを賞賛してくださっているように感じた。私も姫のそういうところが好き。

きっとまたこちらには何度もお参りするのだろうと思う。今度はいつかなあ。
DSC00150
バスで三崎東岡まで行き、そこで乗り換えて城ヶ島へ。海風で冷えた体を温泉で温めるぞう!! ということで、城ヶ島京急ホテルの日帰り温泉、雲母の湯(きららのゆ)を目指す。途中軽くネギトロ丼を食す。気のせいか美味しく感じる。でも観光地価格だ。これはどうなんだ。

ホテルまでは、海沿いの道を歩いて行く。青々していて美しい海。岩場が変わった形をしている。雲母の湯は、海洋深層水を仕様した露天風呂。水深200メートルより深いところからくみ上げた水で、細菌が少なくミネラルを豊富に含んでいるんだそうだ。前回行った油壺の観潮荘よりもひっそりした雰囲気。温泉はほぼ貸し切り状態で楽しめた。
DSC00147

しっかし静かだな・・・。浴室は超シンプルで、大きな内風呂と、小さな露天風呂+足湯。それだけ。海は温泉に浸かった状態では見えず、足湯からは視界90度ぐらいの範囲で見える。いいんだけどちょっと寂しすぎたかも。シーンとした静寂を味わいたいなら、ここはいいと思う。個人的には、多少ざわついていても観潮荘のほうが楽しかった。泉質も、油壺のほうが良かったように思う。ツルツル感が全然違う。

早起きしたおかげで、夕方には家に着いた。少し仮眠して、近所の焼鳥屋さんへ。幼なじみのなおみちゃんの子どもさんたちが、離れて暮らすオーストラリアから遊びに来ているので、一緒に食事した。なおみちゃんと、同じく幼なじみのS子ちゃんと、子どもさん2人と私。私は英語がしゃべれず、子どもさんたちは日本語がしゃべれないので、なおみちゃんに訳してもらいながらお話した。「ワジョさんのブログを読むと一緒にバイキング行った気になって、おなかいっぱいになるのよね」などと、なおみちゃんが子どもさんたちに話していた。

お父さんがドイツ人で、二人とも顔立ちがはっきりした美男美女。私もこんな大きな子どもがいてもおかしくない年齢なんだねえ。バツイチでさえない私たちはやばいんでないかと、S子ちゃんと語る。しかし寝不足のせいか、危機感の薄さのせいか、あまり語りに熱が入らない。鶏雑炊をいただいて満腹になったので、そろそろ帰ろうと言った。なんか勝手だね私(笑) 朝早くから行動すると一日が長いなー。3日分ぐらい動いた気がする。ではおやすみなさい。ポー!

| | コメント (0)

2005.09.28

バイキングの際の注意点。

昨日はお家でネーミングのお仕事。夕方から、整骨院に行く。背中が痛い。この前も同じぐらい背中が痛くなり、先生に「仕事が忙しかったせいでしょうか。今日は特に背中が痛いです」と言ったら「背中のここが痛いときは、食べ過ぎのことが多いんですけどね」と言われた。その日は渋谷ラージパレスで食べ放題に行った日だった! で、昨日もヒルトンのバイキングの翌日で、同じように痛んだ。「すみません、またバイキングに行って背中が痛くなりました」と言ったら、先生に爆笑された。食べ過ぎ注意。

先生にアドバイスをいただいた。バイキングは最後にデザートの甘いものを食べないほうがいいんだそうだ。ケーキ等を食べると消化が鈍くなり、おなかの中が混沌としてしまうんだとか。甘いものを食べるなら、食事をスタートする前に果物を一口二口食べるのがベストなんですって。それから食事は、一気に素早く食べるのではなく、会話を楽しみながらゆっくり食べること。そうすれば、こんなに体が痛くならないらしい。そうなのか。今までまるで逆のことをしていたよ。

皆さんもバイキングの最後にケーキを食べないように! 指令です。私も食べません。約束はできませんが(笑)

| | コメント (2)

2005.09.27

手相カウンセリング、ひっそり再開。

DSC00085

昨日のランチはカバラの佐藤陽子さんと、新宿ヒルトンホテルのセント・ジョージバーでカレーバイキング。1890円でこの内容ならオトク。バターチキンカレーのお味などハイクオリティでしたわよ。クリーム味の野菜カレーと混ぜると尚のこと良し。焼きたてのナンと、パラッパラのサフランライスの軽快な味わいも気に入りました。サラダも食べ放題。一流ホテルならではの、気配りあるサービスにも満足。

陽子さんとは来月一緒に長野へ旅行に行くのだ。その打ち合わせなど兼ねて、4時間半ほどおしゃべり。カレーバイキング終わってもホテル内のソファでひたすらおしゃべり。陽子さんがお客様に、「出会いはいつあるかわからないのよ! 今日の帰りだってあるかもしれないのだから気をつけて!」と言ったら、本当にその帰りに寄った店で結婚相手に出会ってしまった話など伺った。おもしれー。ミラクル。

2階の売店で、陽子さんお薦めのヒルトン名物バナナブレッドを買った。1本777円ながら、パウンドケーキ10カット分ぐらいの大ボリューム。ブレッドと言いつつ味は完全にパウンドケーキ。これは美味しいわ〜。陽子さん美味しい物いろいろ教えてくださっていい人!! 都内のバッフェにもお詳しいのです。強力なブレーン登場ですね。

夕方、新宿から山手線でバビューンと品川へ。某高層オフィスを訪ねた。途中、おととい会うはずで会えなかった教授秘書Gさんにバッタリ会う。思いがけないところで友達に会えるとうれしくて元気出るね。その勢いで、仕事に向かった。

5月に伺った高層オフィスの再訪問です。前回おかげさまで好評をいただき、また新たな方々にお集まりいただき、出張カウンセリングとなりました。30分間×6名様で3時間。好調でした! 倒れる前よりメッセージがはっきり聞こえる。オラも少しづつ成長してんだなあ。たぶん。

手相を拝見する話を書くのは久しぶりですよね。実はひっそりと、9月に入った頃から週2〜3名様のペースで慎重に拝見しています。だいぶ調子が良くなってきました。もう見れる!と、ほぼ確信できています。

皆さまたいへんお待たせいたしました。キャンセルしていただき、ご予約待ちしていただいている方々に、順次ご連絡差し上げるようになると思います。先にお待ちいただいている方から順番にご連絡いたしますので、どうぞそのままお待ちくださいませ。

勝手ながら、再開に関するお問い合わせはご遠慮いただけますと幸いです。KI-NOのほうにお問い合わせいただいても、お返事できませんのでご了承ください。どうしても何かございましたら、私のほうにメールをお願いいたします。

ではこれからもがんばりまーす(^^)
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (3)

2005.09.25

横浜伊勢佐木町、イヤムプシャナーでタイ料理満腹。

渋谷でお仕事のあと、東横特急で元町・中華街へ。デザイナーOさんのお宅にまたおじゃました。最近お会いするときいつも大勢でワイワイだったので、たまには二人でじっくり話しましょう♪ ということで、マンツーマントーク。コイバナや共通の友人の話をガハガハしていたら、あっという間に3時間経ってしまった。

DSC00067
途中、キッチンのほうから「チーン」と何度も音がするので不思議に思っていたのだが、なんとOさんはパン好きの私のために、手作りのパンを作ってくださっていたのだ! なんて優しいのでしょう。焼きたての手作りパンのお味は、文句なしに最高だった。一つはピーナツバター味で、もうひとつはシナモンレーズン味。黒糖を使って「テキトーに」作ってくださったんだそうだ(笑) テキトーでこんだけ美味かったら、ちゃんと作ったらどうなるというのっだーっ!! 感動のパン、今年のベストワンです。

家に帰ってそのパンの写真を見ると、「私はなんて幸せなんだろう。こんな素敵なパンを用意して待っていてくれる友達がいるなんて(;_;) 」との思いが胸いっぱいに広がった。で、喜びのあまり、おみやげにいただいてきたパンをまた食べた。満腹でエビ反るほどタイ料理を食べてきたというのに。

そうそう、パンを少しいただいたあと、デザイナーSさんも合流して、3人で伊勢佐木町のタイ人街にタイ料理を食べに行ったのです。地元の人が、タイ料理ならココ!と噂しているというイヤムプシャナーが標的。ちょっぴりわかりにくい場所で、少し迷った。関内駅から歩くと20分ぐらいの場所だっただろうか。時代の止まった世界がそこにある。昭和の香り漂う食堂、カフェ、洋品店などの並ぶメインストリート=イセザキモールより1本脇の道に、イヤムプシャナーを見つけた。

パンを食べてきたばかりだというのに、メニューをめくるのももどかしいほど食欲が沸き立つ。「タイ料理は別腹」とOさんが言った。至極名言。

10人も入ればいっぱいになるような小さなお店。いや、外のバルコニーにも席があったから、20人弱は入れるのだろうか。ちょうど私たちが入れる分だけ席が空いていた。ラッキー!

