【手相カウンセリング】最新の空き枠情報はこちらです。

C56aa1c875ce40dfa1e53ffe1cee958e

いつも手相カウンセリングのご予約を、まことにありがとうございます。

2021年10月現在、通常営業しております。

1枠目が14時30分スタート、2枠目15時50分~、3枠目17時10分~、4枠目18時30分~、最終枠19時50分〜。対面でもリモートでも大歓迎です!

当月から翌月末までのご予約を受付中です。空き枠があれば、当日でもご案内できます。

当日・翌日のご予約もメールかメッセンジャーでお受けしております。24時間受付中。返信は毎日午後1時以降になります。

「ブログ情報で次の枠が空いてるようですが、30分後からカウンセリングできますか?」という状況でも、わたしが家にいればお受けできる可能性が高いです。いなかったらごめんなさい。

2020年8月に、自由が丘からJR大森(自由が丘から約20分の距離)に引っ越しました。カウンセリングルームは駅からタクシーで5分、バスなら10分です。自転車置き場もあります。大森赤十字病院の近くです。

窓から富士山も見える見晴らしの良いお部屋なんですよ🌤 よかったらベランダに出てご覧ください😊

カウンセリングは自分用であれば録音OKです。

ちなみにワクチン2回接種済みです。

 

【対面カウンセリング】

メール(wajo@yahoo.co.jp)またはfacebookメッセンジャーでお申し込みを受付中です。

①ご氏名(フルネーム)

②お電話番号(どうぞお忘れなく!)

③初回の方かリピーターさんか

④「対面カウンセリング希望」とお書きください。

⑤ご希望の日時をブログの空き枠情報の中から第2希望まで選んでお送りくださいませ。

電話番号は、お忘れ物の際や、滅多にありませんが緊急連絡の際などに必要です。営業電話は一切かけませんのでご安心ください。

お手数ですが、マスクを着けてお越しください。わたしもしています。

入れ替え時間に大きな窓全開で十分な換気をし、玄関では手指の消毒をしていただき、カウンセリング時は1m離れてお座りいただき、ドリンクはミニサイズのペットボトルでお出ししています。  

10月以降、2〜3名様でいらしても大丈夫です。

 

【オンラインカウンセリング】

ZOOM、スカイプ、 お電話、FaceTime、facebookメッセンジャーやLINEの通話機能、いずれも対応しております。

ワジョルームの通信接続状況は大体いつも良好です。明瞭に聞こえます。ビデオでお顔あり、なし、どちらでも大丈夫です。

対面と同じようにメール(wajo@yahoo.co.jp)またはfacebookメッセンジャーでお申し込みください。

①ご氏名(フルネーム)

②お電話番号(どうぞお忘れなく!)

③初回の方かリピーターさんか

④スカイプや電話などご利用になる通信手段

⑤ご希望の日時をブログの空き枠情報の中から第2希望まで選んでお送りくださいませ。

電話番号は、時間になってもつながらなかった場合などに必要です。どうぞお書き添えください。

 

【オンラインカウンセリングの流れ】

ご予約のお時間までに、最新の手相の写真(左右とも)と、顔写真をメールでお送りください。スマホのカメラで撮ったもので大丈夫です。

パートナーやご家族など、他の方のことでご相談のある場合は、そちらの顔写真もお送りいただけると助かります。目を含めて顔がはっきりと写っているものが良いです。こちらの写真は、なくても大丈夫です。

ご予約の時間ちょうどになりましたら、お客様からコールしてください。もし時間に遅れますと、カウンセリングのお時間がその分だけ短くなります。

 

【料金】

対面カウンセリングは、当日その場でキャッシュでお支払いください。1枠45分間で14000円です。延長は15分で5000円。2枠分連続でご予約の方は、28000円です。

オンラインカウンセリングの料金は先払いです。ご予約のお時間までに銀行振り込みでお願いいたします。口座番号はご予約時にお伝えします。対面と同じく45分間のカウンセリングで14000円です。延長は15分で5000円、延長した分だけ3日以内にお振込みください。

 

<直近の空き枠のご案内> 2021/10/12現在


10月13日水曜日

14時30分~、15時50分~、17時10分~、18時30分~


10月15日金曜日

15時50分~、18時30分~、19時50分~


10月16日土曜日

14時30分~、17時10分~、18時30分~、19時50分~


10月17日日曜日

14時30分~、15時50分~、17時10分~、18時30分~、19時50分~


10月19日火曜日

14時30分~、15時50分~、17時10分~、18時30分~、19時50分~


10月22日金曜日

14時30分~、15時50分~、17時10分~、18時30分~、19時50分~


10月23日土曜日

14時30分~、15時50分~、17時10分~、18時30分~、19時50分~


10月24日日曜日

14時30分~、15時50分~、17時10分~、18時30分~、19時50分~


 

