« スローペースで前進します。 | トップページ | 八重垣神社で絵馬に念を込めまくり。 »

2005.07.01

出雲のサイキック焼き鳥マスター。

出雲旅行の話。

2005年6月13日〜16日。去年からずっとこの日に行こうと決めていた出雲旅行。みやたゆうこさんと二人で羽田から旅立ちました。ああっ、ちなみにゆうこさんは宮田結唱永からみやたゆうこに改名なさったそうです。それも今回の旅がきっかけとなったわけですが。皆さんよかったら、お手元のメモ用紙に「みやたゆうこ」と3回でも10回でも100回でも書いてみていただけないでしょうか。たくさん書いてもらうと改名の好影響が定着するそうなので。私はまだ20回しか書いてないすけどー。にゃは!

話を旅に戻します。まあ今回のトピックは焼鳥屋に尽きるでしょう。出雲市駅の近くにある「ひな忠」という店のマスターが、医大でも教えている気功の先生だとかで、妙〜に当たる姓名判断をしてくれたんですよ。姓名判断といっても、一般的な総画・外画・内画みたいな数字だけじゃなくて、いつの間にか名前の回りが細かい数字でビッシリになっていて、その数字を見ながら気を読んでいらっしゃるようでした。マスターの手相を拝見したら、典型的なサイキックの人の手相でしたわん。

いわく、私は家業を継ぐ身であると。おじいちゃんと同じ仕事をしていると言ったら、絶対に向いているから一生懸命やんなさいと励ましてくれました。そしてお客さんや友だちだのを愛するのもいいけど、自分をちゃんと愛してやりなさいと言われた。きゃー!! それが苦手なのよ私。永遠の課題ですね。あと、仕事のときはペラペラしゃべるのに、本当に好きな男の人の前に出るといつも黙ってしまうほうでしょ?って、はいはいはい大当たりです。ええ、ですから私が黙ってたら好きだっていうサインなんで要注意ですぞよ。

と、注意を促したところで、肝心の焼き鳥のお味ですが、バリウマ!!!!! 出雲まで行った甲斐があったというものです。めっちゃうまい。名古屋コーチンの皮焼き。ここじゃないと食べられないらしい。名古屋名物だけどね。弾力が強くてビヨーッと口の中で跳ねるのです。そして香ばしい。冷めても香ばしい。

あとはセセリ。首根っこのところですよ。小さい笹の葉のような形なの。これがぁ、ササミよりも肉の味が濃く、ササミよりも柔らかく、もも肉よりも繊細でジューシー。鶏肉のルネッサンスざんす。セセリが食べられるお店ってなかなかないですよね。貴重なものなのに、この店ではてんこ盛りで出てくる。ええもん食った。

「うまい!うまい!」を連発していたら、マスターが唐揚げだのなんだのオマケしてくれて、しかもお会計が大学生の飲み会並に安かった。占いつきでこの値段。ホワイ? マスターは占いではお金を取ったことがないんだそうだ。そうかー・・・勉強になるなあ、この姿勢。1日目の晩と、3日目の晩、2回行ってしまいました。次回も必ず行くって約束したです。バスを連ねてみんなで行きたいぐらい好き。ひな忠ラブ。

|

« スローペースで前進します。 | トップページ | 八重垣神社で絵馬に念を込めまくり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スローペースで前進します。 | トップページ | 八重垣神社で絵馬に念を込めまくり。 »