DSC00073
ここんとこ連日のごちそう続きだが、また豪快に頼んでしまった。タイスキ春雨入り、豚肉のナンプラー揚げ、鶏肉の焼き物(ガイヤーン)、パパイヤサラダ(ソムタム)、餅米、グリーンカレーセット。ここまで頼んだ時点で、店の人に「けっこう量多いです」と言われた。だがしかしこれらをすべて平らげたあと、焼きそば(パッタイ)と、さつまあげ、フレッシュマンゴージュースを頼んだ私たちは怪物くんです。サービスで餅米のバナナ葉巻きもいただいちゃいましたよ。悪いっすねホント。

これだけ食べておきながら、「マイクロダイエットは効くらしい」とか「アメリカの病院でやってる野菜スープダイエットは絶対痩せる」とか、散々話しました。デザイナーSさんがマイクロダイエット初日で、朝と昼をそれで済ませてきたと仰るもので、興味津々。こんなにタイ料理を食べても痩せるのでしょうか。謎。2週間後に成果の報告を受けることになっております。どうなのよーっ。知りたい!

Sさんに「ワジョさん、食わず嫌い王に出るとしたら何が苦手なものになります?」と聞かれた。答えは鰻の蒲焼きだな。香りが苦手で、鰻の乗っていた残りのごはんさえ食べられない。「じゃあビストロスマップなら何がテーマ?」「丸鶏そっくり一羽美味しく食べたい!かな?」でした。町屋へ行けってか。皆さんは何?

イヤムプシャナーの料理は全部美味しかったけど、特にこの店ならでは!の美味しさを感じたのは、餅米の上にソムタムを乗せ、マゼマゼして食べるやり方。店の人に教わったの。ここのソムタムはけっこう辛口で、単体だと私には辛すぎたのだけど、こうして食べるとちょうどマイルドになって美味しい〜ぃかったです。あと、ガイヤーンがふっくらと焼けていて、一緒に出てきたタレも絶品。なんだろうこれ、しょっぱくてタマネギとか色々入ってるけどタイの調味料で何が入ってるかは不明。絶対家では作れない。

DSC00078
さらに、フレッシュマンゴージュースの美味しさには感動した。氷とシロップと熟した生マンゴーをミキサーでババババッとシェイクしたもの。甘すぎず生のフルーツの香りが生きている。ソフトフローズン状態で最高にうまい。多分あれは、みやたゆうこさんちにあるのと同じ高級ジューサーミキサーだな。こんな美味しいジュースが作れるなんてうらやましい。

これだけ食べて、全員エビ反り状態になって、お会計は一人3千円。安ぅいー。感激。また行かなくちゃ。ここの店の看板の、タイ風ラーメンをまだ食べてないし、チャーハンも気になるじゃない? オクラの花のジュースっていうのも美味しそう。サービススタンプがいっぺんで1枚いっぱいになり、次回はお好きな料理1品無料だって。いいお店だなー。こんな店があるなら、横浜のお店ももっと発掘したい!

| | コメント (3)

2005.09.24

スカイスパ横浜で寿々ちゃんと水かけっこ。

昨日は寿々ちゃんとスカイスパ横浜でリラーックス。日が沈む前の時間に行ったので、外の景色もバッチリ見えた。みなとみらいの景色は日に日に変化している。ちょっと行かない間に新しいビルがにょきにょき生えていた。私が最初にスカイスパに来た5年ほど前の頃は、ランドマークタワーと高速道路以外なんもない感じだったもんだ。

スカイスパはこの眺めが素晴らしいんだが、女性の浴室は夕暮れ前にブラインドが降ろされてしまう。日が暮れると外から見えやすくなるのかも。昨日は5時半頃しまっちゃったよ。ドイツ式サウナ・ボナサームの窓からだけは、夜景が見える。サウナは暑いから入らないのよ私。ミストサウナなら入れるの。

つーわけで、寿々ちゃんと古代ローマ式スチームサウナ・テルマーレで水のかけっこをする。本日のアロマはユーカリ。癒される〜。汗をかいては水で流しあい、汗・水・汗・水と繰り返す。寿々ちゃんが予約していたアロマトリートメントマッサージの時間も忘れるほど長居。だめじゃんよ。ギリギリ間にあったらしいけど。

寿々ちゃんがマッサージしている間、私は水風呂とジェットバスをノソノソと往復。2時間ほど入浴し、お風呂上がりはリラクゼーションルームで1時間ほどお昼寝。ニャー。最近ここは改装したらしくて、椅子も新品で気持ちいい。

200軒近いお風呂屋さんに行ったけど、ここは駅からのアクセスもいいし、景色がきれいで、浴室の清潔感もあり、客層も悪くなく、ワジョリーナのベスト3に入るぐらい好き。ジェットバスが強力で、背中のコリをほぐほぐできる。自分で気の済むまでほぐほぐできるから、マッサージよりも効果あるぐらい。

こちらにいらっしゃる方は、同じビル(横浜スカイビル)の1階にあるローソンのロッピーで前売り券を買っていくと、少しだけオトクになりますよ。

たっぷりスパを堪能したあと、横浜駅西口の、しゃぶしゃぶ温野菜へ。国産和牛食べ放題で、美味しかった〜。写真、予告したけど失敗しました。ブヒーッ!!

一皿がたぶん50グラムぐらい。二人で20皿ぐらい食べた。まあまあだな。ここのお肉は霜降り系で柔らかく、スイスイ入ってしまう。私ったら前の日もジンギスカンをスイスイ食べてたし、やばいんである。野菜不要で肉以外は一切食べない肉食獣の寿々ちゃん的には、お腹のコンディションが万全でなかったため、今ひとつ満足まで届かなかったらしい。

それにしても寿々ちゃんとしゃべってると本当にお互い地のまんまで、おかしくてしょうがない。普通のことしゃべってるだけでも笑いが止まらない。寿々ちゃんは誰もが認める美人でセンスも良く、たいへん礼儀正しい人でもあるのだけど、私と本音トークしてると止まらなくなるらしい。危険な相性だ。しゃぶしゃぶ食べ放題90分制限なのに、なぜか2時間以上いた。幸せな一日だったなあ。

えーと私、毎日遊びの話ばかり書いていますが、一応仕事もしていますので(^^;) 「忙しい!」とか「仕事に追われて!」とか言わない主義なの。ときどき言っちゃうんだけどね。テヘ。今はそんなに忙しくないけど、いいペースでお仕事しています。手相のほうも、着々と準備をしているのですが、まだはっきりしたことを言えない段階で恐縮です。いろいろやってんですよぅ、これでも。

| | コメント (4)

2005.09.23

空と大地とジンギスカンとワジョとひでっち

自由が丘で友人hちゃんと久しぶりに密会。彼女は私の癒しの天使。お話するとホッとする。もっと仲良くなりたいなー。彼女の結婚が決まったと聞いて、激しく興奮するワジョリーナ。ぅおめでとうぅぅ!! とても穏やかな表情のhちゃんは、もともとの美しさに加えて幸せオーラに包まれ輝いていた。いい感じだわ〜〜〜〜〜〜〜〜。