お待ちしております🙋‍♀️✨

手相カウンセラー ワジョリーナのホームページはこちらです。

http://www.wajorina.com/

のべ1万人以上をカウンセリング🛋

雑誌テレビ等メディア登場多数📚

完全個室で安心してお話していただけます💁‍♀️

 

#手相 #カウンセリング #カウンセラー #手相カウンセリング #ワジョ #和女 #ワジョルーム #大田区 #大森

|

2021.10.10

ワジョリンの料理の歴史🇯🇵

Cc557cb4be464f128d3a12f1de410b70

わたしの料理歴について、ときどきお客様に聞かれることがあります。


今日はすごい長文でそれについてお答えしておこうと思います。


まず、わたしの家では子供が料理するのが禁止でした。理由は怪我したり火が出たりすることを恐れてですね。


わたしが小学校2年のときに、我が家はボヤを出しました。以後とても警戒が強まり。天ぷら油が原因だったので、滅多に揚げ物を家で作らなくなりました。


そして家族のキャラ的に、子供が料理を作って失敗したものをニコニコして食べてくれるほどお人好しではなかったというのもあります😆 


今でもそうなんですが、料理に対する批評がめちゃくちゃ厳しい。


普通に美味しくても、もっとこうすればいいという話に必ずなります。美味しくなかったら徹底分析されます。危険な家族。


そして母はとても料理を面倒くさがる性格でした。この世代でいて、自由が丘の魚菜学園の卒業生なんで、当時としては珍しいほどの教養があったはずなんですよ。


やればできるんです。が、滅多にやる気を出さない。前述のようにクリティカルな家庭環境が彼女をそうさせたのかもしれません。


結果、同じメニューの反復と、買ってきたお惣菜(お肉屋さんのコロッケなど)が定番でした。


お惣菜を買ってきた日も副菜や味噌汁は作っていたので、毎日料理はしていました。しかも7人家族で一日三食です。


メンバーは祖父母、父母、我々三人兄弟。そりゃ大変だったに違いないです。


我が家は江戸っ子の家系で、濃いめで甘辛い料理が中心。それがわたしにはつらかった。


洋食が好きなので、日曜日に蒲田の駅ビルでミートソースを食べさせてもらうのが大きな楽しみでした。


料理については全く母に教わることもなく、調理実習は地獄の時間。家庭科の先生に、「あなたそんなに料理もお裁縫も何もできなくて将来どうするの?」と真顔で聞かれたのが中学時代の思い出🤣  


時は流れ大学生になり、ようやく料理をしてもいいことになりました。


母が持っていた「365日のおかず」という書籍を何度も何度も熟読し、その中から作れそうなものを作ることに。


当時の料理本は現代ほどの親切さはなく、ひとつの料理のレシピがほんの200文字程度にまとめられ、写真は仕上がりの1枚のみ。分量も不明確でした。初心者が推測で作るから、失敗します。


家族に怒られながら、試行錯誤の日々。短期間に同じ料理を何度も作ることで、コツが掴めることを発見しました。


それで大学卒業の頃には、ある程度の基本的な家庭料理は作れるようになったのです。


自分でもしみじみ美味しいなと思える料理が作れるようになったきっかけは、山本麗子さんの「101の幸福なレシピ」という本です。当時20代前半。


麻婆豆腐やサラダ、唐揚げ、キャベツ煮込みなど、この本のレシピ通りに作ると自分でも驚くくらいに美味しくできました。


ようやく自信がついて、和洋中さまざまな料理を自分なりに研究してベストなレシピを目指すように。


小林カツ代さんの本をはじめ、家庭料理のレシピ本を少しずつ買って参考にしました。雑誌「栄養と料理」もすごく勉強になりましたね。


同時にわたしは人生2度目の大きなダイエットを行い、栄養価やカロリーについても食いつくように勉強。その頃は料理をひとめ見ただけで何キロカロリーかわかるようになったんですよー。


ダイエットにも成功。しかし、何年かかけてリバウンド😭


当時は5人家族の夕食をほぼ毎日わたしが作っていました。祖父母が亡くなったので5人です。


料理作りたくない派の母は喜んでやらせてくれましたが、わたしが楽しそうに料理を作ること自体がイヤみたいでした。あまり長時間かけて凝った料理を作るなと言われた。


ほかの家族も江戸っ子気質で気が短かいので、「チンタラやってるんじゃねえ!」という気持ちがあったらしく、夕飯の調理はなるべく1時間以内と決められました。


のちにエスカレートして20分以内になったんですけど、その頃にはかなり上達していたので、20分で3〜4品以上作れるようになっていました。今はそんなに早く作れません🤣


家族向けの料理とは別に、自分の趣味としてインド料理を習い始めました。


なぜならわたしはインド料理がすごく好きで、お店でずっと食べていたら破産すると思ったからです。自分で作れるようにならないとまずいことになると思った。


そんな悩みを友人の村上敦子さんに話したら、「香取さんに習えばいいよ。初心者でも作れるようになるよ」と教えてくれたんです。


それが香取薫先生との出会いです。後で知ったのですが、インド料理・スパイス料理の世界でガチで日本一の先生でした。


武蔵境の教室(ペイズリー)に通い、お店で食べる以上に美味しいインド料理を家庭で作る方法を完璧に教えていただいたのです。


インド料理に限らず、この色のタイミングで、この香りがしたら、この音が聞こえてきたら、見た目でテクスチャーを捉えて、といった、体感的な料理の捉え方ができるようになったのも、すべて香取先生のおかげです。


この頃に前後して、料理雑誌にレシピが掲載されたり、フードライター的な仕事をしたりすることも増えてきました。


大手メーカーの飲料、お菓子などの商品開発も経験。30歳前後だったでしょうか。


これらはコピーライターとしての仕事の一環だったので、個人として名を出すことはほとんどなかったです。まあコピーライターってそういうもんですね。


月日は経ち、手相カウンセラーになり、当初はあまりにも貧しく、時間もなく、料理どころではなくなりました。ほぼ毎日オリジン弁当です。


ボロボロになりながらも、どうしても手相カウンセラーとして名を立てたかった。


スタートして1年で、雑誌に載ったり、予約が1年待ちになったり、テレビから出演依頼が来たりするようになり、時間とお金のバランスも取れるようになってきました。自由が丘に自分のカウンセリングルームも持てた。

 

ただあまりにも忙しかったので、今度は外食による癒しに頼るようになったんですよね。


仕事が終わって、夜の8時9時から料理をする気力がどうしても残せなかった。正直、足がもつれて歩けないぐらい毎日疲れていたのです。


それから数年間の外食経験は、のちのわたしの料理に反映されるに至りました。


イタリア料理、フランス料理、スパイス料理、中華料理、和食、肉料理など、それぞれ「これは究極的に美味しい」という感動的な経験を外食で得て、期せずして味の基準ができた。


そしてコロナ時代に突入。外食ができなくなり、もうこれからはウーバーイーツしか食べられなくなるのかなと思ったところへ、ラボンヌターブル中村和成シェフによるインスタライブお料理教室「ハプニングキッチン」が始まったのです。


マジでこれは運命的な出会いでしたね。


中村シェフは、緊急事態宣言中ほぼ毎日休みなくハプキチをやってくれました。すべてのレストランが閉まり、自分の仕事もほとんど開店休業状態の中で、ハプキチで習った料理を作ることだけが生きる希望という日々。


一日の中で、自分に「やることがある」ということが、どんなに人の心を救うことか。


なおかつ中村シェフは本当に性格が良くて面白い人。だからこそファンの人たちもみんな素敵だし、優しいのです。リモートの料理教室なのに、チャット欄で交流して友だちがたくさんできました。


そんな料理仲間にも恵まれ、ハプニングキッチンは今も続いています。←今ココ。


コロナ時代、もうひとつの始まりがありました。クラブハウスです。


流行りだったから始めただけなんですが、思いもよらぬご縁がありました。料理家の皆さんとの出会いです。


それも、多数のご著書があったり、レギュラーでNHKをはじめ様々な料理番組に出演なさっているような方たち。


ウエキトシヒロさん、こんすけさん、ヤミーさん、塩田ノアさん、有賀薫さん、きじまりゅうたさんなどといった一流の方たちと知り合えました。


昨夜もクラブハウスで料理のことを話していたのですが、一般人のわたしにも分け隔てなく話をしてくださり、皆さん本当に面白くて優しい。


わたしは人の縁に恵まれているなあとしみじみ思います。


外食にしても、心から大好きと思えるレストランがいくつかあって、そこへ通う喜びがあり、その店のシェフとスタッフの皆さんが待ってくれていることを確信できる。


料理を作るにしても、教えてくれる人、一緒に楽しんでくれる人、情報交換してくれる人、わたしのレシピで料理を作ってくれる人までもが実際にいる。


料理はもうわたしにとって、趣味というより生きる証みたいになってきてますよ。


これからも美味しいものをたくさん食べて、作って、レポートする人でいたいなと思います😊


これからもよろしくお願いしま〜す。長文におつきあいくださり、ありがとうございました❤️


#料理

#おうちごはん

#和女食堂

#歴史

|

«【手相カウンセリング】最新の空き枠情報はこちらです。