一方、ヨレヨレが完治していない私は帰宅後、hちゃんから「ワジョさんがまだ完全には元気ではないのかなあとちょっぴり気になってしまいました」とご心配のメールをいただいてしまった。スマン、心配かけてスマンです。あのあとジンギスカンをたらふく食べて、かなり元気を取り戻しました。

ジンギスカンは友人ひでっちと、自由が丘に9月15日オープンしたばかりの「空と大地とジンギスカン」へ。ヤマダ電機の向かい側にできた。長いテーブルに10席ぐらいづつ椅子があり、卓上コンロが運ばれてくる。長テーブル×4プラスアルファぐらいだったかしら(要確認)。駅に近いカルニチン堂は予約ができない行列制で、30分ぐらい並んだけれど、ここは7割ぐらいの入りで、スッと座れた。たまたまかもしれないけど。

この店の売りは、創業58年秘伝のタレ。北海道羊蹄山のふもとで96歳のおばあちゃんが、このタレを作り続けているんだそうだ。ジンギスカン鍋もおばあちゃんから譲り受けたんだと店の人が言っていた。

DSC00051
お店の人たちはみんなにこやかで感じがいい。ラム肉、野菜、タレのジンギスカンセットが千円(タレつけ放題コースだと1100円)。追加肉800円。じゃんけんもやしをオーダーして勝つと、鍋いっぱい山のようにもやしをよそってくれる。まあ大体勝つようなシステムになってんだわよ。行けばわかる。

お肉は薄切りでスジっぽさもなく、とても食べやすい。もちろんくさみもない。秘伝のタレはフルーティな香りで、かすかな酸味が爽やかで良い。見た目も質感もあっさりしているけれど、味のバランスが良く、肉のうまみを引き立てている。肉も野菜もビシャーッとつけてもくどくならない。むしろ後味が軽くなり、いくらでも食べられそう。フルーツと野菜をおろしてまぜてるのかな。接写モードで撮影!! 

なんだかやたらともやしをいっぱい食べた。超ヘルシーだ。デザートに美味しいソフトクリームもいただいて、お会計は一人3300円。安いなー。これだからジンギスカンはやめられない。うちから歩いていけるとこにもできればいいのに。

それにしても、ここんとこ食べ物の写真ばかりですね(笑) 言っとくけど明日もそうなる予定です!!

| | コメント (0)

2005.09.21

前のめりにヨレった猫、ワジョリーナ。

9時間の長電話のあとヘニャヘニャになり、夢か現実かわからないような浅い眠りを迎えた。私は毎年9月に弱い。何かと打たれ弱くなり、すぐへこむ。いつもなら平気なことがだめになる。このパターンから抜け出す方法はないかしらねえ。

夢の中で山口智充さん(ぐっさん)が背中をマッサージしてくれた。話を聞いてくれて、なんだかとても優しかった。ぐっさんは私のすごく好きなタイプだ。体がでかくて音感がいい。素敵!! 願望モロ出しですなー。疲れてんだな私。こんなに休んでいるのに。

DSC00026
夜は教授秘書Gさんと、ぼてぢゅうでお好み焼き。ネギ焼きのモダン焼き、もちチーズ焼き(写真)、豆腐ミックス焼き牛すじ入りの3枚をペロリ。もちチーズ焼きが一番おいしかったな。意外とぼてぢゅうはイケる。

「ワジョリーナさん、どうしたんですか。前のめりにヨレってますよ」と言われてしまった。いつもは猫みたいにしっぽでバランス取ってる感じでフンニャラコフンニャラコ歩いているのに、今日は前のめりで倒れそうになってるという。危ニャー! 「あんまりヨレヨレで、デジカメも出てこないじゃないですか」と言われて、急いでデジカメを出した。すかさず自慢。すっごく誉めてもらって満足〜〜〜。Gさん優しい。

なんだかとってもダメダメな日記で恥ずかしい・・・。まあこんな日もありますよと。

| | コメント (0)

2005.09.19

ソニー・サイバーショット DSC T5買っちゃった。

デジカメ買った。SONY Cyber-shot DSC-T5。最近デジタル小物ばっかり買ってますねえ私。チマチマと小単位で(笑)。あとは携帯電話さえ変えられたらいいのにな。iPod携帯電話って出るのかしら? 気になるー。

気づいてる人もいるかもしれませんが、私はソニラーです。家電品でソニーの製品があれば、ソニー一直線で、他のメーカーは検討さえしない。iPodはアップルの買ったけどね。今回のデジカメもそう。ソニーのページしか見なかった。そういや、「そんなにソニーがお好きならソニー商品をネタに連載書きませんか」なんて雑誌の人に誘っていただいたことあったなあ。購入費が続かないと思ったから辞退したけど。あんとき受けてたらスタパ斎藤になれたか。なれないなれない!

それで、前のデジカメが壊れちゃったんでソニーのページを見たら、9月9日に新しいデジカメが発売されたと書いてあったとです。女性向けっぽいデザインで、軽くてきれい。光学ズーム3倍。1センチ接写可能。使わないときはレンズカバーを閉じることができるし、液晶が大画面で即気に入った。シルバーと赤で迷ったけど、赤にしちゃった!(^^) 赤いルージュをイメージしたデザインなんだってさ。少し落ち着いたトーンの赤で、私の好きな色だ。

ネットショップで比較検討した結果、ツクモ電機のネットショップが一番安かった。5年保証もつけられるし、ゴーゴーゴー!!ですよ。

発売前に予約して、ようやく昨日届いた。うっしっし。小さい。今までU10を使ってたけど、同じぐらいの感覚で持ち歩けそう。私、それほど撮らないけどデジカメ毎日持ってるんですよ。だってもしも芸能人に会ったら一緒に撮りたいじゃないですか! ウソウソ・・・。でもちょっと本当。ミーハーなものですから。
DSC00017
さっそく持って出かけた。まず、9月20日に閉店するダイナミックオーディオ原宿トレードセンターに、さよならを言いに行った。そのあと近所の居酒屋で弟たちと鼎談。ひとしきりオーディオ話。デジカメを自慢したがスルーされる。せつない。カツオのタタキ、撮ってみました! 民宿のホームページみたいな画だと言われました! うわーん。確かにそうかも・・・。もっときれいな写真撮ってアップしますよ!!!!

| | コメント (8)

2005.09.17

町屋・creekで放し飼い軍鶏と蔵王香り鶏。

DSC00384
町屋のクリークで、また鶏をいただいてきました。今回も2羽よーっ。しかも大サイズ。総勢5名、無言で食べ尽くしました! すっげえボリューム。ふつうは5人で1羽食べておなかいっぱいの大きさです。でもねでもねー、どうしても食べ較べをしてみたかったの。ここの鶏なら食べ過ぎるぐらい食べても胸焼けしないしさ。

クリークで鶏をいただくと、鶏肉にもいろんな味わいがあるんだなあって、しみじみ感心します。写真手前が放し飼い軍鶏で、奧が蔵王香り鶏。わぁ〜い、クリスマスだ!!(ちがうよ)

先にいただいた蔵王香り鶏は、肉質がモッチリしていて香りが濃い。後味が長いように感じる。最後に鶏脂の香りがスーッと鼻孔から抜けて、次の一口へと誘惑する。皿まで舐めたいとはこのことか。丸鶏だから、鶏ガラの部分まで供されまして、私はこれを両手で持って隅々まで食べ尽くす係。しつこいぐらい食べるよ(笑) 鶏の外側にさりげなく転がってるじゃがいもも、鶏のエキスを吸ってて抜群に美味しい。

次にいただいたのが、放し飼い軍鶏。こちらのほうがどちらかというと歯切れの良い肉質。引き締まっているけど柔らかい。この矛盾をどう説明していいやら。まあ召し上がってみておくれ! うまいのよ。鶏皮の香ばしさが際立っている。肉ムシャムシャ食べたいぞーってときは、こういう立ち向かってくる感じの肉がいいだろうな。1羽持ち帰り一日三食これをおかずにして暮らしたいと思ってしまった。

DSC00387
ほかに、鮮魚のカルパッチョ、カルツォーネ(写真)、カボチャのニョッキをクリームソースで、トマトとカツオの冷製パスタ、パンナコッタなどいただきました。カルツォーネはハム&チーズのみならず、ブロッコリーやポテトも入っていて楽しい。いつもじゃがいものニョッキを食べるから、今回はカボチャのニョッキにしてみたのだけど、これも美味しくて感激。クリームソースも手作りならではの味でクセになりそう。

クリークでの食事はいつも私にとって一大イベント。安心感があり、驚きがあり、話も弾む。気がつくと3時間ぐらい経ってしまう。こんな気持ちのいいお店はなかなかない。皆さんもドゾー。わざわざ電車で行く価値のあるお店だと思います。

| | コメント (0)

2005.09.16

蒲田のタージマハールで熱いカレーに身を焦がす。

おはよす。昨日は生体エネルギー反応で爆睡してしまいました。初めてのところで1時間ばかり体を揉んでいただいたら、どえらい反応が出た。血流は滝のように流れるわ、視界はクリアになるわ、姿勢は良くなるわ、顔は変わるわ、なんかすごいぞ。ちょっと続けて行ってみようと思います。ブログに書いていいかどうかお聞きするの忘れたから、今度お話しますね。機会があったら。

夜は蒲田の有名カレー店、タージマハールに行った。スペシャルインド(鶏煮込みカレー)千円をオーダー。小麦粉を使わない汁カレーで、スパイスの調合が絶妙。サラッとしていてコクがある。具はプックリ焼いた鶏肉ゴロゴロ+わずかな生たまねぎスライスのみ。ライスはお赤飯ぽい古代米ブレンド。うんまああああ。調理中の様子や、まわりの席の人のカレーを見る限りでは、あまり期待できないと感じたのだが、実際のところ激しく美味なのであった。食べ進むほどに体は熱くほてり、体中の毛穴から美味しい匂いが出ちゃいそう。

帰宅後ネットでぐぐったら、真っ先にやまけんさんのサイトが出てきた。さすがだな。美味しい物をよくご存じ。トラックバックしてみよう。ドキドキ・・・。

| | コメント (3)

2005.09.15

羽田・穴守稲荷神社に参拝。おみやげにパンどっさり。

昨日は羽田の穴守稲荷神社に参拝。月に一度は行こうと思っている大切なお宮さんです。私はここのお守りを肌身離さず持っています。

何しろハッキリ答えが出る。仕事関連、健康関連では、願いを聞き届けていただかなかったことがありません。早くは参拝を終えて鳥居を後にした頃にハッキリと体調が変化したこともありますし、数日中には実生活でチャンスや変化が訪れます。

私のお客様にご紹介したところ、参拝後、ありえない時期にありえないチャンスが訪れて、仕事運が好転したというご報告を受けたことがあります。やっぱり穴守さんは結果が出るのが早いっ。

お稲荷さんというと、怖いイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、こちらのお宮さんは優しい波長を持つ素晴らしい神社です。御祭神は豊受姫命(とようけひめのみこと)。あら、そういえばこちらもお姫様系の神社でしたね。伊勢の外宮と同じ神様です。

穴守さんは先進的な神社で、無料でanamori.jpの転送アドレスをくださったりもするんですよ。私もいただいちゃいました。

ついでに、穴守稲荷駅の改札を出て、マクドナルドの横の踏切を渡り、最初の四つ角にあるパン屋さん「モンテローザ」もお薦め。アンドーナツやコッペパン、マカロニがてんこ盛りになった総菜パンなど、手作り感いっぱいで本当に美味しいです。

羽田って空港に行くときぐらいしか通らないと思いますけど、たまには寄り道もいいですよ。

| | コメント (3)

2005.09.14

5万アクセス突破♪

昨日は特に何つーこともなく、整骨院と氏神様と近所のスーパーに行った。スーパーでは、選挙投票率が60%を越えたらポイント10倍セールというのをやっていて大混雑。「どいて!」なんて他人に言われるのは久しぶり。祭りだ。半額のマグロなどゲットして満足。

帰宅後、山のように買ったお総菜やパンを歌王(母)といただいた。歌王に、大好物のトロにぎりをあげたらご機嫌が良くなった。そのあと自室で音楽を大音量にて聴いたが、歌王からのクレームが珍しく来なかった。トロ効果あり!!

私はやたらと音量を上げて音楽を聴くほうで、隣の弟の部屋の額縁が振動で落ちたこともある。構造上、上下左右に他の世帯の部屋がないので、家族さえ了承してくれればいくらでも音量を上げられる好条件で暮らしている。音楽ファンとして最高の幸福だ。しかし家族のクレームがけっこうきつい。そういう家族も全員テレビや音楽を大音量で聴く人間なんだが。家系だね。

ビョーク、ダフトパンク、チックコリア、オスカーピーターソン、カーネーション、ムーンライダーズ、ZAZEN BOYSなど聴いた。私にしてはラウドな曲が多かったな。プライベートな面でモヤモヤがたまってるのかもしれ〜ん。

ところでこのブログのアクセス数が、開始以来約8ヶ月の累計で、5万アクセスを超えました。皆さま、どうもありがとうございます。最近は1日平均500アクセスほどいただいております。どなたがどちらからアクセスしているかは見えませんので、数字だけなのですが、毎日ひっそり見つめてニンマリしています。カウンターは管理者の私にしか見えないのです。

こんなにたくさんの方にお読みいただいて幸せです\(^o^)/

| | コメント (3)

2005.09.13

青山でカモミールティ、自由が丘でタイ料理。

ライターのお仕事の打ち合わせのため、いつもより少し早起きして出かけた。原宿で降りて、竹下通りを見ていたら、約束の5分前になってしまい、急いでタクシーを拾った。無事に間に合い、ホッとする。いつもより豪華な会議室に通していただき、コーフンした。お仕事がんばろうっと。

またタクシーに乗って、青山ラプラースへ。前からちょっとお世話になっているマスコミ関係の方とお会いして、2時間ほどお話。青山プラースは青山通りからちょっと引っ込んでいて、静かな雰囲気を味わえる。意外といつも空いている。最近、カフェがリニューアルしたらしい。リマプルという店がワジョワジョのお気に入り。ここのカモミールティーとか好き。

最後は自由が丘へ。友だちの誕生日祝いで、大好きなタイ料理店クルンサイアムへ。今日も7時半にはほぼ満席の大人気。ガイ・ヤーン(鶏肉のスパイシー焼き)が特に美味しかった。ウハウハ。店を出ると、歩調が弱まるほどに満腹。だがしかし更に駅前のモーツアルトで焼きたてスフレをバフバフ頬張った。自由が丘は楽しいなあ〜。

帰宅後、「オーラの泉」を見た。和田アキコさんの後ろにビリー・ホリディとレイ・チャールズがいるんだって! すごいなー。私もそういう有名人の守護霊団を見てみたい。和田アキコさんて昔、劇場でお見かけしたことがあったけど、背が高くてかっこよかったです。有名人オーラ出てました。そんときゃあたし、守護霊なんて見えなかったんですけどね。今ならもしかすると見えるかもですよ。もしかするとですよ。

| | コメント (2)

2005.09.12

アヴィリシュの由真さんはオーラが21色見える人。

自由が丘のカバラ占い師・佐藤陽子さんのお部屋の隣に、アヴィリシュというセラピールームがある。偶然お隣になったわけではなくて、アヴィリシュの由真(ユンマ)さんと、佐藤さんがもともとお知り合いで、「お部屋探しているなら隣が空いてるよ〜」と由真さんに紹介された佐藤さんが、今のお部屋に決めたんだそうだ。

佐藤さんに「お隣さんも同業種なんですね。気になるな〜」と言ったら、「由真さんはカラダのまわりの7層のオーラをそれぞれ3色に分けて見える人なのよ。7×3で21色。その21色の意味を教えてくれるの。ワジョリーナちゃんもぜひ一度見ていただくといいわ」と教えてくださった。興味津々!

私自身は、オーラの色は見えるときと見えないときがあり、見えても話題によって色が変化してしまい、モニョ〜ッとした感じしかわからない。私に見えているのがオーラというものなのかどうかさえわからない。21色の色分けなんて、とてもじゃないけどできない。「私のオーラの色って何色かなあ♪ 黄緑とピンクとオレンジは絶対入ってるはず〜(^^)」なんてルンルン気分で予約してみた。

伊勢に行ったばかりで、たくさんのメッセージを神様からいただき、あまり悩んでいるわけではなかったのだけど、せっかくだから、ぐらいの気持ちだった。

いやしかし・・・衝撃的でした。由真さんのリーディングは深い! 深いよぉぉぉ〜〜〜。90分間のリーディングの間、自分の今までの人生を走馬燈のように振り返る気持ちだった。そして終わる頃には、未来への架け橋が輝いて見えた。

由真さんのリーディングは情報がとても多いので、ひるまず隠さず、その色からのメッセージをどう受け止めてヒントにするか、心をハダカにする気持ちで向き合うといい。由真さんは、私の心に置き去りにされていた悲しみや苦しみの形跡を、思い出すことと話すことで、きれいに浄化させてくださった。

「ああ私、子どものときそんなことで苦しかったなあ」なんて、すごく冷静に思い返せるのだけど、何十年経った今であっても、その苦しみを一緒に見つめてくれる人が現れるというのは幸福なこと。月並みな表現かもしれないけど、生まれ変わったような気がした。

たとえば幼い頃、厳格な祖父に一挙手一投足まで躾けられ、クールな両親には甘えられず、自分は我慢しなくてはならないと思い込んでいたこと。泣くのさえじっと我慢してうずくまっている私の姿。私のオーラの情報から、そんな映像まで言い当てられてしまった。そのときの気持ちへのケリのつけ方も教えていただいた。

そして今の自分の状況も、ズバリそのまま。間違いなく霊視能力を持ち、はっきりと見えているのに、本当に見えているんだろうか、見ていいんだろうか、修行も苦しいことも何もしていないのに、急に見えてしまって大丈夫なんだろうかという不安を持っていること。見えているのは本当だから、もっと自分を認めてくださいと励まされた。

ついには伊勢で神様にいただいたメッセージと全く同じ台詞までも、由真さんの口から飛び出した。本当に驚いた。

ちなみに色は黄緑とピンクとオレンジが多かったです♪ やっぱり私が見てるのはオーラなのかな? 今度、由真さんに聞いてみよう。

由真さんのスピリチュアルリーディング、お薦めですよ。もしおいでになる方がいらっしゃいましたら、ワジョリーナのブログを見たと言っていただけると、わかりやすいと思います。これからも、本当にお薦めしたい方との出会いがあれば、ご紹介してまいりますね。

| | コメント (9)

2005.09.10

ラオックスThe Mac StoreでSHURE E3cをゲット。

皆さん、ヘッドホン情報ありがとうございます。秋葉原で一通り試聴してきました。ここのところ数年間、ヘッドホンを買っていなくて、色々新しい機種を聴いてみたら、ヘッドホン業界も進化してるんだなーと思いました。特にインイヤ型は面白いですね。種類も豊富だし、イヤーパッドの形も豊富。今時のカナル型(耳栓のように密着させるタイプ)ならば、アップル純正のインナーイヤー型ヘッドホンが耳に入らない私も余裕でOKだった。

カナル型は装着にコツが必要だとか、耳の形にパッドが合うまで形状的エージングが必要だとかいう情報をネットで見かけたが、SHUREやEtymotic Researchの品物はスポッと一発で私の耳にフィットした。

こんなに色々試聴できたのも、ラオックスThe Mac Storeさんのおかげです。知らなかったけど、8月の末、秋葉原にMacの専門館がオープンしたんですね。それも、昔ラオックスMac館があった場所ですよ。懐かしいな。ここにはしょっちゅう通ってた。当時(6〜7年前?)私はパソコン雑誌に連載記事なんかも書いていて、秋葉原で遊ぶのが大好きだったのだ。もう今時のパソコンのことは何もわかりませんけどね。ワハー。

ここの1階がiPodフロアになっており、多数のヘッドホンを試聴できる。店員さんに頼めば、自分のiPodにつないで色んなヘッドホンを試すこともできる。渋谷や銀座のアップルストアより混んでないし、ゆっくり選べますよ。

そんなめでたいThe Mac Storeで、SHURE E3c インイヤ型イヤホンを購入した。本当はこれの上位機種のE4c狙いで行ったんだが、試聴してみたらE3cのほうが好みの音だった。E4cのほうが音数が多くてきめの細かい音のような気はするんだけど、E3cのほうがクッキリしていて歯切れがいいように感じた。メリハリ強いほうが好きだから、E3cに決定。値段差分1万円トクした。でもネットで調べたら秋葉原よりも更に5千円安く売っていた。ま、いいや。試聴できたし、今日ほしかったんだもん!!

E3cは、きちんと装着すると無音状態のとき自分の呼吸が聞こえるぐらい遮音性が高い。歩くと足音が耳に伝わってくる。周りの音はほとんど聞こえない。こりは気をつけて歩かないといかんね。音楽の再現性はお値段以上。最近のヘッドホンは2万円でこんな鮮やかな音がすんのかーと感心した。この間、iPodは性能の悪いラジオだなんてここに書いたけど、そうも言ってられない音になっちゃった。音楽としてちゃんと楽しめるレベルだわ。しばらく使い込むともっと音が良くなるらしい。うひ。

でもさー、iPod mini買ったばかりなのにiPod nanoなんて発売されちゃったわね!! キャー、くやしい!!

| | コメント (0)

2005.09.08

物欲のぶつけどころ。

名刺の追加分を千枚刷っていただいた。デザイナーいまのちゃんに、ずっと預かってもらいっぱなしになっていたんだが、ついに手持ちの残りが5枚程度になり、急いで受け渡しの機会を作ってもらった。印刷代をすごーく安くしていただいて幸せ。ありがたい。

大切な名刺の引き渡し場所は、渋谷センター街のインド料理ランチバイキング会場。ファーストキッチンの上にあるラージマハルは、タンドリーチキン食べ放題の素晴らしいお店だ。料金は1100円。私の経験では、土日はチキンが骨なしになる。ウィークデーの骨付きチキンのほうが美味度アップ。だから平日がお薦めちゃん。最初にチキンだけワーッとお皿によそり、これを2〜3回おかわりして、最後にカレー1皿でシメる。これがワタシ流。タンドリー街道まっしぐら。いまのちゃんが私のTシャツのはじっこをつまみながら、「あれっ、また育った?」と言った。キャー。

ブツの引き渡しも無事に終わり、近くのカフェでいまのVSワジョリーナ対談。話し中はずっと激しい雨が降っていたが、しばらくするとすっかり晴れた。そこで解散して、いまのちゃんはデパートへ。ワジョリンはさくらやとビックカメラでiPod用のヘッドホンを物色。しかし、某専門的な人に薦められた商品が見当たらなかったため断念。この物欲を何かにぶつけようとして、HMV、タワレコ、レコファンとハシゴをするが、なぜか心を動かされるCDが全然なかった。こんな日もあるのか〜。

iPod買ってから、伊勢旅行のときぐらいしか持って歩いていないんです。アップル純正のインナーイヤー式ヘッドホンは大きすぎて耳に入らず、昔CDウォークマン用に買ったゼンハイザーHD475っていうオープンエアー型のやつつないでいるのだけど、音漏れするし、かさばってバッグに入れづらい。だからインナーイヤー式で手頃な感じのがほしいんですよね。そしたらもっと身軽に持ち歩けるでしょう。

何も買うものがなく、トボトボと帰宅。東急線を途中下車して、お気に入りの銭湯へ寄る。ブハーッ!! やっぱり水風呂と露天風呂は最高だねえ。ウィンドウショッピングの疲れが抜けた。ああん、なんだかとっても呑気ですね私。嵐の前の静けさ?

| | コメント (3)

2005.09.07

アロマオイルマッサージ90分の贅沢。

昨日は家にこもってライターの仕事。昔、ライター専業だった頃に、「遊びに行きたい遊びに行きたい」と思いながら、窓の外の太陽がだんだん沈んで行くのを切ない思いで毎日見ていたのを思い出した。

私の日中は短い。何しろ午前中は、仮に起きていても使い物にならないため、人間として作動しはじめるのは午後からだ。アッという間に夕方になってしまう。そのかわり、夜は長いんですけどね。

昨日は夕方になってから整骨院と氏神様へ行き、それから最近近所にできたアロマオイルマッサージのお店に行ってみた。こんな地味な住宅地にこんなきれいなお店が!! 家から徒歩3分という立地で、私のためにできたのかと思うぐらい。

アロマオイルマッサージは、いつもヒーリングサロンハナホーのみやたゆうこさんにやっていただき、生まれ変わるような爽快感を味あわせていただいていますが、近所にちょっと行けるサロンがあるというのもまたいい。オープンしたばかりなので、キャンペーン価格でトクしちゃったよん。ライター仕事の疲れのせいか、いびきかいて寝てしまった。気持ちよかった〜。

私は睡眠中はあまりいびきはかかないらしいのだけど、ヒーリングなどで急激に深く落ちたとき、すごいいびきをかくことがある。ヒーリング講習会などで、ほんの2〜3分の瞑想をするときも、たちどころにいびきをかくので周囲の迷惑である。「ワジョさんは反応が早いから・・・」と苦笑される。申し訳ないっっっ。

そういえば先日、みやたゆうこさんのところへ行く前の日と、行った翌日に、同じ友人に会った。明らかに顔が小さくなっていて、へえええ〜〜〜と思った。これからまだまだ小さくなっていくのが、ゆうこさんには見えているのだそうだ。ゆうこさんは今年、すごい先生に出会って猛烈にスキルアップしてますからね。油断してるとどんどん魔法のワザが増えている。そういう私も最近あまりお願いしていないので、今度よろしくお願いします、ゆうこさん。(ここで頼んでおく不精者)

| | コメント (2)

2005.09.06

呆れるほどにマイペースでやっていきますよ宣言。

眠い眠い。はらへったはらへった。そんなことを毎日ブログに書いていたら、私もそうだという友人知人から何通かメールをいただいた。お互いの人生がリンクしあってるから、霊界の会議で話し込んでいるのかなあ? なんて思う。

「生まれ変わって今、赤ちゃん状態のワジョリーナさんなのですね」と美しく表現してくれた人もいた。皆さん私とともに生まれ変わりましょう(^^) めざめ!

さて9月に入り、ご予約のお問い合わせのメールを多数いただき始めましたが、申し訳ありません!! あともうちょっとだけお待ちください。9月中旬頃から、順次スケジュールのご相談をさせていただきます。

新規のお客様には恐れ入りますが、今しばらくお待ちくださいませ。ご予約待ちの方が先になります。ただ今およそ100名様待ちになっております。す、す、すいません。100名様すべてが再度お約束くださるというわけではないと思うのですが、半分の方がお越しくださるとしても2ヶ月はかかりそうです。ご予約をたくさんいただいていたところへ急に休んだもので、本当に申し訳ありません。

重ねてわがままなお話ですが、再開後は、一日4〜5名様に限らせていただき、KI-NOと出張を合わせて週2〜3日にしたいと考えております。また1日10名様拝見して週6日とか限界に挑戦すると、すぐ倒れますんで・・・。この仕事を長く続けるためにも、セーブさせてください。お願いします。

それとこれからは、自分に無理を感じる日は、お休みすると思います。今までは、這ってでも出ていって手相を見なくてはならないと思っていました。でもそれって、その日に当たったお客様に対して失礼ですよね。そのことを、何人かの先輩方に忠告もされました。休むことよりも無理をするほうがお客様のためにならないのだと。重々反省いたしました。日頃から体調管理を万全にすることを前提として、どうしても無理のあるときは、お休みさせていただきます。

週2〜3日は手相を見て、あとの日はライターの仕事と、さまざまな勉強をしたいと思います。ライターの仕事は段々やらなくなるのかもしれないと思っていたのですが、やっぱり私はライターの仕事がとても好きで、これで自分のバランスを保っているということに気づきました。もちろん手相の仕事も愛しているのですが、両方あっての私かなと思います。なんだかはっきりしなくて、中途半端なところにいる感じもしますが、こんなやつがいることをどうか許してください。

だいぶ心構えの整理ができてきました。あまりにもマイペースで歯がゆいかもしれませんが、どうかどうか、もしよかったら、これからもよろしくお願いいたします。

| | コメント (2)

2005.09.05

眠り姫の週末。

伊勢に行ってから妙に食欲が増して、通常の二倍ぐらい食べている。先日は、アウトバックステーキでサーロインステーキ340gを食べたあとハンバーガー1個も完食。昨日は渋谷の麗郷で台湾料理をしこたま食べたあと、家の近所の飲み屋で刺身と揚げ物をパカパカ食べてしまった。ヘンだなヘンだな。しかもものすごく毎日眠くて、昼も夜もヒマさえあれば眠ってる。妊娠でもしたか。いやそれはない!!

高血圧症の治療で内科に通院しているが、もう血圧は正常値になった。135-67だ。まだ通院しなくちゃいけないのかなあ。私は精神状態が不安定だと高血圧気味になるのだ。最近は精神状態が安定しているので、血圧も安定している。しかし以前はいつも137-90ぐらいだったのに、なんか妙に下がった。こんなに体が大きいのに、そんな一般人的な血圧で大丈夫なんだろうかとかえって心配。

メンタルクリニックでは、もうほとんど心配な点はなさそうだと言われた。でも無理はしないで、手相の仕事は控え気味にするようにとのご忠告。ついでに私の手相カウンセリングの手法の真理をズバリと指摘されて、そんなことまでわかる精神科医の先生がいるのかと驚いた。特に私は先生の手相を見たわけでもないのに。

そのことを今までに指摘した人は一人しかいなかったんだ。その人は相当霊感の強い人で、私と非常に親しい間柄なので、まあバレちゃったなって感じだったのだけど。精神科医の先生に指摘されるとは思わなかったわ〜。この先生はただ者ではないな。

木曜日、とある部屋のカギを手に入れた。このカギが私の新しいステージへのカギ。素敵な未来がいっぱい待っているように願ってる。このお部屋のお話は、また今度ゆっくりと。

| | コメント (2)

2005.09.02

伊勢旅行3日目、熱田神宮と銭湯とゴッホ展。

DSC00283
3日目は電車で熱田神宮へ。こちらは三種の神器のひとつ、草薙の剣がご鎮座されたことに始まる、由緒深いお宮さん。適度に人がまばらで、きれいな空気。参道に金色のニワトリがいてビックリした。柵もなく、普通に歩っている。こういう鶏、なんていうの? もしかして名古屋コーチンくん?

一の鳥居から本宮までの距離が徒歩5分ぐらいで、ほどよい参拝ルートだった。地元の人に親しまれ、丁寧に祀られているお宮さんですね。

続いての予定は、ザ・スーパー銭湯!!!のコーナーです!!! 
名古屋はスーパー銭湯発祥の地。スーパー銭湯の経営を志す人は、一度は名古屋に視察に来るのだという話を聞いたことがある。ウヒョー、本場のスパ銭は一体どんなんだろ? 期待に胸が躍る。

神宮前駅の隣、金山駅からバスで5分。スーパー銭湯・宮の湯に到着しました。とりあえず真っ先に、食堂のメニューをチェック。やっぱり海老フライがあるんだ〜と確認する。さて、洗い場の中は、噂に聞く関西式に近い感じ。真ん中が湯船でまわりがカラン。浅めの湯船。水風呂の温度が低めで、16.5度! 冷たいよ〜〜〜。歯を食いしばって入る状態。東京では18度〜20度が普通です。

洗い場の椅子が固定式で、ベンチのようになっていた。ジェットバスが超強力で、内臓大丈夫かな?と思うぐらい。気持ちよかったです。ミストのお部屋があり、ボタンを押すと霧雨のようなミストがボワーッと天井から降ってきた。これも気持ちいい。東京近郊のミストサウナより、ミスト量が200%増しぐらい。すぐびしょびしょだ。面白い。露天風呂は、榊原温泉の湯でした。

名古屋のおばちゃんたちは、なかなかワイルドですね。湯船の中で顔は洗うわ、かけ湯を浴びないで水風呂に入るわ、湯の循環口に肩を当ててあったまるわ、なーんかもうね、東京のほうでは、たまーにいますけど、そんなにいないです。オールスターって感じでした。

おばちゃんたちに負けず劣らずワイルドだったのが、JRの職員さんたち。何か質問しても、顔も合わさずにぶっきらぼうな返事をする人たち。きついなー。繊細なワジョさんは傷ついちゃうよ(笑) 国鉄体質という言葉を久しぶりに思い出した。

もう東京に戻ろうかと思い、銭湯のある金山駅から名古屋駅に向かう。途中、栄(さかえ)を通ることになった。栄の愛知県美術館で、ゴッホ展をやっているのが気になっていたのだ。東京の竹橋でやってるとき、すごく行きたかったけど、忙しすぎて行けなかったし。これはチャンスかもと思い、行ってみることにした。

ゴッホは今までに、各美術館の収蔵品展などで少し見たことがあったが、まとめて見るのは初めて。生々しい絵だなあ。壮絶な人生を送った人だと、チラッと聞いていたが、全体の流れを見て、ズシッと来るもんがあった。当時の人がこの絵を評価するのは怖かっただろうと思った。多くの人が評価しているという安心感なしに見るには危険な絵だ。

有名な「ひまわり」の絵は展示が終わっちゃってた。私は「種まく人」と「黄色い家」の絵が気に入り、ポストカードを買った。

やっと名古屋に着き、夕方の新幹線で品川へ帰る。のぞみに乗れたから1時間半だ。速いなー。明るいうちに家に着くというのは気分が楽だ。

ああ、実は伊勢に持っていきたくて、iPod mini買ったんですよ。いつも旅行のとき、CD30枚とCDウォークマンとポータブルスピーカーとAC電源持って歩くのが重くて(笑)まー、iPodは音楽っちゅうより性能の悪いラジオですね。「こんなもんだこんなもんだ」とずっと思いながら聴いているので、体に毒かもしれない。軽いからいいけど。なんかまた新しいヘッドホン買おうかなー。それで解決するわけでもないんだけどなー。ほっといてー(笑)

以上、ワジョリーナのお伊勢参り顛末記2005でした。来年に続く。

| | コメント (8)

伊勢旅行2日目、伊勢神宮、牛丼と赤福氷。

2日目は伊勢神宮へ。

出雲大社のときの例に倣い、大きなお宮には早朝に行くべし!!と思ってがんばったんだが、私が早朝と思う時間は早朝ではなかったらしい。既に遅しの印象だった。外宮に着いたのが午前9時ぐらい。もう人が大勢いた。
DSC00251

それでもやはり、並大抵ではない清らかさ、荘厳さ、気高さに満ちている。外宮から内宮へはバスで15分ぐらい。内宮に着いたのが、午前10時過ぎだった。超小雨。参拝中は、傘が要らない程度だった。私がバスに乗り、走り出すと雨が降ってきた。去年もそうだったな。ピーカンのお伊勢さんにも行ってみたいね。

内宮を出ると、おはらい横町というおみやげ物屋さんと食べもの屋さんの並ぶエリアがある。江戸村っぽい雰囲気で、本物の老舗が残っている。ここで、前々からネットで見て、食べてみたいと思っていた豚捨の牛丼と、去年その美味しさに感激した赤福氷をいただいた。

DSC00267
豚捨(ぶたすて)とはユニークな名前だけれど、豚を飼っていた捨吉という男が食肉店を開き、豚捨と名乗ったのが由緒なんだそうだ。しかしこの店の牛肉があまりにも美味しいので「豚なんて捨ててしまえ」と客が豚肉を投げ捨てたという伝説もあるのだとか。創業明治42年の老舗です。

お味は見たままで、とっても濃ゆい。しょっぱさよりも、やや甘さが勝る。個人的には、甘さよりしょっぱさの勝る味が好み。微妙な違いなんだけどね〜。

赤福氷を食べようと思い、去年赤福本店のあった場所に行ったら駐車場になっていてビックリした。ちょっと移転して、おかげ横町のど真ん中に引っ越していた。赤福氷は、あの赤福のサラっとした美味しいこしあんが入った宇治金時。氷がとーっても細かく削られていて、フワフワの食感が最高〜〜〜っ! 白玉も、ひっそりと二粒だけ入っています。東京ではかき氷なんて、この歳で食べること滅多にない。でも伊勢に行ったときは、何よりの楽しみ。何よりは言い過ぎか。でもかなり何より。

おかげ横町でおみやげを何か買おうと思い、物色していたら、吉野葛が目に入った。おおっ、吉野葛。このあいだ思いっきりテレビで本葛を使った美味しそうな料理やってたんだ。くずたま。卵3個、酒大さじ3、くず粉70グラム、溶いて170度の油で揚げる。これをやりたい。皆さんにもと思い、3個買った。買ってから気が付いた。吉野って奈良県じゃん。三重のおみやげじゃないよ(^^;) 私から吉野葛をもらう人、残念賞です。受け取ってください。くずたま作ってください。

内宮から伊勢市駅へ、またバスで。行きと同じ運転手さんだった。伊勢はバスが充実していて、けっこう便利だ。タクシーなしでも生きていける。去年はタクシーで全部案内していただいて、それはそれでとっても楽しかったのだけど。2人以上ならタクシーの旅もアリかな?

伊勢市から名古屋へ、近鉄特急でひとっとび。小さな川をいくつも渡り、美しい景色に癒される。名古屋では、熱田神宮にお参りする前に、ちょっと義理のあるお方に前々から頼まれていた方の経営する会社のオフィスとご本人の手相を、1時間ほど拝見することになっていた。まだリハビリモードではあるけれど、名古屋には滅多に行けないので、この機会に拝見しておこうと思い、アポイントを入れておいたのだ。

しかしここでしゃべりすぎ、夕方になってしまった。社長一人の予定が、社員の方の手も見ないとわからない話もあり、全部で6人の皆さんの手を見ることに。リハビリどころではない。けっこう絶好調だった。お伊勢さんパワーかな・・・。なんかもう、全然大丈夫じゃんて思った。

なななんと、この方が、「ワジョリーナさんにどうしても名古屋のオフィスを見ていただきたかったですし、予定外に多く見ていただいてしまったので」と、今回の交通費と宿泊費を全額負担してくださると申し出てくださった。全力で遠慮したのだが、「もう夕方になってしまったし、大雨ですし、今から熱田神宮は無理なのでは? 私を見ていただいたせいで熱田さんにお参りできなかったなんて、心苦しくて困りますから」と・・・。うーん、さすがIT社長。太っ腹。結局受け取ってしまいました。恐縮です。てーことは、今回のお伊勢参りは神様が万事お取りはからいくださって、出張扱い? 驚きの展開だな。

社長の身内の方が、私の義理あるお方で、今回のために東京からこの方も上京してきてくださっていた。こんなに丁重にお迎えいただいて、本当に恐れ入ります。夕食はその方と、名古屋で美味しいと評判だという焼肉屋さん昇家泉へ。鰻が苦手でひつまぶしが食べられない上、味噌味の料理が苦手なのでみそかつも食べられないゆえ、名古屋の名物が食べられないのでした。で、焼肉だ。

ここはモダンな雰囲気のお店で、おしゃれっぽい人が多い。50年前の民家を改造したんだそうだ。しかし雰囲気だけでなく、味もいい。炭火焼き式で、いい感じの焼き目がつく。おすすめ品の黒板を見て、「イチボ」の文字にドビョーンと目が釘付けになってしまった。イ、イ、イチボー!! これは牛のモモ肉のお尻のあたりの肉で、一頭からわずかしか取れない部位なんだとか。とても繊維が繊細で、ニジッとした味わいがある。

このイチボのかたまりを、炭火でじっくり15分かけて焼き、まな板の上で5分間熟成してから食べる。この最後の5分を待つことにより、肉汁が流出するのを防ぎ、すべてを美味しくいただけるんだそうだ。お肉の気持ちがわかってしまっている店員さんのご指導により、じっくり丁寧に焼いた。それはもう、うまいに決まってる。名古屋は焼肉が美味しいなあ〜。店内暗くていい写真が撮れなかった。ごめんなさい。

この日は栄(さかえ)のビジネスホテルに宿泊。良い眠りに就く。

| | コメント (0)

伊勢旅行1日目、倭姫宮にて。

完全再生の旅。

8月29〜31日の二泊三日で、お伊勢参りにいってきました。今回もまた、笑っていいんだか困っていいんだかわからないような、不思議な旅になりました。

1日目、朝8時過ぎに品川から新幹線に乗り、名古屋で近鉄に乗り換えて伊勢市駅に着いたのがちょうどお昼の12時。駅前のビジネスホテルに荷物を置き、さっそく倭姫宮へ。ちょうどバスが行ってしまったばかりで、タクシーに乗る。ものの5分ぐらいで到着。倭姫宮は、皇學館大學の向かい側にある、ひっそりとしたお宮です。この辺はあまり歩いている人もおらず、落ち着いた雰囲気。

DSC00216
鳥居をくぐると、胸が躍り、顔がニヤけた。気のせいか、「ワジョーワジョーワジョー!!」という声が聞こえる。今日は親しみを込めて呼びつけですかい。いつもこの声のお方は、ワジョちゃんとかワジョさんとか呼ぶのに。社務所の前を通過したとき、誰もいなかったのが気になる。もしや今回もお札はいただけないのかと不安に。

お宮の前に立つと、フワンフワンしてまっすぐ立っていられなかった。足元が大きな石なので、足場が悪いという理由もあるのだが、それにしても体のバランス軸自体がおかしくなっちゃった。喜びすぎだろうか。やっと来れた〜〜〜との思いでいっぱいだった。

二礼二拝して、丁寧にいつものお礼を申す。遠耳に、鈴の音が聞こえた。「やっと姫のお家に来れましたよ」と申したら「ここはね、お家じゃなくて仕事場なのよ」と返事が返ってきた。「今日はワジョさんに、私の仕事ぶりを見ていただきたいわね。ちょっとここにいて」と言われた。するとすぐに、にぎやかなおばさん3人組が現れた。

「ちょっとちょっと、鳥居をくぐるとき、手前でお辞儀するといいんだってよ! あとまん中は歩いちゃいけないんだって! 神様が歩くとこだから!」
「誰に聞いたの?」
「テレビに出てる人。江原さんていう人よ」
「あ〜、あ〜、あの人(なぜか大笑い)」

そして参拝。鳥居をくぐったあとは真ん中を歩く。

「それでさ、帰りも鳥居をくぐったあとお辞儀するといいんだって!」
「それも江原さんが言ったの?」
「そうよぉ!」

と話しながら、3人のおばさんたちは揃ってお宮にお尻を向けて並び、外に向かってお辞儀をしていた。(正しくは、鳥居の外でお宮のほうへ振り向いてお辞儀する)

すみません、面白すぎます。いきなりこれですか、姫。

「や〜、こうやって次々いろんな参拝者の方が来るから、私も忙しくってね」などと言いつつ机に向かい、筆で何かすごい勢いで書いている。参拝者の方の住所氏名や願い事を書き記しているらしい。この世の文字とは何かちょっと違った感じで、すごく素早く書いているのだけど全然大変ではなさそう。スルスルスルっと筆が流れている。人の話をリアルタイムで速記するという意味で、私の電脳速記の仕事とやってることがシンクロしてるなーと思った。

これを氏神様や、専門の神様など、担当各所に想念で一瞬にしてトランスポートするのだそうだ。「ここで願い事しても、氏神様に行ってない人は話がつながりにくい」と仰っていた。そうなんだそうですよ。このやり方は姫独自のもので、他の神様がみんなそうであるわけではないというようなことも教えてくれた。

そのあともしばらく色んなことをお話した。基本的にいつもの姫と全く同じ。ユニークで知的でチャーミング。

しばらくして、社務所の様子を見に行った。私が行くと同時に奧から神職さんが現れた。良かったー、今年はお札をいただける。ご祈祷をお願いしたかったのだけど、こちらのお宮さんではやっていないのだそうだ。「去年こちらにお参りしてから、めざましく運が開けて、今とっても幸せなんですよ」とお話したら、ものすごく喜んでくださった。「倭姫さまもきっと喜んでおられますよ」と満面の笑みで仰ってくれた。そのときの神職さんの表情が、本当に心から喜んでくださっている感じがして、倭姫様はいい方に囲まれてお仕事なさってるんだなあと、嬉しく思った。

帰り際、姫が「また来年ねー」と声をかけてくれた。やっぱり毎年来ることになるのか。そんな予感がしたんだ。そうかー。

続いては、バス停2個目の月讀宮へ。こちらのお宮さんは厳しい。厳しいけど深い愛がある。ちょっと厳しすぎて書けない。ごめんなさい。たくさんの大切なメッセージをいただきました。参道の木に手を当てると、手がヒーラーの手のように熱くなった。こちらのお宮さんでも「当然、来年も来るんだろ?」みたいな波長が伝わってきた。ほんまかいなーーー。

お次は猿田彦神社。バス停1個目なのだけど、バスが来ないので歩いた。特に乗る必要もないほど近かった。10分弱ですかね。こちらは「みちひらきの神様」と呼ばれ、何か新しいスタートを切るときなど参拝すると良いのだそうだ。こちらでも重要なメッセージをいただいた。う〜ん、案外書きにくいものですね。すみません。いずれ機会があればお話します。お話することになりそうな内容です。ちなみに猿田彦さんの神職さんはヤングでハンサムで親切でした(^^)

一日目の参拝はこれにて終了。ホテルに戻って大浴場へ。まだ明るい時間帯なので、誰もいない。貸し切り風呂で幸せ。

DSC00242
一休みしたあと、宇治山田駅前の割烹大喜という店で食事。店構えがザ・酒場という感じなので躊躇したが、中はこざっぱりして居心地のいい店だった。とりあえず松阪牛の冷しゃぶと、天ぷら茶漬けをオーダー。あまりにもお腹が空いていて、あっっっっという間に食べてしまった。追加オーダー、ぶりかまの煮付けとライス。体型的にもよっぽど食べると思われたのか、お店の人が気を遣ってライスを超大盛りにしてくれた。吉牛の特盛りぐらいの量。出てきたとき、さすがにここまでは食えない・・・と思ったが、これもあっっっという間に完食。うーむ。なんかヘンだな。飾らない美味しさで、好感の持てるお店だった。また行きたい。

夜は東京から電話があり、長電話。4時間ほどしゃべった。料金大丈夫??

| | コメント (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »